【大井記念2020予想】本命タービランス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は20日の大井メイン、大井記念の予想を。サウンドトゥルー、ブラックバゴ、クインズサターン、オールブラッシュなどが出走するダート2000mのS1レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

先週行われた川崎マイラーズは波乱もあると思い攻めていきましたが、本命馬だダメでハズレ。読みは間違っていませんでしたが、ちょっと当てるのは難しい組み合わせとなってしまいました。

ただ、地方はゴールデンウィークの4戦3勝を含めてまだまだ勢いは衰えていないと思いますので、今週もド本線でドカンと一発出せたらと思っています。

オークスの穴馬3頭

オークス(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

オークス(G1)の予想を無料で見る

大井記念

本命はタービランス

前走のブリリアントカップで久々に馬券圏内を外してしまったが、勝負所で少し置かれる形になりながらも直線ではしっかりと脚は使えており、更に上位に入線したストライクイーグル、ノンコノユメなどの能力の高さを考えると悲観するような内容でもないだろう。

報知グランプリカップではしぶとく脚を伸ばしてサルサディオーネ相手に2着、報知オールスターカップでも直線早め先頭の競馬に持ち込み、一度完全に交わされたところをしぶとく差し返す競馬をして2着に入線するなど、近走のレース内容を見る限り今回の相手であれば力が一枚抜けている印象を受けるので、得意の2000m戦ならスパッと勝ち切ってくるのでは。

早めに抜け出してしまうと気を抜く面があるので、2走前に差す競馬で結果を残した鞍上が再び手綱を取れる点も心強い。

対抗はマルカンセンサー

前走はゲートが決まらず後方からレース運びをした事に加え、終始外々を回るロスの多い競馬になった事が大きな敗因なので、着順や着差はあまり気にする必要はないだろう。ゲートを決めて道中上手く折り合えば最後は確実に脚を使ってくる馬で、決め手が活きる展開になれば今回の相手でも能力は十分通用するだけに、前走の結果が嫌われて人気が落ちるようなら非常に面白さがある一頭と言えるのでは。

▲にストライクイーグル

ブリリアントカップはかなり上手く乗られての結果ではあるが、力でノンコノユメをねじ伏せた内容はフロックとは思えないので、半信半疑ではあるが一応今回の相手であればそれなりに評価しておく必要はあると判断。おそらく距離が延びるのもプラスになると思うので、前走と同じような競馬が出来れば当然ここも勝ち負けだろう。

☆にクインズサターン

川崎マイラーズは完全に距離不足。よって距離延長となる今回は巻き返し濃厚な一戦と言えるか。JBCクラシックで4着に入線する力がある馬なので、この舞台設定ならまず恥ずかしい競馬にはならないだろう。

◎タービランス
〇マルカンセンサー
▲ストライクイーグル
☆クインズサターン
△オールブラッシュ
△サウンドトゥルー

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第81回 オークス(G1)>

桜花賞馬デアリングタクトは
無敗で2冠達成なるか!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、桜花賞組から11頭が連対、内7頭が優勝。忘れな草賞組からは昨年のラヴズオンリーユーら3頭の優勝馬が出ている。桜花賞組に続き出走頭数の多いフローラS組からは、10年の同着優勝となったサンテミリオンがいる。スイートピーS組みは18頭が出走し連対したのは昨年2着のカレンブーケドール1頭のみ。500万条件組も14頭が出走し馬券圏の好走はなし。近年では桜花賞・フローラS・忘れな草賞の3レースが主体となっている。

過去10年、桜花賞馬がオークスを制したのはアーモンドアイ、ジェンティルドンナ、アパパネの3頭。その3頭は秋華賞も制し3冠馬になっている。また、桜花賞で掲示板外からオークスで馬券圏に巻き返したのは17年アドマイヤミヤビ(桜花賞12着→オークス3着)、15年ルージュバック(桜花賞9着→オークス2着)、13年メイショウマンボ(桜花賞10着→オークス1着)の3頭。

過去10年の人気別の成績では、1人気[5.2.1.2]、2人気[1.2.4.3]、3人気[2.0.1.7]と上位人気馬が安定した成績を残しているが、13年メイショウマンボ(9人気1着)、11年エリンコート(7人気1着)などの伏兵が優勝し波乱となっている。平均配当では、馬連8990円、3連複1万1880円、3連単10万16200円。3連単では10万馬券以上が3度、最高配当では11年の54万馬券が出ている。

今年は3戦3勝で桜花賞を制したデアリングタクトが無敗でオークスに出走。無敗でオークスを制したのは1943年クリフジ、’46年ミツマサ、’57年ミスオンワード、2006年カワカミプリンセス、2019ラヴズオンリーユーの4頭。無敗の桜花賞馬でオークスに出走し連対したのは1990年アグネスフローラ2着、1991年シスタートウショウ2着の2頭のみ。今年の桜花賞を制した無敗馬デアリングタクトは無敗で2冠達成なるか!?

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『オークス3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク