【大沼ステークス2019予想】本命フュージョンロック

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の函館メイン、大沼ステークスの予想を。アキトクレッセント、カゼノコ、クロスケ、バイラ、ハイランドピーク、モズアトラクションなどが出走するダート1700mのリステッド競争。

毎年なかなか面白いレースになる事が多く、馬券の相性もそれなりに良いというイメージがありますが、今年はイマイチぱっとしないメンバー構成。予定通り土曜は軽く購入する程度でいこうと思います。

日曜は天気や馬場次第という感じになりそうですが、今のところ土曜よりは強めに攻めていこうと思っています。

大沼ステークス

本命はフュージョンロック

前走の天保山ステークスは直線で2番手から抜け出してそのまま粘り込むかと思ったが、その後は案外伸びず、結局後ろからきた馬にも差されてしまって4着まで。雨で悪化した馬場が響いた感じもするが、これまでの競馬をみる限り直線の坂が影響した可能性が高いので、平坦コース替わりでの競馬となる今回は前走のような事にはならないだろう。

更にこの時先着を許してしまった3頭は既にオープンクラス以上のレースで結果を残しているので、レースレベルがそれなりに高かった一戦を昇級初戦一発目であれだけ見せ場をつくれば内容としては十分すぎる。

今回は距離は延びるが、1700m戦はこれまで一度も崩れた事のない得意の条件なので、このコースであれば前走以上の結果に期待が持てるだろう。ここは先行馬が揃っているが、外から逃げる馬を見ながらレース運びをして前走のように直線で抜け出す競馬になれば押し切れる可能性は高いのでは。

対抗は人気ブログランキングへ

近走は見せ場のない競馬が続いているが、位置取りや休み明けなど言い訳の出来る敗戦なので着順などはあまり気にする必要はない。今回は相性の良いコース、そしてこの距離で競馬が出来るのは相当なプラス材料なので、ここで変わらなければどこで変わるというぐらい走る条件は揃ったと言える。

後はメンバー的に展開がひとつのカギとなりそうだが、この枠なら小細工なしに自分の形に持ち込む事になりそうなので、そうなるとコース形状的に無視する事は出来ない存在では。人気落ちのここが狙い目とみる。

▲にロードゴラッソ

マーチステークスは揉まれる厳しい競馬になりながらも最後はしっかりと差をつめてきたように、相手ダウンのここなら力は抜けている。これまでコースを問わず結果を残しているので、初の函館も問題なく走ってくるだろう。前が想像以上に流れる展開になればぶっこ抜ぬきがありそうなので、人気でも逆らう事はしない。

☆にリアンヴェリテ

栗東ステークスで走られてしまったので人気になるここは狙い難くなってしまったが、距離延長、コース替わりとどちらもプラスに転ぶ可能性が高いのでこれ以上評価を下げる事は出来ない。前走タイム差なしの競馬をしたノボバカラが次走の交流重賞も好走しているので、この馬も相当力をつけているのは間違いないだろう。

◎フュージョンロック
人気ブログランキングへ
▲ロードゴラッソ
☆リアンヴェリテ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第60回 宝塚記念>

キセキ・レイデオロ陣営が
恐れる穴馬とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

梅雨時の開催、道悪適性がカギに

開催時期が6月下旬(今年は6月23日)の梅雨シーズン真っ只中ということもあり、天候に恵まれない年も多い。馬場整備の技術が進んでいるため極端な馬場悪化とまではいかなくとも、直近3年は全て稍重での開催となっている。今春、東京競馬場で行われた芝GIではレコード決着が続いたが、阪神競馬場は直線に坂が待ち受けるなど全体にタフなコース設定がされており、内回りということで流れも速くなりやすい。故に、高速馬場で結果を残してきた素軽いタイプが苦戦することもままあるのが宝塚記念の特徴だ。

過去10年で5勝、ステイゴールドを狙うなら頭で

宝塚記念を語る上で外せないのが、ステイゴールド産駒の強さだろう。過去14頭が出走して【5-0-0-9/14】と5勝を挙げており、これは86年までのデータを遡っても最多記録。むしろステイゴールド以外に当レースを3勝以上した種牡馬は居らず、宝塚記念への適性という点では他の追随を許していない。ただ、馬券になったのは全て「勝ち馬」で、来るならアタマというタイプ。今年の出走予定馬で言えば、天皇賞(春)4着からの参戦となるエタリオウ、2月の小倉大賞典を制したスティッフェリオらがステイゴールド産駒であり、要注目。

今年は豪華メンバーが勢揃い!

押し出されるような格好で近走不振のサトノダイヤモンドが1番人気に推された昨年と比較して、今年の出走予定馬はハイレベルなメンバーが揃った。人気筆頭は昨年の天皇賞(秋)を歴代2位の好タイムで勝利したレイデオロ。前走のドバイシーマクラシックでは思いがけない先行策で6着に失速したが、依然として国内の中距離路線ではトップクラスの実力馬。鞍上にもルメール騎手を手配しており、牧場サイドの熱量が感じられる采配だ。

安定感という意味ではNo.1評価を与えられるキセキも大阪杯2着から予定通りの参戦を予定している。3歳秋の菊花賞でGI制覇を飾って以来勝利から遠ざかっているが、先行脚質を身に付けた昨秋以降、GIレースだけを使われて掲示板を外さない堅実な走りを披露している。父ルーラーシップは当レースでオルフェーヴルの2着に敗れているだけに、血統的にも雪辱を晴らしたいところ。

ほか、昨年の大阪杯勝ち馬でドバイシーマクラシックではレイデオロに先着する3着と健闘したスワーヴリチャードや、今年の大阪杯を制した同じく5歳世代のアルアイン、鞍上にレーン騎手を手配して牡馬相手に好戦を繰り広げているリスグラシューなど、4~5歳世代を中心に有力馬の層が非常に厚い。前述で挙げた4つの項目を始め、宝塚記念では狙うべきポイントが複数存在する。

昨年の宝塚記念でもレース史上初の参戦となった海外所属馬ワーザー(10番人気)に自信の◎。馬連だけで92万0000円獲得を達成した。今年も昨年同様に高配当の使者と成り得る激走穴馬の存在が!競馬セブンの最終ジャッジを確認してから馬券購入してもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク