【大阪杯2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、大阪杯に出走を予定しているエアウィンザー、キセキ、サングレーザー、スティッフェリオ、ステルヴィオ、ブラストワンピース、ペルシアンナイトの最終追い切りに関する記事を。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着

ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着

ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着

マイネルフラップ 4人気5着
ルックトゥワイス 2人気6着
ダノンスマッシュ 1人気4着

今年に入って約3ヵ月毎週好走馬を出していた追い切り注目馬も先週でストップ。どの馬もしっかりと動いていただけに2レースは好走すると思いましたが…。まぁ終わった事をあまりごちゃごちゃ言っても仕方がないので、次は3ヵ月以上好走馬を指名出来るように頑張ります。

ダービー卿チャレンジトロフィーの予想とドバイターフのフル予想、ワールドカップ、シーマクラシック、ゴールデンシャヒーンの予想はnoteで公開しています。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

3点勝負買い目を無料公開

大阪杯最終追い切り

エアウィンザー

頸の可動域は決して広いとは言えないが、リズム良く軽快に動けており、前脚も良く上がっている。あまり負荷はかけられていないものの、楽な手応えで調教パートナーの前へ出れていた。ただ、案外相手がしぶとく、最後は馬なりで並ばれてしまう場面があり、普通に追われていればぶっちぎられていた可能性もあったのでは。先週しっかりと動けていたので今週の追い切りで評価は下がらないが、力強さなどは少し物足りなさを感じてしまったので、良い意味で平凡としておく。

キセキ

先週の段階でかなり動いていたが、今週も最後までびっしりと追われる意欲的な追い切りを消化してきた。やや内に刺さるような場面がみられるも、先週に比べるとフォームは多少改善されており、身体を大きく使ってリズム良く動けていた。とにかく可動域が広く、前脚の上がり方、飛節の伸びと脚もとの動きは素晴らしいの一言。長く脚を使っても全くバテておらず、久々の割には息遣いも良好。出来は良さそう。

サングレーザー

頭が高くフォームが沈まない。気持ち胸も広く感じるが、脚はしっかりと前へ出せており、スピードは先週のように外へ逃げるような場面もみられなかった。ただ、2週続けて全く負荷をかけられていない点がどうしても気になるポイントで、その影響もあって馬体の緩さが改善されていない。去年の動きと比較すると少し物足りない追い切りとなってしまった。

スティッフェリオ

今週もダンビュライトが調教パートナー。評価は先週とほぼ変わらずで、相変わらず脚が外へ流れており、追っても追っても馬なりの相手に追いつく事が出来ず。最後は相当負荷をかけられているが、脚は完全にあがっており、スピードに乗り切れなかった点も割り引きが必要となるだろう。

ステルヴィオ

3頭併せの真ん中という事もあり、あまり馬体や動きが確認出来ないが、いつも以上にフォームは沈んでいる印象を受けた。脚の回転もスムーズで、いつものように素軽い動きが目についていた。しかし、先週感じられた前脚の硬さは残っているので、ここに関しては多少割り引きが必要となるか。調教パートナーを突き放すような動きではなかったが、先週ビシッと追われていただけに今週はこれぐらいで十分とみる。完璧な追い切りとは言えないが、特に大きな減点材料は見当たらなかった。

ブラストワンピース

今週も先週同様に頸の可動域が狭く、フォームが沈まない。馬体全体に残った硬さもあまり改善されておらず、馬体、特にトモのラインがかなり緩く感じてしまう。びっしりと追われている点は評価出来るが、今週も最後まで調教パートナーを突き放す事は出来ず、ここが去年の動きとの比較で大きく違う点と言えるだろう。少なからず久々の影響はある。

ペルシアンナイト

先週の追い切りが追い切りだったので今週の追い切りに注目していたが、しっかりと併せ馬で負荷をかけてきた。フォームも程よく沈んでおり、前脚の上がり方、脚の回転、身体の使い方とどこを取っても悪い点が見当たらず。軽く追われただけで強く追われた調教パートナーをあっという間に交わしており、内面もいい具合に活性化しているだけに走れる態勢は整ったと思って良さそう。肩の筋肉の張りも抜群。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

出来に関しては申し分なし。これは走ってくる可能性は高いと思うが。

ダービー卿チャレンジトロフィーの予想とドバイターフのフル予想、ワールドカップ、シーマクラシック、ゴールデンシャヒーンの予想はnoteで公開しています。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第63回 大阪杯>

GI馬7頭参戦の豪華メンバーも
買えるのはアノ3頭

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

GIに昇格してからの過去2年は、キタサンブラック、スワーヴリチャードが人気に応えて優勝し2年連続で1人気が勝っている。今年は好メンバーが揃い大混戦模様。有馬記念で悲願のGI制覇を成し遂げたブラストワンピースや昨年のダービー馬ワグネリアン、一昨年の菊花賞馬キセキやステルヴィオ、アルアイン、マカヒキ、エポカドーロなど7頭のGI馬に、サングレーザー、ペルシアンナイト、クリンチャーなどGIで好走している有力馬がスタンバイ。好メンバーが揃う大阪杯は注目!

昨年秋の古馬GI戦、王道路線の天皇賞(秋)・ジャパンC・有馬記念を全て的中させている競馬セブンでは既に大阪杯の全出走馬の関係者情報を入手済。紙面上には載らないアノ有力馬の消し情報や、人気の盲点となり出走する激走穴馬の勝負情報も極秘入手!今年のGI競走も競馬セブンにお任せください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『大阪杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク