【大阪杯2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、大阪杯に出走を予定しているエアウィンザー、ブラストワンピースの一週前追い切りに関する記事といつものように先週の予想結果を軽く。その他有力馬、穴馬の一週前追い切りは後日追加で更新します。

毎日杯予想結果

3着◎ヴァンドギャルド

日経賞予想結果

1着☆メイショウテッコン
2着〇エタリオウ
3着◎サクラアンプルール

3連複 1,390円 3連単 6,940円

ド本線ではなかったものの、ほぼ考えていた通りの結果。配当が配当なだけにがっつり回収という訳にはいきませんでしたが、とりあえず久々に印も買い方も噛み合った感じ。

六甲ステークス予想結果

1着△ソーグリッタリング
2着△プロディガルサン
3着…サトノフェイバー

16着◎アドマイヤアルバ

マーチステークス予想結果

9着◎センチュリオン

高松宮記念予想結果

1着△ミスターメロディ
2着…セイウンコウセイ
3着…ショウナンアンセム

4着◎ダノンスマッシュ

ここは本当に難しかった。普通に自信があったレースですが、終わってみるとかすりもせずという結果に。土曜のプラスも全てここに入れてしまったので、結局全ての勝ちを溶かす事となってしまいました。

今週末は得意の海外重賞、それもドバイがありますので、去年のように全レース的中出来るように頑張ります。

3点勝負買い目を無料公開

大阪杯一週前追い切り

エアウィンザー

フォームが非常に美しく、重心のブレなどが一切ない無駄のない走り。脚もしっかりと上がっており、地面を捉える力も強い。調教パートナーが仕掛けると同時にこちらも反応し、最後までびっしりと馬体を併せて負荷をかけてきた。手応えにも余裕があり、息遣いを見ても相当余力を残していた。ぱっと見では緩い追い切りに見えるが、案外中身のある追い切りだったと言える。今週はさらっと流す程度で仕上がってくるだろう。胸元の張りも上々。

ブラストワンピース

相変わらず頸の可動域が狭く、フォームが沈まない。それでも活気のある動きが目についており、調教パートナーに馬体を併せながら豪快に力強く駆け抜けた。ただ、脚の回転も速く、しっかりと身体も使えているが、やはりというか馬体全体に硬さが残っているのは久々の影響だろう。それ以上にひばらのラインとトモが緩く、かなり余裕を感じる馬体となっているのが気になってしまう。いつもならラストは弾ける馬ではあるが、調教パートナーを突き放せなかったのも減点材料と言えるのでは。最終追い切りでどこまで素軽さが戻るかがカギとなるだろう。

予想オッズ

1 ブラストワンピース 3.2
2 キセキ 4.7
3 エアウィンザー 5.2
4 ワグネリアン 6.1
5 ペルシアンナイト 7.6

最後に大阪杯の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第63回 大阪杯(G1)

ブラストワンピースの首を狙う!
重賞特捜部とっておきの
【激走穴馬情報】を無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年は同週にドバイミーティングが行われ、4月末には天皇賞(春)、5月には香港のクイーンエリザベス2世Cと、春の古馬王道路線には国内外で選択肢が多岐に渡り、トップホースが一堂に会するとまでは行かないものの、昨年の有馬記念を制したブラストワンピース、ダービー馬・ワグネリアン、皐月賞馬・エポカドーロ、マイルCSを制したステルヴィオなど、いわゆる“強い4歳世代”の牡馬たちが揃って参戦。また、アルアイン、キセキ、ペルシアンナイトといった5歳勢も健在で、GI馬9頭が出走予定と、今年も頂上決戦にふさわしいメンバーが揃うことになった。

豪華メンバーが揃う1戦とあれば、当然、競馬新聞やスポーツ紙を始めとしたマスコミの取材も加熱していく。ただ、ある事情によって、GI競走では陣営が一般マスコミに提供するコメントは“建前”ばかりになり“本音”の部分はまず聞けない。

なぜ、陣営が“建前”ばかりのコメントを出すかと言えば、大衆の目に触れる新聞やネット上で真実を語ったところで何のメリットも無いから。強気のコメントを出してわざわざ他からのマークをキツくする必要も無ければ「全然仕上がってない」なんて実情を正直に話して、新聞を通じてオーナーサイドに見られたら「アイツは無能だ」とのレッテルを貼られかねない。マスコミに本音を語ったところで、陣営にとっては1円の得にもならないわけだ。

また、近年はノーザンファーム天栄やしがらきなど、社台グループを中心に『外厩仕上げ』が主流となってきている。帰厩して日が浅い馬の本当の状態や勝負度合いを把握しているのは、厩舎ではなく、外厩先ということも少なくない。しかし、一般マスコミの情報源はトレセン内のみ。これでは確かな情報を手にすることはできない。

だが、弊社シンクタンクはそうした時流の変化を敏感に察知し、外厩先や馬主関係者といった情報源にも太いパイプを有している。名前を公表できるだけでも、ハイセイコーでお馴染みの増沢末夫・元JRA調教師、マルゼンスキーの中野渡清一・元JRA調教師、安田富男・元JRA騎手、境征勝・元JRA調教師、平井雄二・元JRA調教師など、現役関係者の大先輩にあたる人物が数多く情報ルートとして在籍。騎手、厩舎、エージェント、馬主、生産者、外厩などの牧場関係者まで、あらゆる競馬関係者から情報を入手できるような情報収集態勢を構築し、マスコミからは入手できない関係者の『本音』を知ることが出来るのだ。

今週の大阪杯についても、全国各地の情報ルートから様々な情報が入ってきており「◎○スバリ1点目で2万5340円的中の有馬記念と同等、それ以上かも」との声も。そこで、今週は大阪杯の【激走穴馬情報】を、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、特別無料公開することが決定。この【激走穴馬情報】は、高確率で馬券になるだけではなく「馬券になれば好配当間違いなし」と現役関係者もお墨付き。大阪杯の馬券を購入する方は、絶対に見逃さないようにご注目頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第63回 大阪杯(G1)

ブラストワンピースの首を狙う!
重賞特捜部とっておきの
【激走穴馬情報】を無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク