【大阪杯2020予想】本命ラッキーライラック

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、大阪杯の予想を。ブラストワンピース、ダノンキングリー、ワグネリアン、クロノジェネシス、ラッキーライラック、マカヒキなどが出走する芝2000mのG1レース。

土曜はある程度の火傷は覚悟していましたが、それにしてもメインは大外れも大外れの結果となりました。

単勝をガッツリと買いたいと思っていたアザレア賞の◎フライライクバードも結局終わってみれば2倍もつかない断トツ人気になってしまったので、今週はある意味予想通りの負けスタートに。

ただ、今週の勝負は日曜なので、大阪杯の一本に全てを賭けます。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第64回 大阪杯(GI)>

人気の盲点となる激走穴馬の勝負情報を極秘入手!

今年の大阪杯はアノ超人気薄馬が波乱の立役者となる!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

大阪杯

本命はラッキーライラック

前走の中山記念では勝ち馬のダノンキングリーには完敗だったものの、上位に入線した馬が揃って内を上手く立ち回った事に対し、こちらは終始外を回るロスの多い競馬。仮にもう少し内枠を引き当てていれば確実に着差は縮まっていたので、2着まで追い上げた事を評価すべきレースといえる。

2走前の香港ヴァーズでもグローリーヴェイズやエグザルタントが直線で上手く内を突く中を馬場のド真ん中から突き抜けて2着を確保しており、最後の最後にインベタしたエグザルタントを差し切ったのがこの馬の今の充実度と能力の高さを示している。

中山記念での2年連続の好走と鮮やかに差し切ったエリザベス女王杯の内容からすると、父同様に本質は非根幹距離向きの馬なのかもしれないが、今の勢いを考えれば今回のコースでも問題なく走ってくると思うので、ここは牡馬撃破を期待しての本命とした。

対抗はマカヒキ

年齢やコースを考えると積極的に狙うような馬ではないかもしれないが、前走のジャパンカップの内容がなかなか優秀で、内からレース運びをした馬が上位を占める中、外枠から直線外を通って追い込んでくる強い競馬で掲示板を確保。

重くなった馬場が見方した感はあったにしろ、あの位置取りから勝ち馬であるスワーヴリチャードと0.6秒差の競馬に持ち込んだ点は素直に評価しなければならないので、強豪馬に揉まれた経験が活きればここも警戒が必要な一頭と言えるだろう。

脚質的にもあまりアテに出来るようなタイプではないが、展開が向けば2,3着ぐらいは拾えるだけの力は残っているとみた。

▲にダノンキングリー

2走前のマイルチャンピオンシップでは崩れてしまったが、本来の持ち場である中距離路線であれば大崩れする事なく走ってくる馬なので、条件合う今回のレースであればまず恥ずかしい競馬にはないらないとみる。

ハンデ差があったにしろ、相手が揃っていた毎日王冠の内容がかなり強烈だったので、あの競馬をみる感じではG1のタイトルに手が届くのは時間の問題だとは思うが、皐月賞とダービーのレース内容を見比べてみると何となく右回りのG1だと取りこぼしが多くなりそうな印象を受けるので、今回も能力は上位でも絶対に頭というタイプではないかもしれない。

☆にワグネリアン

近走は落鉄や枠順などなかなか上手く噛み合わない競馬が続いていたが、前走のジャパンカップでは正攻法の競馬でしっかりと3着を確保と久々にこの馬らしい結果を残す事が出来た。

距離はもう少しあった方がいい気もするが、去年の大阪杯のレース内容も決して悪いものではかなったので、今年も上手く流れに乗ってレース運びが出来れば上位争いに加わってくるのでは。

ただ、追い切りの内容がいかにも休み明けという感じだったので、今回はその分だけ評価を落として印を打つ事にした。

△穴人気ブログランキングへ

本命まで印を上げる事も考えたが、色々と訳あって今回は穴推奨止まりの印となった。ただ、鞍上や展開、コース適性など激走する態勢は整っているので、相手強化でマークが薄くなるようなら非常に怖さがある一頭と言えるだろう。

◎ラッキーライラック
〇マカヒキ
▲ダノンキングリー
☆ワグネリアン
△穴人気ブログランキングへ
△サトノソルタス
△クロノジェネシス

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第64回 大阪杯(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドバイ、香港、そしてオーストラリアと、海外遠征の選択肢が増えた近年は、ノーザンファームを筆頭とした大手牧場の“使い分け”もあって、国内GIでもフルメンバーと言えるようなレースが少なくなってしまった。

それでも、今年の大阪杯には、ブラストワンピース、ワグネリアン、ラッキーライラックなど、GI馬5頭が登録。他にもダノンキングリーなどGI戴冠を狙う実力馬が参戦し、レースとしての見どころは十分。

馬券を考える上で、絶対に着目しておかねばならぬのが、ノーザンファームの存在だ。今年のGI馬5頭は全てノーザンファーム生産馬で、しかも登録馬の半数も占めている。

去年はアルアイン、一昨年はスワーヴリチャードと、ノーザンファームは2年連続で勝ち馬を輩出。GI昇格初年度の3年前、ステファノスが2着と連対して◎○大本線1点的中となったが、ノーザンファームの思惑を掴むことが重要となるのは間違いない。

だが、一般マスコミが報じる情報ソースはトレセン内、騎手や厩舎から聞き出す話がほとんど。ノーザンファームと言えば、天栄やしがらきの外厩で仕上げるのが当たり前となっており、ココに食い込んだ情報を入手するという体制は整っていない。

一般マスコミが流す情報を参考にしていて、的中馬券に近づくのは困難であることは、去年9番人気がアルアインが勝利するなど、過去の大阪杯が波乱含みであることが物語っている。

弊社シンクタンクは、早くから外厩情報の重要性を認識しており、外厩専門の情報ルートたちが存在し、トレセン内外の一般マスコミから報じられない思惑、本音、裏事情を入手している。

これも、ハイセイコーの主戦だった増沢末夫を筆頭に、競馬界の大物達が情報ルートとして在籍、25年以上にも渡り会社が存続しているように、各方面から賛同、信頼をいただいているからに他ならない。

ノーザンファームの思惑は、馬券攻略のために必要な情報の1つに過ぎず、知らねばならぬ関係者情報はまだまだ存在する。

今週は特別に、馬券を買うなら絶対に知っておきたい大阪杯の【関係者情報】【馬券候補5頭】を無料公開することが決定した。弊社の情報力を体感してもらえる絶好の機会、ぜひご覧いただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第64回 大阪杯(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク