【大阪杯2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、大阪杯に出走を予定しているクロノジェネシス、ダノンキングリー、ブラストワンピース、マカヒキ、ラッキーライラック、ワグネリアンの最終追い切りに関する記事を。

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着

先週の追い切り注目馬はアルジャンナが最低限の結果。今週は重賞が2つしかありませんので、馬券共々どちらのレースでも結果を残せるように頑張ります。

なお、本日船橋で行われるマリーンカップの予想は既に更新済みです。

【マリーンカップ予想】

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第64回 大阪杯(GI)>

人気の盲点となる激走穴馬の勝負情報を極秘入手!

今年の大阪杯はアノ超人気薄馬が波乱の立役者となる!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

大阪杯最終追い切り

クロノジェネシス

先週に続いて頸の角度や頭の高さ、そして可動域の狭さだけは気になってしまうが、脚はしっかしと付け根から出して走れており、身体の柔軟性をみても馬はまず出来たと思ってよさそう。

今週も強く負荷をかけられていない点からすると気性面や馬体の維持を意識してのものだと思うが、先週の段階で動きも馬体もある程度は出来ていたので、ここに関してはあまり大きく割り引く必要はないだろう。

ただ、最後の手応えや反応には見どころがあったが、馬体以上に身体の使い方が小さく感じる点はマイナスなので、以前から指摘しているポイントを踏まえて考えると今回はあくまでも牝馬としての扱いをしたいと思う。

ダノンキングリー

先週重く感じた馬体はかなり絞れており、胸前やトモがすっきりとした事で動きにも素軽さが出てきた。3歳時の成績を考えるとこの荒さはプラスに出るのかもしれないが、追われてからの重心のブレや脚を出すタイミング、リズムが合わない点は相変わらずなので、普通の動きの評価となるとあまり積極的に買いたくはならないが…。

一応先週負荷をかけられていた事もあって今週は終い重点での追い切りだったが、それでも追われてからの反応や伸びをみると割と上積みは大きいと思うので、このぐらいの相手であればタイトルに手が届くチャンスと言えるか。

ブラストワンピース

馬体はもう少し絞れてもいいと思うが、前半から走る気満々の豪快でパワフルな動きが目に付いており、脚を大きく前へ出して力強く駆け抜ける姿は良い頃の動きとの比較になっても決して劣っている感じはしない。

頭の高さと脚もとの硬さが影響して石の塊が転がってきたような走りではあるが、この馬の走りはこのぐらい不器用で威圧感があるぐらいが丁度良い気もするので、これはおそらくプラスに転ぶ可能性が高いとみるが…。

少なくとも一時期のスランプ時の動きとは比べ物にならないぐらい動いているので、調子は完全に戻ったと思っていいだろう。

ラッキーライラック

動きが大きく見える点は勿論ではあるが、牝馬らしい柔軟性と脚捌きの軽さが目立っており、キビキビとした活気のある動きからしても完全にスイッチは入っていると思っていいだろう。

先週の段階でほぼ仕上がっていたが、今週負荷をかけられた事で追われてからの反応や伸びなどに大きな違いが見られるので、先週からの上積みは勿論、前走を使われた上積みにも相当期待が持てる一頭と言えるか。

柔軟性は牝馬らしいが、トモや胸前の厚み、そして身体の使い方は牡馬と比べても劣っている感じはしないので、今の出来なら限定戦ではなくとも互角以上の戦いに持ち込めるのでは。

マカヒキ

全体的に線は細い感じもするが、トモの筋肉量をみると馬体は決して寂しい感じはしない。先週に続いて折り合い面を重視した追い切りとなっているが、ラストの反応や走りとしてのリズムは抜群で、動きに全く無駄がない点が大きなプラスになるか。

馬体の関係もあって迫力などは感じられないが、品のある素軽い動きがいかにもこの父らしいので、久々の競馬でも仕上がりとしては十分と言えるだろう。

ワグネリアン

一週前の動きがかなり物足りない感じはしたが、今週の動きをみても大きく変わった様子は感じられない。一杯に追われても反応がほぼ感じられない点や最後手応えがなくなってしまった点が見た目通りの減点ポイントで、馬体を見てもまだまだ緩さが残っている点がいかにも完成途上といった感じか。

こちらはマカヒキとは違って久々の影響が少なからずありそうなので、休み明けという評価で印を打つのが正解かもしれない。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

良く見える馬が数頭いるが、追い切りの動き通りであればこの馬の破壊力が他馬を圧倒する感じも。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第64回 大阪杯(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドバイ、香港、そしてオーストラリアと、海外遠征の選択肢が増えた近年は、ノーザンファームを筆頭とした大手牧場の“使い分け”もあって、国内GIでもフルメンバーと言えるようなレースが少なくなってしまった。

それでも、今年の大阪杯には、ブラストワンピース、ワグネリアン、ラッキーライラックなど、GI馬5頭が登録。他にもダノンキングリーなどGI戴冠を狙う実力馬が参戦し、レースとしての見どころは十分。

馬券を考える上で、絶対に着目しておかねばならぬのが、ノーザンファームの存在だ。今年のGI馬5頭は全てノーザンファーム生産馬で、しかも登録馬の半数も占めている。

去年はアルアイン、一昨年はスワーヴリチャードと、ノーザンファームは2年連続で勝ち馬を輩出。GI昇格初年度の3年前、ステファノスが2着と連対して◎○大本線1点的中となったが、ノーザンファームの思惑を掴むことが重要となるのは間違いない。

だが、一般マスコミが報じる情報ソースはトレセン内、騎手や厩舎から聞き出す話がほとんど。ノーザンファームと言えば、天栄やしがらきの外厩で仕上げるのが当たり前となっており、ココに食い込んだ情報を入手するという体制は整っていない。

一般マスコミが流す情報を参考にしていて、的中馬券に近づくのは困難であることは、去年9番人気がアルアインが勝利するなど、過去の大阪杯が波乱含みであることが物語っている。

弊社シンクタンクは、早くから外厩情報の重要性を認識しており、外厩専門の情報ルートたちが存在し、トレセン内外の一般マスコミから報じられない思惑、本音、裏事情を入手している。

これも、ハイセイコーの主戦だった増沢末夫を筆頭に、競馬界の大物達が情報ルートとして在籍、25年以上にも渡り会社が存続しているように、各方面から賛同、信頼をいただいているからに他ならない。

ノーザンファームの思惑は、馬券攻略のために必要な情報の1つに過ぎず、知らねばならぬ関係者情報はまだまだ存在する。

今週は特別に、馬券を買うなら絶対に知っておきたい大阪杯の【関係者情報】【馬券候補5頭】を無料公開することが決定した。弊社の情報力を体感してもらえる絶好の機会、ぜひご覧いただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第64回 大阪杯(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク