【大阪杯2020予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、大阪杯に出走を予定しているヴェロックス、クロノジェネシス、ダノンキングリー、ブラストワンピース、ラッキーライラックの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

毎日杯予想結果

2着◎アルジャンナ

ガチガチでハズレ。

日経賞予想結果

1着☆ミッキースワロー
2着◎モズベッロ
3着△スティッフェリオ

3連複 7,980円 3連単 33,160円

ここは印はギリギリでしたが上手くいきました。当初は公開を見送る予定でしたが、ドバイが中止という事もあって公開する事に。モズベッロの頭が欲しかったというのが本音ではありますが、案外配当が跳ねたので、これはこれで良しとしておきます。

マーチステークス予想結果

◎ナムラアラシ

※中止

六甲ステークス予想結果

12着◎カヴァル

高松宮記念予想結果

9着◎ステルヴィオ

▲穴クリノガウディーと本命を迷ったレースですが、レースを見て一瞬寒くなりました。自分は出先で最後の直線だけ適当に見ただけだったので、▲穴クリノガウディーが頭を取ったとばかり思っていた事もあって相当ダメージを受けてしまいましたが、結果は降着の4着。

あまりにも人気がなかったのでいつものようにここからの縦目も購入する予定でしたが、時間があまりなかったのでその縦目の馬券の購入をすっかりと忘れていました。結果この買い忘れは正解だった事になりますが、仮に1着だったら…というレースだったので、何もかもがモヤモヤしますね。

まぁ縦目を購入していても当たったのはおそらく単勝だけだったので、どちらにしろ悶絶していたレースというオチです。

※ランキング欄に馬名が反映されていないという連絡を数件頂きました。何故かかなり反映が遅れていたみたいですが、現在は通常通り反映されています。

大阪杯一週前追い切り

ヴェロックス

単走馬なりの楽な追い切りだったが、前脚に硬さが残っていて動きに違和感を感じてしまう。それでも身体は必要最低限使えており、負荷をかけられてからの伸びと脚捌きには目を見張るものがあったので、最終追い切りでビシッと追えばある程度は仕上がってくるのではないだろうか。

それでも今週はあまり目立った追い切りではなかったので、馬体を含めての変わり身に期待したい。

※回避

クロノジェネシス

前に馬を置いての3頭併せとなったが、馬なりでも勢いがありすぎてあっという間に調教パートナーを捕まえて楽々交わしてしまう圧巻の動きを披露。頸の角度は気になるが、フォームは終始安定しており、馬体の張りや毛艶をみても一週前からほぼ馬は出来ていると思ってよさそう。後は以前から何度も指摘しているように、若い頃から全く馬体が成長していない点がどう出るか。

ダノンキングリー

もともと追い切りでは荒さを出しつつ走る馬ではあるが、今回の追い切りは3歳の春の動きを見ているかのような追い切りだった。とにかく追われてからの重心のブレが大きく、脚を出すタイミングが全く合わない点は大きなマイナスで、強く負荷をかけられた割には弾けきらなかったのはその動きの荒さが影響している為だろう。身体もまだまだ太いので、最終追い切りに向けては課題が多くなってしまった。

ブラストワンピース

いつものように頸の角度と頭の高さは気になるが、発汗はそれほどみられなかった。トモの緩さをみてもまだまだ身体に余裕はあるが、それでもしっかりと脚を前へ出してダイナミックに動けており、追われてからの反応や伸びをみると良い頃の動きにほぼ戻りつつあるというのが現時点での答えとなる。ここに本来の荒さと威圧感が戻れば完璧だが…。

ラッキーライラック

前走同様に身体を大きく使った動きが目に付いており、トモの大きさと胸前の厚みはまるで牡馬のよう。頭が高くフォームは沈まないが、それでも上手くリズムを刻みながら脚を出す事が出来ているので、負荷をかけていればまた違った動きになった可能性は高かったのではないだろうか。先週の動きを見ると最終追いの動きが楽しみな一頭と言える。

予想オッズ

1 ダノンキングリー 2.9
2 ブラストワンピース 4.0
3 ラッキーライラック 4.5
4 クロノジェネシス 4.7
5 ワグネリアン 6.5

最後に大阪杯の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第64回 大阪杯(GI)>

豪華メンバーが揃うも
本当に買っていいのは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

GIに昇格してからの過去3年は、キタサンブラック、スワーヴリチャードが人気に応えて優勝したが、昨年は1人気ブラストワンピースが6着に敗れ波乱。今年はワグネリアン、ラッキーライラック、クロノジェネシス、マカヒキ、ヴェロックス、ダノンキングリー、ユーキャンスマイルなどがスタンバイ。GI馬が4頭出走するが、今年も好メンバーが揃い大混戦模様。

過去10年、人気別の成績では、1人気[4.2.2.2]、2人気[2.2.2.4]、3人気[0.0.1.9]と1.2人気が6勝(4連対)と安定した成績を残している。GI昇格後の3年も1人気が2勝している。平均配当では馬連5210円、3連複4240円、3連単3万7570円。1.2人気は揃って連対を外したのは1度のみで、二桁人気馬が馬券圏内に好走しておらず波乱はない。

競馬セブンでは既に大阪杯の全出走馬の関係者情報を入手済。紙面上には載らない有力馬の消し情報や、人気の盲点となり出走する激走穴馬の勝負情報も極秘入手!今年のGI競走も競馬セブンにお任せください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『大阪杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク