【大阪城ステークス2018予想】本命ハクサンルドルフ

スポンサーリンク


こんばんは。

続いて明日の阪神メイン、大阪城ステークスの予想を。アストラエンブレム、アメリカズカップ、グァンチャーレ、トリコロールブルー、ハクサンルドルフ、プラチナムバレットなどが出走予定。

去年数百円をケチって36万馬券を逃したレース。本命対抗の本線決着だったので今でもこのレースの名前を聞くと思い出します。

弥生賞の予想は既に公開済みです→ 弥生賞2018予想


3点勝負買い目を無料公開

大阪城ステークス

本命はハクサンルドルフ

昇級戦となった前走の東京新聞杯でもそれなりに期待したが、結果は追い込み届かず6着まで。ただ、直線で前が壁になって追い出せず外に出す大きなロスがありながらも最後は勝ち馬リスグラシューから0.3秒差まで追い上げてきた内容には見どころがあった。

同じく6着だったNHKマイルでも少しチグハグな競馬となったが、大外から伸びて勝ち馬から0.3秒差まで詰め寄ってきており、多摩川ステークスではメートルダールとタイム差無しの2着。東京コースが合っているとはいえ、G1や後の重賞馬相手にここまで詰め寄れる時点で能力は重賞級と思っていいだろう。

とにかく最後の直線でスムーズに外に出せるかがポイントで、ここでロスなくレース運びが出来ればドンケツからでもぶっこ抜けるだけの脚はある。そうなると前走から頭数が減る事や阪神1800mという舞台設定は間違いなくプラスなので、ここは勝ち負けまで期待したい。

◎ハクサンルドルフ
人気ブログランキングへ※アストラエンブレム
▲メドウラーク
☆トリコロールブルー
△アングライフェン
△グァンチャーレ
△トラスト
△バンドワゴン

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

3月4日(日) 中山12R

凄腕馬券師の【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

朝日杯FSを完勝し、昨年の最優秀2歳牡馬の座に輝いたダノンプレミアムと、関係者からは「世代最強」との呼び声も高いワグネリアンが早くも激突する弥生賞。その他にも、2戦2勝のオブセッション、暮れのホープフルSで2着に好走したジャンダルムも参戦を予定しており、今年のクラシック戦線を占う上でも注目すべき1戦であることは疑いの余地はない。

しかし、大いに盛り上がりを見せるであろう今週の日曜日、もう1つ注目すべきレースがある。それが“最終レース”だ。

「おそらく弥生賞はGI並の盛り上がりを見せることになるから、日曜日の馬券売上も全体的にアップすることだろう。ライトな競馬ファンが手を出しやすくなる分、メインレースは他のレースよりも売上は高くなるが、実はそれに続くのが最終レース。全レースの中で、最も発売時間が長いレースということもあるし、メインレースで損をしたファンが、最後に一発逆転を狙って手を出すケースも多い。しかし、ただの平場戦となれば世間で集められる情報量はたかが知れているし、素人が無闇に買っても当たるもんじゃない。おそらく、大半の競馬ファンは、最終レースで傷口を広げた経験をしたことがあるはず」とは当社情報ルートの談。

続けて「しかし、関係者から”表には出ない真の情報”を入手している我々にとって、こんなにオイシイ状況はない。素人が新聞の印を鵜呑みにして『イラナイ馬』や『危険な人気馬』に額を張ってくれるおかげで、コチラが狙いたい馬のオッズが跳ねるんだからね」と“最終レース”は“買い”だと強調する。

しかし、論より証拠とはよく言ったもの。今週は弥生賞当日に凄腕馬券師が勝負する【中山12R・3連単勝負馬券】特別無料公開させて頂く。凄腕馬券師の勝負馬券情報からは、今年も既に『14万9470円』『6万7230円』といった高配当的中をお届け。情報があれば有利に馬券が買えるということを、是非その身をもって体感していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3月4日(日) 中山12R

凄腕馬券師の【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク