【大阪城ステークス2020予想】本命ジェシー

スポンサーリンク


こんばんは。

続いて日曜の阪神メイン、大阪城ステークスの予想を。グローブシアター、サトノアーサー、サトノフェイバー、センテリュオ、フランツなどが出走する芝1800mのリステッド競争。

本来はこちらのレースは記事にする予定ではなかったですが、弥生賞の予想がまだ終わっていないので、遅れた時の保険で先にこちらの記事を更新する事にしました。

なんとなく薄い記憶が残っていますが、過去にこのレースで数百円をケチって大万馬券を取り逃した気が…。

おそらくその時は買い方もドンピシャでハマっていたので、取れていれば帯だったという事だけは覚えていますが、これ以上は思い出さない事にします。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

大阪城ステークス

本命はジェシー

ここ2走は結果を残す事が出来ていないが、前走の中日新聞杯は現状トモが甘い影響もあって踏ん張りが利かず、2走前のアンドロメダステークスは外枠から苦しい競馬を強いられての結果と敗因ははっきりしているので、得意の阪神での競馬となる今回は大きな変わり身に期待が持てるのではないだろうか。

西宮ステークス、千里山特別の2戦がどちらも強い競馬で勝利しており、この時相手につけた着差は勿論ではあるが、最後の手応えなどを見ると内容的にも完勝と言えるものだったので、このコースであれば重賞の常連が相手であっても好勝負に持ち込めるだけの能力はある馬と言えるだろう。

一番手の合っている川田が乗れないのは痛いが、過去に手綱を取って勝利に導いた経験もあるジョッキーが乗れるなら極端に割り引く必要もないと思うので、ハンデ54キロで自分の形ならこの馬本来の粘りがみられるのでは。

対抗は人気ブログランキングへ

最近のレースを見ていると以前よりも前向きさに欠けている感じがするので、現状このぐらいの距離がベストの馬ではないだろうか。

これまでの実績を考えるとリステッド競争では能力上位と言える存在で、馬場が多少渋っても確実に脚を使ってくるタイプなだけに、今回の条件であればおそらく不発はないと思うが…。逆にこの条件で走らないようなら復調するまでにはもう少し時間がかかってしまうかもしれない。

▲にサトノフェイバー

2走前のキャピタルステークスがかなり強かったので、あの競馬が出来るならまだまだ今後も馬券に絡むチャンスはありそう。

距離はマイルぐらいが合うと思うが、前走の大敗で気楽に乗れる今回は脚質的にも怖さがある一頭と言えるか。坂のある阪神なら最後の粘りも違ってきそうな印象を受けるので、本命馬が来る展開になるなら本馬も粘り込みがあるのでは。

☆にセンテリュオ

近走は重賞の壁に泣いているが、相手ダウンとなる今回は無難に出番がありそう。G1のエリザベス女王杯で勝ち馬から0.3秒差の競馬が出来るならここはお釣りがくる計算になるので、後は牡馬が相手で上手く立て直せるか。

◎ジェシー
人気ブログランキングへ
▲サトノフェイバー
☆センテリュオ
△レッドガラン
△フランツ
△ブラックムーン

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第57回 弥生賞(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年亡くなったディープインパクトの功績を讃え、今年より弥生賞ディープインパクト記念と名称が変わったものの、皐月賞のトライアルレースかつ、クラシックを占う上で注目のレースという位置づけはこれまでと同様だ。

しかし、近年は外厩制度の充実で、調教技術の発達が進み、過去のような“王道ローテーション”が失われつつあり、このレースから皐月賞を制したのは2010年のヴィクトワールピサまで遡らねばならない。ココへ出走してくる陣営、特にクラシック戦線に有力馬を多数送り込むことになるであろうノーザンファーム関連馬には注目せねばならない。

無論、ノーザンファーム関連馬が必ずも勝ち負けになるという話ではない。事実、メイショウテンゲン、ダノンプレミアム、カデナと、ここ3年の勝ち馬は全て非ノーザン、非社台グループの馬なのだ。

トライアルの基本的な考え方として、「ココが叩き台」の馬もいれば、「確実に権利を取りたい」と勝負を懸ける馬もいるわけで、表向きの建前コメントでジャッジするには難解なレースになってきている。

弊社シンクタンクは、競馬界の大物関係者を多数情報ルートとして揃え、騎手、厩舎、馬主、エージェント、外厩、牧場などなど、あらゆる人物から建前ではない本音を聞き出せる態勢を整えている。弥生賞に関しても、レースの核心に迫る、的中に繋がる情報を入手することができる。

競馬界には『建前ではない本音の情報』があることを、一人でも多くの競馬ファンの方に知ってもらうべく、シンクタンクが入手した弥生賞の関係者情報と絶対に買うべき【5頭の馬券候補】を無料公開する。ココでしか知ることができない情報をぜひとも見ていただきたい。馬券を買うつもりなら、『マスト』と言っていい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第57回 弥生賞(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク