【桜花賞2018予想】本命トーセンブレス

スポンサーリンク


おはようございます。

昨日は野島崎特別△アッフィラート☆シャララ◎ヤマニンエルフィンで当たったものの、印が非常に微妙だった事と想像以上に本命馬が売れてしまった事もあってこの1レースでは1日のプラスには持っていけず。阪神牝馬ステークスニュージーランドトロフィーとどちらも外してしまい、ここ1ヵ月程続いていたプラス収支もここで一旦ストップしてしまいました。

特に今年の土曜の勝率はかなり高かったので今週も決めたい気持ちはありましたが、勝負後、そして勝負前という事もあって少しセーブ気味に馬券を購入したので、結果これも敗因の一つとなってしまいましたがハズレはハズレ。

日曜も絶対に勝ちたいという気持ちは持たずにいつもの流れ、スタンスを忘れず攻めていきます。

では本日は阪神メイン、桜花賞の予想を。ラッキーライラック、アーモンドアイ、リリーノーブル、マウレア、リバティハイツ、アンコールプリュ、フィニフティ、プリモシーンなどが出走予定。

3点勝負買い目を無料公開

桜花賞

本命はトーセンブレス

終いの脚は確実な馬で、初戦は出遅れて後方からの競馬になったものの、最後の直線で34秒の脚を使い11頭をごぼう抜き。次に速い上がりを使った馬の脚が35.1秒という事を考えるとトーセンブレスの上がりがいかに速かったわかるだろう。

本命にした阪神ジュベナイルフィリーズでは外から猛追するも少し離された4着まで。前走のフラワーカップでもいい脚は使っているものの2着となかなか歯痒い競馬が続いているが、どんな展開や馬場でも自分の競馬に徹底すればそれなりの結果を出してくる馬。

これまで唯一中途半端な競馬をしたアルテミスステークスでは、直線で前のスカーレットカラーが壁になってしまい抜け出せず。進路を右に変えるとスカーレットカラーも右へ、左に変えると左へといつまでたってもこの状況が続いてしまい、結局最後までまともに追えずにゴール。

更にこの日は外枠だった事もあり道中で上手く壁を作れず向正面で脚を使ってしまった事も最後の伸びに影響しており、仮にここでまともな競馬が出来ていればまた違った結果になったのではないだろうか。

欲を言えばもう少し外寄りの枠が欲しかったが、ラッキーライラック、リバティハイツ、アンコールプリュとそこそこ厄介な馬が揃って内枠。これらの馬と比べれば青帽はいくらかマシだろう。

当然ここでも通用するだけの能力はある馬で、人気馬に隙が出来たことで大物食いのチャンスもアップした。まとめて面倒を見るだけの脚はあるので、後はブレーキを踏まずにその脚を使い切れるかどうか。

対抗はリリーノーブル

初戦からなかなかインパクトのあるレースをしてきたが、そのインパクト相応の能力を持った馬で、非常にレースセンスが高く、混戦になればなるほどこの馬の良さが引き出される事になりそう。

前走のチューリップ賞、そして2走前の阪神ジュベナイルフィリーズと続けてラッキーライラックには完敗しているので逆転は簡単ではないかもしれないが、この敗戦を活かしてここで思い切った競馬をしてくる可能性は十分考えられるので、そうなると同じ路線から逆転があるとすればまずこの馬になるか。

天敵であるラッキーライラックが最内枠を引き当てた事によりちょっと勢力図がガラッと変わってきそうな感じもするので、当初予定していた印よりも評価を上げて考える。

▲はラッキーライラック

阪神ジュベナイルフィリーズだけではなく前哨戦のチューリップ賞も快勝。その時のメンバーとは勝負付けが済んだ感じもするので、この馬を負かすのはそう簡単な事ではないだろう。

ただ、実績は素晴らしがこの馬が抜けて強いとも思わない。逆転があるならリリーノーブル、マウレアが思い切った競馬をした時、もしくはこの馬とぶつかった事のない別路線組になるか、と思っていたが、枠がまさかの最内。ここに来て一気に雲行きが怪しくなった。ベタに少し評価を下げたが、枠以外では特に嫌う材料がない事も事実。

☆にアーモンドアイ

前走は色々と噛み合ったとはいえ、まず弱い馬では出来ないパフォーマンスを披露してきた。ここでもあの競馬が出来ればまず勝ち負けになるが、クリアしなければならない課題は決して少なくはない。

それでも危険とまで言い切る事も出来ず、あくまでも勝ち切るという可能性だけを考えればこれぐらいの印は打っておきたい。

一応人気ブログランキングへぐらいまでは本線として印を打ちたい。

2走前は少しちぐはぐな競馬になってしまい本来のこの馬の力を発揮出来なかったが、上手く噛み合えば重賞でも力は上位の存在。この枠順であればまず力は発揮出来ると思うので、後は鞍上の腕でどこまでといった感じ。勝ち切るには少し展開などの助けが必要かもしれないが、2~3着であれば十分可能性はあるだろう。

◎トーセンブレス
〇リリーノーブル
▲ラッキーライラック
☆アーモンドアイ
人気ブログランキングへ
△レッドサクヤ
△アンコールプリュ
△リバティハイツ
△フィニフティ
△スカーレットカラー
△デルニエオール

△はこちら→ 人気ブログランキングへ

春雷ステークス

人気ブログランキングへ

こちらの予想も更新するつもりでしたが、時間の関係もあって更新する事が難しそうなので本命馬だけあげておきます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第78回 桜花賞(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

4戦4勝の2歳女王・ラッキーライラックが春緒戦のチューリップ賞を危なげなく完勝し好発進。阪神JFの再戦となるようなメンバー構成の中、ライバルにまた一歩差をつけたと言っても過言ではない内容だった。今年の桜花賞における主役候補筆頭は、間違いなく同馬であることに疑いの余地はない。

しかし、チューリップ賞はあくまで前哨戦。つい昨年も同様に無敗の2歳女王だったソウルスターリングが単勝1.4倍と断然の支持を集めながら、馬場を苦にして3着に敗れている。このように、キャリアの浅い3歳牝馬だけあって、ちょっとした要素を理由に崩れることも珍しくなく、無敗のまま引退できるGI馬などごく僅かしかいない。ラッキーライラックにとっても”ココが初めての敗戦”となる可能性は十分にあるわけだ。

果たして今年の桜花賞はラッキーライラックの1強なのか。増沢末夫、中野渡清一、平井雄二、境征勝ら元調教師・元騎手などを始めとした競馬界の大物OBや現役関係者、馬主関係者などが情報ルートとして在籍するシンクタンクには、もう結論はホボ出ている。「決して“1強”ではない」と。

もちろん、それ相応の情報と根拠がなければこんなことは言わない。既に高配当決着を演出する可能性がある激走穴馬の存在を入手済みで、情報ルートによれば「敵は○○だけだろう。○○さえ叶えば一発の可能性は十分にある」と。

そこで、今週は当社シンクタンクの情報を初めて入手される方に限り、桜花賞の【1点馬券】の情報を特別に無料公開する。この情報、桜花賞の馬券を買うつもりの方は、まさに必見と言えるだろう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第78回 桜花賞(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク