【桜花賞2018予想オッズ】有力馬リリーノーブル馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

予定より少し遅くなってしまいましたが、本日は日曜の阪神メイン、桜花賞に出走を予定している有力馬の1頭、リリーノーブルの馬体診断の記事を。

大阪杯では世代屈指の好馬体と言い続けていたスワーヴリチャード、ペルシアンナイトのワンツーで馬券が取れなかったので、今週は何としてもモノにしたいと思います。


3点勝負買い目を無料公開

桜花賞馬体診断

リリーノーブル

新馬戦のパドック

初戦は502キロでの出走。牝馬としてはかなり馬格がある馬ではあるが、腹をみても少し余裕があり、仕上がりとしては6〜7割ぐらいと感じる。

頭の高さ、物見をする仕草などはルーラーシップ産駒によくみられる癖で、同じ産駒のダンビュライトの若い頃にもよくみられた事なのでここは割り引くようなポイントではない。

以前からルーラーシップ産駒は劣化版ハーツクライ産駒という扱いで馬体を見てきたが、こちらはハーツクライ産駒よりも若い頃から坐骨結節がスムーズに動くタイプが多く、牝馬でのサンプルが牡馬に比べると少ないので言い切ることは出来ないが、おそらく牡馬よりも牝馬の方が後脚が良く伸び、更にバネが効いたタイプが多く出るのではと思っている。

牡馬と比べて馬体の完成も早いので、桜花賞だけではなくオークスでディープインパクト産駒の強い馬とぶつかっても十分互角に戦える。

チューリップ賞のパドック

馬体重498キロ、前走からプラス4キロ。当然ではあるが、初戦の余裕のある馬体と比べるとかなり引き締まった印象を受ける。馬体重こそ大きく変わってはいないものの、筋肉量が増えた事を考えると初戦からは20キロ程絞れたのではないだろうか。

さすがに阪神ジュベナイルフィリーズの時と比べると踏み込みが浅く感じ、その影響で全体的に重くるしい印象を受けるが、変わらず坐骨結節の動きは素晴らしく、弾むような馬体は群を抜いて目立っている。

ただ、牝馬は牡馬と違い、2歳の暮れから3歳の春にかけて一気に馬体が成長するという事は滅多にないので、距離が延びるオークスに関しては話が違ってくるが、マイルの桜花賞でラッキーライラックを負かすのは簡単な事ではない。

更にディープインパクト産駒がかなり得意としているレースという事もあり、他のライバル馬もパフォーマンスを上げてくる可能性が高いので、当然ここは楽な戦いになる訳はないが、馬体の完成度で言えば明らかにディープインパクト産駒よりもこちらが上回っており、ここで多少パフォーマンスを上げて来られたとしてもこちらの完成度の高さでカバー出来るのではというのが現時点での見解。

簡単にまとめると

阪神ジュベナイルフィリーズの1.2.3着、ラッキーライラック、リリーノーブル、マウレアがチューリップ賞でそのまま上位を占めたが、桜花賞でもこの3頭が上位を占める可能性は高い。そしてこの2走でラッキーライラックに完敗しているリリーノーブル、マウレアの逆転は簡単ではない。

この3頭に割って入るとすれば別路線組。ラッキーライラックを負かすならまだ一度もぶつかった事のない馬、もしくはリリーノーブル、マウレアが思い切った競馬をした時、といった感じであまり余計な事は考えず馬券を組むのが正解かも。

予想オッズ

ラッキーライラック 1.9倍
アーモンドアイ 4.1倍
リリーノーブル 6.8倍
マウレア 8倍
プリモシーン 10.2倍

無敗のラッキーライラックが抜けた人気になるのは確実。2人気も前走で圧巻のパフォーマンスをみせたアーモンドアイ。以下、阪神ジュベナイルフィリーズ、チューリップ賞上位馬のリリーノーブル、マウレアまでが10倍を切るオッズになるか。

最後に桜花賞で注目している穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

本格化はもう少し先と思っていたが、想像を超える早さで成長した1頭。ラッキーライラックとぶつかっていないという点も魅力でコースも間違いなく合う。上位人気に支持される事もない今回は必ずおさえておきたい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第78回 桜花賞(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

4戦4勝の2歳女王・ラッキーライラックが春緒戦のチューリップ賞を危なげなく完勝し好発進。阪神JFの再戦となるようなメンバー構成の中、ライバルにまた一歩差をつけたと言っても過言ではない内容だった。今年の桜花賞における主役候補筆頭は、間違いなく同馬であることに疑いの余地はない。

しかし、チューリップ賞はあくまで前哨戦。つい昨年も同様に無敗の2歳女王だったソウルスターリングが単勝1.4倍と断然の支持を集めながら、馬場を苦にして3着に敗れている。このように、キャリアの浅い3歳牝馬だけあって、ちょっとした要素を理由に崩れることも珍しくなく、無敗のまま引退できるGI馬などごく僅かしかいない。ラッキーライラックにとっても”ココが初めての敗戦”となる可能性は十分にあるわけだ。

果たして今年の桜花賞はラッキーライラックの1強なのか。増沢末夫、中野渡清一、平井雄二、境征勝ら元調教師・元騎手などを始めとした競馬界の大物OBや現役関係者、馬主関係者などが情報ルートとして在籍するシンクタンクには、もう結論はホボ出ている。「決して“1強”ではない」と。

もちろん、それ相応の情報と根拠がなければこんなことは言わない。既に高配当決着を演出する可能性がある激走穴馬の存在を入手済みで、情報ルートによれば「敵は○○だけだろう。○○さえ叶えば一発の可能性は十分にある」と。

そこで、今週は当社シンクタンクの情報を初めて入手される方に限り、桜花賞の【1点馬券】の情報を特別に無料公開する。この情報、桜花賞の馬券を買うつもりの方は、まさに必見と言えるだろう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第78回 桜花賞(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク