【桜花賞2020予想】本命クラヴァシュドール

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、桜花賞の予想を。デアリングダクト、レシステンシア、マルターズディオサ、クラヴァシュドール、ミヤマザクラ、リアアメリアなどが出走する芝1600mのG1レース。

土曜は相手、相手ばかりの結果で肝心の本命がしょっぱい着順ばかりに。どのレースも割と連系でドカンと回収出来そうと思っていたので、完全に自分の読み間違いでした、すみません。

日曜は馬場が不透明な事もあって数は打ちませんが、土曜と同じような買い方で攻める予定なので、何とか最後の一本で捲りきれたらと思います。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

桜花賞

本命はクラヴァシュドール

もうこのブログを長く見てくれている方ならわかると思うが、今年も当然のように口酸っぱくこの言葉を伝える事から入りたい。

外厩の関係もあってか近年は外野の活躍が目立ちはするが、牝馬は牡馬と違って馬体や内面の完成が早い分、基本的には2歳の暮れから3歳の春にかけては大きく成長しないというのが特徴で、2歳の暮れの結果がそのまま3歳の春の結果に反映されるというのは定番中の定番。

※これも毎年のように伝えているが、オークスに関しては距離の関係もあるのでこの持論がぴったりと当てはまる事はないので注意が必要。因みに事持論に関しては前哨戦にも当てはまる事が多く、今年のフィリーズレビューはこの持論がハマって11万馬券的中に結び付いたという前科あり。

仮にその結果が変わるとすれば、特殊な馬場での競馬、もしくは過去のアーモンドアイやグランアレグリアのように表路線の馬達とぶつかった事のない馬、いわゆる外野が一番強かったというパターンがほとんどで、外野の活躍が目立ってきた今もこの形は基本として頭に入れておきたい。

よって2歳の暮れの段階である程度力がある馬が存在する年に関しては、3歳の春の結果にそのまま反映される事が多いので、今年そのパターンに当てはまる馬から軸を選択するのがセオリーと言えるだろう。

今年このパターンに当てはまる馬は外野を除くとレシステンシア(チューリップ賞3着)、マルターズディオサ(チューリップ賞1着)、クラヴァシュドール(チューリップ賞2着)、ウーマンズハート(チューリップ賞6着)、ヤマカツマーメイド(フィリーズレビュー2着)の5頭に加え、力を出し切っていないリアアメリアを加えた計6頭になるか。

更にそこから阪神ジュベナイルフィリーズ後の成績と本コースの適性などから絞りだせばレシステンシア、マルターズディオサ、クラヴァシュドール、リアアメリアが残る事になるが、今回は人気と能力のバランスを考えてクラヴァシュドールが最も軸に相応しいと判断。

阪神ジュベナイルフィリーズのレベルが高かったのは当然ではあるが、この馬に関してはサウジアラビアロイヤルカップでサリオスの2着に好走した実績があり、そのサリオスが暮れのG1、朝日杯フューチュリティステークスを快勝している事を考えると本馬の能力の高さは疑いようがないだろう。

3着に敗れてしまった阪神ジュベナイルフィリーズも展開や道中の位置取りを考えるとかなり強い競馬をしており、前走のチューリップ賞でもレシステンシアをあっさりと交わして2着に入線しているので、同世代の牝馬の中では間違いなくトップクラスの能力の持ち主と言える。

馬体からすると距離は延びた方が良い気もするが、この父の産駒にしてはトモがかなり発達しているタイプなので、マイルを走れるだけのスピードも十分ある馬。それならここは変に捻る事なく素直に印を打つ作業だけでいいのではないだろうか。

対抗はレシステンシア

前走を負けた事が大きなプラスになりそうな本馬を無難に2番手に。阪神ジュベナイルフィリーズも展開に恵まれた感はあったにしろ、あの勝ち方は能力がなければ出来ないと思うので、ここは小細工なしに自分の形に持ち込んでしまえば2走前の再現があってもいいだろう。

気になる点をあげるとすれば1400mのファンタジーステークスが強すぎた点になるが、今の阪神の馬場ならそこまで気にする必要はないのでは。

▲にリアアメリア

阪神ジュベナイルフィリーズは負けすぎのような気もするが、それ以前の競馬を見ると能力が低い馬ではない事は確かなので、噛み合えば大幅な巻き返しがみられても。本馬の気性面を考えれば阪神ジュベナイルフィリーズからの直行ローテは歓迎だと思うので、後は折り合いを欠く事なくレース運びが出来るかどうか。

☆穴に人気ブログランキングへ

ここまで書いて外野でもない馬に印を打つのは間違いなのかもしれないが、2走前のレース内容を重視して今回は4番手まで印を上げてみた。この時期の牝馬が牡馬相手の中距離で結果を出せる事は相当な価値があるので、相手関係抜きにして経験値の差だけで上位に食い込んでくる可能性は十分考えられるのでは。前走の予想時にも書いたが、兄よりも素軽さがある馬なので、マイル重賞でも全く問題なく走ってくる。

◎クラヴァシュドール
〇レシステンシア
▲リアアメリア
☆穴人気ブログランキングへ
△デアリングダクト
△マルターズディオサ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第80回 桜花賞(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2歳女王レシステンシアが前哨戦のチューリップ賞で3着となり連勝がストップ。阪神JFを圧巻のパフォーマンスで制し、「桜花賞は当確」との声も出ていたが、混戦の様相を呈して本番を迎えることになった。

有力視されるチューリップ賞組の他にも、シンザン記念を制したサンクテュエール、阪神JFの1番人気リアアメリア、クイーンCの勝ち馬ミヤマザクラなど多士済々。

去年のグランアレグリア、一昨年のアーモンドアイと、2年続けて休み明けの馬が制したが、今年も有力馬の大半はノーザンファーム生産馬。

“ひと叩き”というローテーションの概念が、外厩制度によって崩れたことは記憶に新しいが、GIでは、今や外厩の思惑や裏事情を掴んでいなければ、馬券の的中に近づくことは容易ではない。

無論、2戦2勝のデアリングタクト、アブレイズなど非ノーザンファームの有力馬も参戦予定。今年の桜花賞は、極めて情報力がモノを言うレースとなるだろう。

トレセンでの取材規制が厳しくなっている現在、一般マスコミは新聞のコメント取りですら難しい状況となっている。“本音”が表に出ることはまずないだろう。

ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一といった元騎手、元調教師の大物関係者が在籍する弊社シンクタンクは、その人脈も業界最高峰、情報ルートたちがあらゆる関係者と親密な関係を築いており、個別に連絡を取って話を聞き出すことができる。

こんな状況下でも、確かな関係者情報を入手してお伝えできる態勢は整えてある。

創業25年以上の弊社シンクタンクは、競馬ファンの方に少しでも競馬を楽しんでもらいたいとの思いから、今週の桜花賞の関係者情報と、馬券候補が簡単に絞れる【情報注目馬5選】を特別無料公開する。ぜひとも参考にしていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第80回 桜花賞(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク