【桜花賞2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、桜花賞に出走を予定しているデアリングダクト、レシステンシア、マルターズディオサ、ウーマンズハート、ミヤマザクラ、リアアメリアの最終追い切りに関する記事を。

この後もう一本緩めの記事を追加します。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着

先週の追い切り注目馬はレイエンダが5人気で3着とまたまた最低限ではありましたが、何とか好走馬を指名する事が出来ました。ただ、こちらのレースは馬券は全くダメ。その逆で大阪杯の馬券は上手くいくという謎の現象が起きてしまいましたので、今週はどちらも上手くいくように頑張ります。

桜花賞最終追い切り

デアリングダクト

前走時の最終追い切りの内容もそうだったが、どちらかといえば実戦タイプで追い切りで派手に動くようなタイプではないのかもしれない。ただ、今回もいくらか頭が高く身体の使い方も決して上手いとは言えないが、気性面からくるスピードと素軽さだけは抜群なので、溜めれば相当弾けそうな印象を受けた。

前走を使われた事でかなり内面も活性化しており、馬体に柔らかみが出た事や地面を蹴る時に力強さを感じるようになった事は大きなプラスになるので、ここは使った上積みにもある程度期待が持てるのでは。全体的には地味な追い切りではあるが、実戦タイプという事を考えればこれで十分か。

レシステンシア

相変わらず動きは大きくダイナミックで、頸差しの太さと肩の強さはとても牝馬とは思えない。一週前はある程度セーブされたような追い切りではあったが、その分今週はしっかりと負荷をかけて追われており、追えば追うだけグイグイと大きく伸びた点や脚をしっかりと前へ出せている点など、動きだけ見ると今回も大きな隙は感じられないが…。

以前(2歳時)の動きと比較するとキレを増しているのは間違いないので、この動きを見ていると案外溜める競馬も出来るタイプだとは思うが、前半のスピードや父の血をしっかりと受け継いだ馬体を考えるとやはりスピードを活かす競馬に持ち込むのが正解だと思うので、ここは小細工なしに自分の形に持ち込んでもらいたい。

マルターズディオサ

線の細さだけは気になるが、フォームの美しさや全体的な走りとしてのバランスは相変わらず素晴らしく、牝馬特有の柔軟性とスピード、そして脚捌きの軽さはさすがの一言。これまで追い切りでは派手に動くタイプではなかったが、馬が身体の使い方を覚えた事で以前よりも目立つ動きになっているので、後は飛節がもう少し伸びてくれば走りに力強さも加わって見栄えもするだろう。

今回も走りのバランスやスピード以外は少し地味に見えてしまったが、この馬の過去の動きとの比較になれば相当動いた部類に入るとは思うので、前走からの上積みにも多少の期待は持てるのでは。

ウーマンズハート

同期の馬との比較になるとここに来ての馬体の成長が著しい一頭。先週の段階で馬はほぼ出来ていたが、今週も動きが大きくド派手な走りが目に付いている。可動域の広さと馬体のゆとりがこの父らしく、その父の血がしっかりと出てきた事を考えると本格化するのは近いのかもしれない。

先週ある程度負荷をかけられていた事もあって今週は反応を確かめる程度の追い切りとなったが、それでも最後はぶっ飛んでいきそうな程の手応えを感じられたので、今回の追い切りでこれ以上を求めるのは酷と言えるのでは。

ミヤマザクラ

先週の追い切りもなかなかよく見えたが、今週も身体を大きく使った動きと安定した美しいフォームが目に付いている。毛色の関係もあって馬体の張りなどは確認出来ないが、トモや胸の筋肉量を見ると相当馬は出来ている印象を受けるので、間隔はあいているが仕上がりに関しては抜かりないといったところか。

馬体に遊びがあるのでどちらかといえば距離が延びた方が面白いと思うが、兄弟よりも明らかにスピードはある馬なので、マイルのG1でも十分好勝負に持ち込めるだけの力はあるとみた。

リアアメリア

一週前追い切りでは反応の悪さと動きの重さが気になったが、しっかりと負荷をかけられた事で馬体が絞れ、動きは軽く素軽さが出た印象を受けた。相変わらず前向きさがあるタイプなので気性面だけは気になってしまうものの、ここ2週の追い切りを見る限り最低限内面はセーブ出来ているので、このまま落ち着いてレースに臨む事が出来れば巻き返しに期待が持てそうだが…。

去年から大きく馬体が成長した感じはしないが、内面に関しては少なからず大人になっているだけに、本馬の積まれているエンジンの大きさを考えるとこのまま萎むようなタイプではないとみるが果たして。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

超ハイレベルな最終追い切り。その中でもこの馬の動きが目立っていたので、動き通りであれば勝ち負けになるとみた。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第80回 桜花賞(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2歳女王レシステンシアが前哨戦のチューリップ賞で3着となり連勝がストップ。阪神JFを圧巻のパフォーマンスで制し、「桜花賞は当確」との声も出ていたが、混戦の様相を呈して本番を迎えることになった。

有力視されるチューリップ賞組の他にも、シンザン記念を制したサンクテュエール、阪神JFの1番人気リアアメリア、クイーンCの勝ち馬ミヤマザクラなど多士済々。

去年のグランアレグリア、一昨年のアーモンドアイと、2年続けて休み明けの馬が制したが、今年も有力馬の大半はノーザンファーム生産馬。

“ひと叩き”というローテーションの概念が、外厩制度によって崩れたことは記憶に新しいが、GIでは、今や外厩の思惑や裏事情を掴んでいなければ、馬券の的中に近づくことは容易ではない。

無論、2戦2勝のデアリングタクト、アブレイズなど非ノーザンファームの有力馬も参戦予定。今年の桜花賞は、極めて情報力がモノを言うレースとなるだろう。

トレセンでの取材規制が厳しくなっている現在、一般マスコミは新聞のコメント取りですら難しい状況となっている。“本音”が表に出ることはまずないだろう。

ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一といった元騎手、元調教師の大物関係者が在籍する弊社シンクタンクは、その人脈も業界最高峰、情報ルートたちがあらゆる関係者と親密な関係を築いており、個別に連絡を取って話を聞き出すことができる。

こんな状況下でも、確かな関係者情報を入手してお伝えできる態勢は整えてある。

創業25年以上の弊社シンクタンクは、競馬ファンの方に少しでも競馬を楽しんでもらいたいとの思いから、今週の桜花賞の関係者情報と、馬券候補が簡単に絞れる【情報注目馬5選】を特別無料公開する。ぜひとも参考にしていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第80回 桜花賞(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク