【桜花賞2020予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、桜花賞に出走を予定しているデアリングダクト、レシステンシア、マルターズディオサ、クラヴァシュドールの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

正直今の日本の状況を考えるともう桜花賞は中止でいいと思いますが…。何かあってからでは遅いので、本当の競馬ファンだからこそ早く決断を、と思っています。

ダービー卿CT予想結果

11着◎トーラスジェミニ

ここは大外れ。出直します。

アザレア賞予想結果

1着◎フライライクバード

コーラルステークス予想結果

13着◎スマートオーディン

大阪杯予想結果

1着◎ラッキーライラック
2着△クロノジェネシス
3着▲ダノンキングリー

単勝 410

馬単 1,970

3連単 7,810

ここはほぼ理想、読み通りの結果に。先週はこの一本に全てを賭けると言ったように、大阪杯だけが唯一勝負出来そうなレースでした(アザレア賞は安すぎ、ダービー卿チャレンジトロフィーは難しすぎ)。

ラッキーライラックは牡馬撃破を期待しての本命と書いたように、頭がメインというか頭でなければかなりしょぱい結果になっていたので、勝ち切った事が全てだったような気がします。

ダノンキングリーを含め、その他印上位馬は頭は取れそうにないという評価も完璧にハマったので、クロノジェネシスが2着だった事以外は普通に買い目込みで当たりだったレースと言えるでしょうか。

先週ぐらいから徐々にエンジンがかかってきた気もしますので、今週末も競馬があれば勝負したいレースはそれなりに色気を出していこうと思います。

桜花賞一週前追い切り

デアリングダクト

馬なりではあったが、手応えの割に伸びなかったのは気になるポイントで、時計は出ていても相手に遅れを取ってしまったのは正直痛いか。フォームも硬く脚の出し方にも違和感を感じてしまうので、最終追い切りでこの辺りが改善されれば、といった感じか。

レシステンシア

前走とは違って今回は一週前は緩めに追い切ってきた。少し脚と頸を出すタイミングはズレるが、気分良く最後まで自分のリズムで走れているので、しっかりと負荷をかければまた違った動きになる可能性は高そう。身体を大きく使って動けている点にも好感が持てるが、前走とは違って内面に余裕を感じられる点もおそらくプラスに転ぶのではないだろうか。

マルターズディオサ

フォームは美しく全体的は走りとしてのバランスは素晴らしい。前半からスピードにもしっかりと乗れており、牝馬特有の柔軟性や素軽さはこの産駒の特徴でもある。ただ、飛節が伸びない事もあって力強さには大きく欠けてしまう動きで、身体の使い方の割には迫力を感じられない点はやや気になってしまうが…。

クラヴァシュドール

かなり複雑な調教メニューとなったが、動きはド派手で素晴らしいの一言。直線でエンジンがかかると調教パートナーではない馬も次々と交わし去る圧巻の動きを見せており、トモの張りや毛艶などを見ると一週前でもほぼ馬は出来ていると思っていいだろう。

気になる点をあげるなら少し気合いが入りすぎている点になるが、最終追い切りでもしっかりと内面がセーブされていれば相当怖さがある一頭と言えるので、今週極端な追い切りにならない限りはある程度の印は用意しておく必要があるのでは。一週前としては文句なしという評価。

予想オッズ

1 レシステンシア 2.9
2 デアリングタクト 5.0
3 リアアメリア 5.4
4 マルターズディオサ 5.7
5 クラヴァシュドール 8.4

最後に桜花賞の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第80回 桜花賞(GI)>

2歳女王レシステンシアは
本当に買っていいの?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

今年は、昨年の2歳女王レシステンシア、阪神JF2着・前哨戦のチューリップ賞を制したマルターズディオサ、阪神JFでは1人気に推されるも6着に敗れたリアアメリアやクラヴァシュドール、クイーンC優勝馬ミヤマザクラ、2戦無敗のデアリングタクトなどが参戦。

一昨年にシンザン記念から桜花賞に直行した異例のローテーションで優勝したアーモンドアイだが、今年も異例のローテーションとなるシンザン記念から直行するサンクテュエールが参戦。アーモンドアイに続き間隔を開けぶっつけ直行でGIを制することができるのか注目。

3歳牝馬重賞では昨年の15万馬券的中フィリーズRでは今年も馬連3020円、3連複2万2190円、3連単15万9820円の特大万馬券的中を筆頭にチューリップ賞・馬連2680円的中やクイーンCの的中があり昨年同様に牝馬重賞は競馬セブンの十八番。当然、本番の桜花賞も的中に直結する確信情報を入手済み!

阪神JF組やチューリップ賞組が中心となるが、実は虎視眈々とGIタイトルを狙う激走穴馬の存在が。「上位人気馬を纏めて負かす力はある」と豪語する人気薄激走穴馬の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『桜花賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク