【桜花賞2021予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、桜花賞に出走を予定しているソダシ、サトノレイナス、メイケイエール、ファインルージュ、エリザベスタワーの最終追い切りに関する記事を。

なお、こちらの桜花賞の勝負度、買い目付きフル予想や土曜、日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【桜花賞、NZT2021予想他】4月10,11日勝負レース

2021年追い切り注目馬

ククナ 1人気4着
ベッラノーヴァ 6人気3着
グラティアス 1人気1着
アナザートゥルース 7人気2着
サトノフラッグ 2人気11着
モズスーパーフレア 1人気17着
レッドルゼル 1人気1着
トリプルエース 2人気7着
ヨーホーレイク 2人気2着
ククナ 1人気3着
モズベッロ 5人気8着
エフフォーリア 4人気1着
マリアズハート 11人気12着
レッドルゼル 3人気4着
レシステンシア 1人気1着
トーセンスーリヤ 4人気5着
テンハッピーローズ 6人気10着
カレンモエ 1人気2着
ダノンザキッド 1人気3着
サトノダムゼル 2人気8着
エイシンヒテン 4人気11着
デアリングタクト 1人気2着
ルース 4人気9着
ランドオブリバティ 2人気7着
シャフリヤール 2人気1着
カレンブーケドール 1人気2着
マルターズディオサ 9人気8着
スマイルカナ 1人気14着
コントレイル 1人気3着

先週の追い切り注目馬はイマイチパッとせずでしたが、馬券はダービー卿チャレンジトロフィーが◎ボンセルヴィーソで、大阪杯が☆穴モズベッロで的中(買い目などは全てnoteで公開)と例のレースで帯を後一歩で逃しはしたものの、そこそこのプラスは出せました。

今週末も先週のダービー卿チャレンジトロフィーや両国特別と同じく現時点ではそれなりに色があるレースがありますので、先週以上の結果が出せるように頑張ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪杯も穴モズベッロが激走!

直近10戦7勝と最も得意とするG1桜花賞も無料公開!

【桜花賞注目穴馬】

中山記念注目馬5選

ケイデンスコール5人気→2着
バビット
ヒシイグアス1人気→1着
クラージュゲリエ
ウインイクシード7人気→3着

フェブラリーS注目馬5選

カフェファラオ1人気→1着
アルクトス
ワンダーリーデル8人気→3着
ソリストサンダー
レッドルゼル

フィリーズレビュー馬注目馬5選

シゲルピンクルビー8人気→1着
エルカスティージョ
オパールムーン
ララクリスティーヌ
ヨカヨカ3人気→2着

中山牝馬S注目馬5選

ロザムール5人気→2着
ドナアトランテ
リアアメリア
サトノダムゼル
ランブリングアレー7人気→1着

【桜花賞注目穴馬】

桜花賞最終追い切り

ソダシ

2週続けて負荷をかけられていたので、今週は馬なりでの軽い調整となった。それでもフォームの安定感や脚捌きの軽さは相変わらずで、最後も馬なりでスッと加速して手応えを十分に残したまま走り切った。

決して目立つような追い切りではなかったが、ここまでの過程を考えればかなり順調と言えるだろう。

サトノレイナス

先週かなりの時計を出していたので、ソダシ同様に今週は緩い追い切りとなった。少し頸差しのラインに硬さはあるが、この厩舎らしいといえばそれまでなので、ここは割引く必要はない。

程よく内面にスイッチも入っており、馬体の張りや筋肉量を見ても久々とは思えないほど仕上がっているので、ここはいきなりから本領発揮という感じか。

メイケイエール

相変わらず胸が広く頭の高さや内面は気になるが、調教パートナーを前に置いてもカッとなる事なく上手く折り合いはついているので、先週よりは走り方を改善してきた。

ただ、やはりというか前向きさや素軽さを見ると短距離馬にしか見えないので、相手強化のマイルは正直どうなのか。

ファインルージュ

エンジンのかかりが遅い馬ではあったが、今週は追われてからの反応はまずまずで、相手2頭をスッと交わして楽に先着出来た点からすると馬がかなり成長した印象を受ける。

少し馬体が緩く内面も活性化していない気もするが、このひと追いで変われば、という感じになる。完成までには時間はかかるが、出来は少なくとも前走以上なのは間違いないだろう。

エリザベスタワー

一応今回の追い切りでは内面をセーブ出来ているが、走りの荒さやリズムの悪さは相変わらず。気で走るタイプなので、今回は自分のリズムを崩すと全くダメというお嬢様気質が大きな課題となりそう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

なお、こちらの桜花賞の勝負度、買い目付きフル予想や土曜、日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【桜花賞、NZT2021予想他】4月10,11日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第81回 桜花賞(GI)>

無敗の2歳女王ソダシを
脅かす隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

桜花賞の優勝馬は過去に溯ると史上初の牝馬三冠馬となったメジロラモーヌやマックスビューティー(2冠馬)、シャダイカグラ、アグネスフローラ、ニシノフラワー(GI3勝)、ベガ(2冠馬)、ファレノプシス(2冠馬・GI3勝)、テイエムオーシャン(2冠馬・GI3勝)、スティルインラブ(3冠馬)、ダンスインザムード(GI2勝)、ダイワスカーレット(2冠馬・GI4勝)、ブエナビスタ(2冠馬・GI6勝)、アパパネ(3冠馬・GI5勝)、ジェンティルドンナ(3冠馬・GI7勝)、アーモンドアイ(3冠馬・GI6勝)、昨年は無敗の3冠馬に輝いたデアリングタクト(3冠馬・GI3勝)などの名牝が名を連ねる。

過去10年、人気別の成績では1人気[1.3.1.5]、2人気[5.3.0.2]、3人気[1.1.3.5]。1人気で勝利したのは14年ハープスターのみで2着も3頭と苦戦。また、単勝1倍台の圧倒的人気に推された5頭も連対したのは14年ハープスター(1着)と18年ラッキーライラック(2着)の2頭で1人気の信頼度は低い。

過去10年の平均配当は馬連3790円、3連複1万7530円、3連単11万4370円。馬連3桁配当は4度あり順当な決着も多いが馬連万馬券が1度あり荒れるケースもある。3連単最高配当は67万9300円。二桁人気の伏兵馬は13年プリンセスジャック(14人気③着)1頭のみが馬券圏に好走しているが、大波乱になるケースは少ない。

昨年はデアリングアクトが無敗で桜花賞を制し、その後も敗れる事なく3冠を達成。今年は4戦無敗の2歳女王ソダシが出走。阪神JFでは白毛馬初のGI制覇を記録。昨年に続き無敗での1冠獲りなるか注目。

阪神JFでソダシにハナ差敗れたサトノレイナスがリベンジに燃えている。ソダシ同様に桜花賞に直行するがGIタイトル奪取なるか。クイーンCの覇者アカイトリノムスメは3連勝の勢いで挑む。初の関西遠征など課題はあるが3冠馬アパパネを母に持つ良血で素質も十分だ。

その他では、ここまで5戦4勝、前哨戦のチューリップ賞を同着で優勝したメイケイエール、エリザベスタワー、フェアリーS優勝馬で2連勝中のファインルージュやアールドヴィーヴルなどがスタンバイ。桜花賞は2年連続的中。今年も馬券に直結する裏情報を極秘入手済!馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『桜花賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第81回 桜花賞(GI)>

無敗の2歳女王ソダシを
脅かす隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク