【プリンシパルステークス2020予想】+谷川岳ステークス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、プリンシパルステークスの予想を。アリストテレス、サトノフウジン、ビターエンダー、ポタジェなどが出走する芝2000mのリステッド競争。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

自粛続きで時間を持て余していますので、今日も先週同様に馬場や傾向を確認して面白そうなレースがあれば京都新聞杯の予想の方に追記するかもしれません。

とりあえず土曜はリステッド競争が大量にありますので、こちらの更新は軽くではありますが調子が良い内に数を打っておきます。

谷川岳ステークス

◎サトノフェイバー
〇アストラエンブレム
▲穴シャイニービーム
☆穴スウィングビート

本命はある意味予定通りのサトノフェイバー。気性面からレースを投げ出す事は多々あるにしろ、ツボにハマって好走した時はかなり強い競馬で上位に食い込んでくる馬。

今回も気分を害する事なく自分のリズムでレース運びが出来るかどうかがポイントになると思うが、広い新潟で競馬が出来る点はプラスに転ぶ可能性が高いので、乗り慣れた鞍上が手綱を取るここは大幅な前進に期待が持てそう。

メトロポリタンステークス

◎穴レイホーロマンス
〇タイセイトレイル
▲アフリカンゴールド
☆オセアグレイト

少頭数でもかなりの好メンバー。3走前からずっと狙い続けている馬ではあるが、待望の距離延長、コース替わりとなった今回も人気が地味と来れば馬券は本馬から組み立てるのが正解とみた。終わりそうで終わらないのがこの母の血統の良さ、強みで、ここ2走も厳しい展開の中であわやの競馬に持ち込んでいるだけに、条件が好転するここなら十分狙える馬と言えるだろう。

馬券は本命馬の2,3着付け3連単で勝負してもいいが、どうも買い目が上手くハマる気がしないレースなので、3連単は本線を中心に軽く購入する程度にして、後は無難に3連複で勝負するのが正解かもしれない。

NHKマイル穴馬3頭

NHKマイルカップ(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

NHKマイル(G1)を無料で見る

プリンシパルステークス

本命はビターエンダー

大敗した前走の皐月賞は先行馬には厳しい展開に加えて外枠を引いた事で先行するまでに脚を使ってしまった事が大きな敗因なので着順などはあまり気にする必要はないだろう。

2走前の共同通信杯では直線でダーリントンホールとの壮絶な叩き合いの末、最後の最後に差されてしまいハナ差の2着に敗れてしまったが、3着のフィリオアレグロには大きく着差を付けて先着しており、そのフィリオアレグロが先日のダービートライアルの青葉賞でも3着に入線している事を考えれば負けて強しと言える内容か。

今回はその共同通信杯を含めて1.1.1.0と一度も崩れた事のない東京での競馬は勿論、ある程度の位置からしっかりとした上りが使えるという点が今の東京の馬場にぴったりとマッチしているので、この条件であればダービーの最後の切符を手に出来る可能性はそれなりに高いと言えるのでは。

良血馬2頭の決め手は怖いが、この2頭よりも直線で早めに抜け出す展開に持ち込めばまず粘り込めるとみた。

対抗は穴ディアセオリー

全く人気はないが、ここまで敗れたレースは言い訳の出来る敗戦ばかりなので、今後まともに競馬が出来た時の一撃は警戒しておく必要があるか。前走も展開を考えると最低限の競馬は出来ており、これまで相手にしてきた馬のレベルを物差しにすれば今回の相手でも力は十分足りる馬だと思うので、スムーズな競馬が出来ればそろそろ馬券圏内がありそうな気もするが…。

どちらにしてもここは人気薄で買える事は間違いないので、この人気なら上位評価して事故を狙うのが面白いだろう。

▲にアリストテレス

派手さはないが、どんな馬を相手にしてもしっかりと着を拾ってくる良くも悪くも相手なりのタイプ。この手の馬は距離を一気に延ばしたタイミングなどで大きく化けてきそうな気もするが、おそらく今回の条件でもそれなりの着順は拾ってくると思うので、鞍上が先週のような乗り方をしない限りは馬券に絡んでくる可能性は高いとみる。

☆にサトノフウジン

脚質的に位置取りが悪くなれば取りこぼしも十分あり得ると思うが、他のレースを蹴ってここを使ってきた事を考えれば絶対に権利は取っておきたいか。ただ、兄同様にどうもそこまでの強さを感じない馬なので、この人気なら嫌ってこそのタイプと言えるのでは。

◎ビターエンダー
〇穴ディアセオリー
▲アリストテレス
☆サトノフウジン
△メイショウサンガ
△ポタジェ
△スマートクラージュ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第25回 NHKマイルC(G1)>

レシステンシア・3戦無敗馬2頭を
脅かす隠れ穴馬とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の人気別の成績では、1人気【5.0.0.5】、2人気【2.3.1.4】、3人気【1.1.1.7】と1人気が好成績も勝つか馬券圏外の成績となっている。平均配当では、馬連8270円、3連複5万9200円、3連単31万1340円と波乱傾向。

19年ケイデンスコール(14人気2着)、17年リエノテソーロ(13人気2着)、16年レインボーライン(12人気3着)、14年タガノブルグ(17人気2着)、キングズオブザサン(12人気3着)、13年マイネルホウオウ(10人気1着)、12年クラレント(15人気3着)など2桁人気が馬券圏に好走し波乱を演出している。馬連万馬券が4度、3連単では100万馬券を超える特大馬券が出ている。

ステップレース別では(過去10年)、ニュージーランドT組(4勝)、桜花賞組(2勝)、皐月賞組(2勝)・毎日杯組・アーリントンC組がそれぞれ1勝を挙げている。

今年は無傷で毎日杯を制したサトノインプレッサ(3戦無敗)、昨年の2歳女王で桜花賞2着レシステンシア、ニュージーランドTを制したルフトシュローム(3戦無敗)、朝日杯FS2着・アーリントンCを制したタイセイビジョンなど好メンバーが揃う。

昨年は◎アドマイヤマーズ(1着)から14番人気ケイデンスコール(2着)、7番人気カテドラル(3着)で決着し、馬連1万7200円・3連複9万7390円・3連単41万0680円の特大馬券をパーフェクト的中!

一昨年は13人気のリエノテソーロの激走情報を入手し馬連1万7290円、3連複5万0600円の万券ダブル的中をお届け!競馬セブンでは、今年も波乱の立役者となる人気薄の激走情報を独占入手済!今年も一撃で帯封獲得の大チャンス!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『NHKマイルC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク