【プロキオンステークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

体調不良で少し出遅れてしまいましたが、本日は日曜の中京メイン、プロキオンステークスに出走を予定しているアードラー、ウインムート、キングズガード、サクセスエナジー、サンライズノヴァ、ミッキーワイルドの最終追い切りに関する記事を。

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着

昨日も触れましたがかなりの量となってしまったので上半期の注目馬は消しました。単勝回収率100%ちょっととしょっぱい結果となりましたが、確認したい方は過去の記事をご確認下さい。

プロキオンS最終追い切り

アードラー

前半は安定したフォームで軽快に走っていたが、最後は脚があがってしまって調教パートナーに遅れを取る形に。ただ、相手はサンライズノヴァならそれも仕方なしか。一応この馬なりには走れており、大きな癖も見られないだけに極端に評価を落とす必要はないと判断。相手は強いが出来はまずまずといった感じか。

ウインムート

フォームやリズムは非常に美しいが、可動域が狭く脚もとに硬さが残っている。全体的な走りが悪い意味で軽すぎる印象で、スピード、パワーどちらも物足りなさが残る追い切りとなってしまった。いい頃の動きと比較すると完調一歩手前といったところか。

キングズガード

全体的な動きとしてはまずまずではあるが、何故か直線では進路を内に変更して追い切られている。これが今回の追い切りの違和感の原因ではあるが、気性的なもので嫌がったのであればちょっと頂けない内容。最後エンジンがかかってからはしっかりと伸びて調教パートナーを捉えるところまではやったが、違和感が違和感なだけに高く評価は出来ない。

サクセスエナジー

前半から動きがもさっとしており、活気に大きく欠けるような追い切り。追われてもイマイチ反応がなく、脚が外へ流れている点がスピードに乗り切れない理由の一つだろう。最後まで脚はあがっていないが、これといって推せるようなポイントも見当たらなかった。

サンライズノヴァ

調教パートナーであるアードラーの動きがイマイチではあったが、相手を軽く捻る余裕があった事は事実なので、これはこれとして評価しておく。追われてからの反応も良く、身体を大きく使って自分のリズムで走り切った。トモやひばらのラインに緩みはあるが、徐々に動きも良くなっているので、そろそろこの馬らしい競馬が出来ても。

ミッキーワイルド

終始馬なりの楽な追い切りではあったが、走る姿は美しく、リズムやフォームも抜群に安定している。脚もよく上がっており、負荷をかけられていれば間違いなく弾けただけの手応えを残したままゴール。馬体の張りや可動域も全く問題なしのここはきっちりと仕上がったと思っていいだろう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

追い切り通りならここは勝ち負け。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第55回 七夕賞(G3)

昨年は256万馬券決着!!
難解なレースで注目すべき馬は
「この5頭!」
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

すっかりお馴染みとなったサマーシリーズだが、七夕賞はサマー2000シリーズの開幕を告げる1戦となる。サマー2000シリーズのチャンピオンに与えられる報奨金は、馬主に3200万円、厩舎関係者に800万円と魅力十分だけに、秋のことは考えず、ココに照準を合わせる陣営も当然ながら出てくる。

ただし、チャンピオンになるためには対象レースに2度出走し1つは勝利することが最低条件であり、七夕賞から最終となる5戦目の新潟記念までは2ヶ月程度しかない。しかも、北は札幌から南は小倉までとレースが分散しているため、全てのレースに出走することはホボ不可能。だから、どこのレースで勝ちを狙い、どこのレースでポイントを稼ぐのかなど、関係者の思惑や駆け引きが複雑になってくる。更に、サマーシリーズのことは考えず、秋を見据えて賞金加算が目的の馬なども参戦してくる。

慢性的に人手不足で、しかも各地に記者が分散している新聞社など一般的なマスメディアでは、こうした思惑を踏まえた取材などできるはずもなく、ただただ表向きのコメント取りに忙殺されるのみ。夏競馬期間中はどの新聞を見ても同じようなコメントが並ぶのだが、それは当たり前で、なぜなら各社が取材を分担してコメントを使い回すから。こんな情報源を頼りに馬券を買っても、的中に近づくことは極めて難しいのは言うまでもないだろう。

実際に、七夕賞は去年が256万馬券決着で、万馬券、10万馬券以上の決着が当たり前となっているのだが、コレは一般ファンにとってどれだけ“難解”なレースであるかを物語っている。

こういったレースを攻略するのに必要なのは、確かな情報力に他ならない。シンクタンクの情報ルートには、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師など競馬界の大物達が在籍しているから、当たり障りのない表向きのコメントではなく、本物の関係者情報を入手している。

本物の関係者情報の存在を知っていただくための一環として、今週は七夕賞の【情報注目馬5選】を特別無料公開する。世の中には出回らない“ココだけの話”といった類の情報もあわせて公開するので、ぜひともこの機会を活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第55回 七夕賞(G3)

昨年は256万馬券決着!!
難解なレースで注目すべき馬は
「この5頭!」
無料で教えます

ココをクリック!

 

 

スポンサーリンク