【プロキオンステークス2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、プロキオンステークスに出走を予定しているサンライズノヴァ、ヤマニンアンプリメ、デュープロセス、スマートアヴァロン、ミッキーワイルドの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬後半

タイセイアベニール 2人気4着
サクラトゥジュール 4人気6着

先週の追い切り注目馬はどちらもダメ。予想の段階からそれなりに手こずりましたが、結果は両メイン共に波乱の結果に。

今週末は宝塚記念やエクリプスステークスのように強めに勝負したいレースはなさそうですが、福島と函館に少し色がある馬がスタインバイしていますので、後は枠と馬場次第といった感じでしょうか。

プロキオンステークス穴馬3頭

プロキオンS(G3)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

プロキオンS(G3)の予想を無料で見る

プロキオンステークス最終追い切り

サンライズノヴァ

先週は全く動けなかったが、しっかりと負荷をかけられた事で内面が活性化しており、今週は入りから気合十分の活気のある動きが目に付いていた。前脚に硬さは残っているが、身体全体を使ってノビノビと走れている点はプラスで、調教パートナーを全く相手にせず最後は楽々突き抜けた。

ただ、相手が走らなかった事もこの着差に繋がっているので、着差通りの評価をするのは少々危険と言えるか。

ヤマニンアンプリメ

緩く感じた馬体は絞れており、動きに軽さが出て脚の回転も速くなっている。ただ、終始馬なりだった事もあって全体的な動きも地味に見えるので、今回の追い切りで良し悪しを判断するのはちょっと難しい。

はっきりと言えるのはここを目標に馬をつくっているという訳ではないという点になるので、少なからず休み明けの影響はあるとみる。

デュープロセス

以前よりも馬体がすっきりとして見えるが、決して線が細く見える訳ではないので、これは仕上がりの良さとして捉えておきたい。

前半は馬なりで見栄えしない動きではあったが、ラストひとハロンの伸びとスピード感はなかなか素晴らしく感じたので、スピードを活かせる展開や馬場になれば久々でも十分やれる出来と言えるのでは。

スマートアヴァロン

脚が若干外へ流れるが、動きはパワフルで力強い。前半は調教パートナーの追い出しを待てるだけの余裕があったが、追われてからの反応はイマイチで、最後は猛追してきた相手に並ばれてしまい併入止まりとちょっと物足りなさが残る追い切りとなってしまった。

ミッキーワイルド

前半は抜け出すとふわっとする面が見られたが、雄大な馬体をフルに活かしてダイナミックに駆け抜けた。馬体の影響もあって脚捌きは少し鈍く感じるが、その割にはしっかりとスピードにも乗れており、後半相手の前に出るとそのまま一気に突き放して一人旅と後半の動きに関しては申し分ないものとなっている。

前走を使われた事で内面も活性化しており、張りのある馬体や今回の動きを見る感じではここを目標に馬をつくられた感じがするので、後は大箱向きの馬体、走りから阪神へのコース替わりがどう転ぶかが課題となるか。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

当初は嫌う予定だったが、この動きならそれなりの印は必要となるか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第56回 七夕賞(G3)>

荒れるハンデ重賞!
今年も隠れ穴馬が激走

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の平均配当でも、馬連8610円、3連複8万4440円、3連単51万5850円。3連単では100万馬券を超える超特大馬券が2度、10万馬券以上も5度出ているように大波乱が多いハンデ重賞だ。

しかし、『荒れるハンデ重賞』だが、意外と軽ハンデ馬が穴を開けるケースは少ない。過去10年で4勝を挙げているのは57キロ。48~51キロの軽ハンデ馬には馬券圏の好走は1頭のみ(3着)。軽バンデ馬では52キロが2勝しているが、直近8年での連対馬の斤量は54~58キロとなっており軽ハンデ馬は苦戦している。

過去10年の人気別の成績では、1人気[2.1.2.5]、2人気[1.2.0.7]、3人気[2.0.0.8]。1.2人気馬は3勝しているが信頼度は高くない。また、二桁人気の伏兵馬が好走したのは、19年ロードヴァンドール(12人気3着)、18年メドウラーク(11人気1着)・パワーポケット(12人気3着)、16年オリオンザジャパン(11人気3着)、15年マデイラ(16人気3着)、14年ニューダイナスティ(10人気2着)、13年タガノエルシコ(14人気3着)、12年アスカクリチャン(14人気1着)、10年ドモナラズ(11人気1着)と過去10年で9頭の二桁人気馬が馬券圏に好走。信頼度の低い人気馬よりも狙いは人気薄の伏兵馬か。

今年も波乱の立役者と成り得る隠れ穴馬の大駆け情報を極秘入手!この激走穴馬が馬券に絡めば特大馬券は間違いなし!週末情報は必ずご確認ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『七夕賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク