【ラジオNIKKEI賞2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の福島メイン、ラジオNIKKEI賞に出走を予定しているヒルノダカール、ギルマ、ゴータイミングの一週前追い切りに関する記事と先週の結果を軽く。

下半期が終了したという事で色々と反省、回顧もしたいところですが、今年の下半期に関しては反省しかなかったという事で0時更新に間に合わない為またの機会に。

プリンスOWS予想結果

1着◎クリスタルオーシャン
2着○マジカル
3着▲ヴァルトガイスト

単勝 390円

3連単 2,700円

安かったですがここはド本線的中。本命馬の頭の馬券や本線の重ね買いも上手くハマったので、何とかここ2週のマイナスを少しではありますがプラスにする事が出来ました。

最近は雨や出遅れなどに泣かされる事が多かったので当日の大雨には嫌な予感がしてしまいましたが、展開なども読み通りだったので早い段階で当たりは確信出来ました。

ただ、4着の△穴ハンティングホーンが3着なら3連単が万馬券だったので、どちらかと言えばこちらの馬券が欲しかったというのが正直なところです。

大沼ステークス予想結果

1着☆リアンヴェリテ
2着▲ロードゴラッソ
3着…プレスティージオ

5着◎フュージョンロック

アハルテケステークス予想結果

1着☆ワンダーリディル
2着…サトノアッシュ
3着…ノーブルサターン

4着◎ゴライアス

UHB杯予想結果

1着○ショウナンタイガ
2着…イキオイ
3着…センショウユウト

6着◎ルマーカーブル

パラダイスステークス予想結果

1着○ショウナンライズ
2着…ツーエムマイスター
3着…キョウワゼノビア

9着◎ロワアブソリュー

宝塚記念予想結果

1着▲リスグラシュー
2着△キセキ
3着△スワーヴリチャード

8着◎クリンチャー

午後のレースから特別レースまで単複が全て転がるという珍事はありましたが、メインで大失速。もうWIN5メインで買うのが肌に合うのかもしれません。

リスグラシューは仲の良い知り合いが出資しているので、とりあえずおめでとうと言っておきます。

【ラジオNIKKEI賞はこの穴馬が激走する】

ラジオNIKKEI賞一週前追い切り

ヒルノダカール

レースで騎乗予定の丸山を背にしての追い切り。調教パートナーを大きく前へ置いての追い切りとなったが、途中他厩舎の追い切りと重なってしまってごちゃつく場面がみられる。それでも折り合いなどを欠く事なく抜群の手応えで直線へ。エンジンがかかると身体を大きく使って力強く走り、調教パートナーをしっかりと捕らえて楽な手応えのままフィニッシュ。

前半は少し気持ちが入りすぎている印象を受けたが、後半は上手く身体を使って走れていたのでここに関しては大きく割り引く必要はないと判断した。最終追い切りでこれ以上うるさくならなければ面白い。

ギルマ

レース間隔があいている事もあって馬体全体に余裕がある事は確かではあるが、久々の割には追われた時の反応が良く、身体に余裕がある割には走りのリズムも良くみえる。ただ、可動域の狭さや脚捌きの鈍さは気になるポイントで、ここが改善されない事には何とも、という感じ。久々の影響はそれなりにありそうだが、今回のひと追いで馬体が引き締まればそれなりにやれそう。一応可もなく不可もなくという評価としておくが、高いレベルで安定している。

ゴータイミング

前半はやや行きたがる仕草をみせるが、最低限の折り合いはついている。追われてからのフォームが綺麗で、頸の使い方やリズムの取り方もなかなか上手く感じる。馬体に程よく柔らかみがあり、地面を蹴る力やエンジンがかかってからのスピードも想像以上のもの。

ただ、今回は時計が出やすい時間帯だった事も動きに影響していると思うので、今週の追い切りで全てを判断するのが正解と言える馬かもしれない。

予想オッズ

1 ブレイキングドーン 4.5
2 ディキシーナイト 4.8
3 ランスオブプラーナ 4.9
4 ヒシイグアス 5.2
5 レッドアネモス 8.5

ハンデ戦なのでハンデ次第という事になりますが、ここは大混戦レースとなりそう。ただ、圧倒的に宝塚記念よりも楽しみなレースです。

最後にラジオNIKKEI賞の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

適性を考えるとここがツボという馬ではないが、当然ここは注目でしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第68回 ラジオN賞(G3)>

波乱の立役者となる穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人気馬の成績は、1人気[2.3.1.4]、2人気[4.1.1.4]、3人気[1.1.0.8]。目立つのは伏兵馬の好走で、15年マルターズアポジー(12人気3着)、13年カシノピカチュウ(14人気2着)、12年オペラダンシング(16人気3着)、09年サニーサンデー(13人気2着)と二桁人気馬が馬券圏に入り波乱の立役者となっている。平均配当は馬連7390円、3連複3万1540円、3連単19万7730円。馬連万馬券が2度、3連単10万馬券以上が4度も出たいるように荒れるハンデ重賞である。

ステップレースでは、500万下組(3勝)、1000万下組(2勝)、青葉賞組(2勝)、プリンシパルS組(2勝)。オープンでは白百合S組から優勝馬は出ていないが2着3回と馬券に絡んでいる。オープン組ではプリンシパルS・白百合S組が要注意。

ラジオNIKKEI賞は直近5年で4度的中のドル箱重賞!昨年も◎〇1点目にてズバリ的中!今年は確固たる本命馬不在で波乱含み。実は競馬セブンでは波乱の立役者と成り得る激走穴馬の存在をスクープ!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ラジオNIKKEI賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク