【ラジオNIKKEI賞2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の福島メイン、ラジオNIKKEI賞に出走を予定しているアルサトワ、ルリアン、サクラトゥジュール、パラスアテナ、グレイトオーサーの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

とりあえず今週から後半戦突入という事で追い切り注目馬も一度リセットします。

2020年追い切り注目馬後半

※※※※

今年の前半は去年に比べると爆発力に欠けるような結果となってしまったので、後半は毎週好走馬を指名する事は勿論、馬券同様に大きな一撃を出せたらと思っております。

CBC賞の穴馬3頭

CBC賞(G3)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

CBC賞の予想を無料で見る

ラジオNIKKEI賞最終追い切り

アルサトワ

3頭併せでしっかりと負荷をかけてきたが、手応えがギリギリな点と頸と脚を出すタイミングが合わない点はマイナス。それでも前走を使われて反応は随分と良くなっているので、前半から自分の形で競馬が出来ればそれなりにやれてもいい気もするが。

馬体が完成するのはまだ先になると思うが、現時点でやれるだけの事はやったという動きでもあるので、出来に関しては決して悪いものではないだろう。

ルリアン

前半から気合い乗り十分で、脚を大きく上げて力強く駆け抜けてきた。頸を使えていない点やキズナ産駒にしてはスピード感に欠けている点は気になるものの、先週からかなり動けていた馬なだけにこれはまず仕上がったと思っていいのではないだろうか。

身体の使い方やフォームからすると完成度もそれなりに高い馬だと思うので、他馬と比較になっても全く劣っている感じもしなかった。これだけ力強く走れていれば道悪になっても大丈夫だと思うので、馬場不問で怖さがある一頭と言えるか。

サクラトゥジュール

少し癖が強い馬なので追い切りの内容にも注目していたが、今回は悪い癖を出す事なくスムーズに走れていた。身体の使い方も非常に上手く、豪快な脚捌きでガツガツ地面を蹴り上げてパワフルに駆け抜ける姿はまるで古馬のよう。

ジョッキーが乗っていたとはいえ、当日の馬場を考えるとかなり動けている部類に入ると思うので、ここはしっかりと力を出し切れる出来に持ってこれたとみた。ただ、発汗が目立つ点は割り引きが必要となる。

パラスアテナ

内面を考慮して馬なりでの調整。古馬2勝クラスを4馬身追走して馬なりで併入とまずまずの動きをみせたが、若干馬体に緩さが残っているので、このひと追いである程度絞れて欲しい。

多少癖は見られるが、今回の追い切りではうるさい面は見せていなかったので、このまま落ち着いてレースに臨む事が出来れば…という感じになるか。ただ、フォームの乱れや脚が流れている点はマイナスになるので、ここでメイチという感じはしない。

グレイトオーサー

レーンを背にウッドコース単走追い。馬なりでの調整ではあったが、身体を大きく使って力強く伸びる姿は素晴らしい。ただ、前向きさがありすぎる事もあってフォームが乱れる場面も見られたので、レースでも能力以上に気性面が課題となりそう。

少し肩の筋肉量が寂しく見えてしまう点からすると前走を使ったダメージは少なからずあったと思うので、後は緩められた調整でどこまでやれるか。血統面からしても能力がある馬なのは間違いないが…。発汗の量からしても気難しい面が足を引っ張りそうな気も。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第69回 ラジオNIKKEI賞(G3)>

隠れ穴馬が波乱の立役者になる

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人気馬の成績は、1人気[2.3.1.4]、2人気[4.1.0.5]、3人気[2.1.0.7]と上位人気馬が8勝しているが1人気で優勝したのはゼーヴィント、アンビシャスの2頭のみ。伏兵馬の好走は、15年マルターズアポジー(12人気3着)、13年カシノピカチュウ(14人気2着)、12年オペラダンシング(16人気3着)と二桁人気馬の3頭が馬券圏に入り波乱の立役者となっている。

平均配当は馬連6340円、3連複2万9160円、3連単17万7220円。馬連万馬券が1度、3連単10万馬券以上が4度も出ているように荒れるハンデ重賞である。

ステップレースでは、500万下組(3勝)、青葉賞組(2勝)、プリンシパルS組(2勝)、京都新聞組(1勝)、白百合S組(1勝)、1000万下組(1勝)。オープン組ではプリンシパルS・白百合S組が要注意。

ラジオNIKKEI賞は直近6年で4度的中のドル箱重賞!荒れるハンデ重賞だが今年も波乱の立役者と成り得る隠れ穴馬の存在をスクープ!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ラジオNIKKEI賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

 

スポンサーリンク