【ラジオNIKKEI賞2020予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の福島メイン、ラジオNIKKEI賞に出走を予定しているベレヌスの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

とりあえず中央競馬も前半戦終了。

毎年のように目標にしている超大爆発は日本ダービーで達成出来ましたが、今年もまだまだ課題を残した前半。

どこかのタイミングで振り返る事も必要なのかもしれませんが、とりあえず今日は目先のレースという事でいつものように淡々と更新していきます。

と普通の事を書いて終える月曜日を予定していましたが、今年の宝塚記念は◎モズベッロ◎ワーザーに続いての大失態をやらかしてしまいました。

東京ジャンプステークス予想結果

8着◎アズマタックン

アハルテケステークス予想結果

5着◎コズミックフォース

普通に当たったと思いましたが、ギリギリ飲まれてしまいました。

江の島ステークス予想結果

1着◎ボッケリーニ

花のみちステークス予想結果

3着◎サンライズセナ

今週の予想で宝塚記念に並ぶ自信ありレース。馬単、最低でも馬連まで欲しかったですが、ここは最低限のワイドと3連複のみというしょっぱい結果に。

パラダイスステークス予想結果

6着◎グランドロワ

土曜に続いて普通に当たったと思いましたが飲み込まれてしまいましたその2。

宝塚記念予想結果

1着△クロノジェネシス
2着…キセキ
3着◎モズベッロ

複勝 1,280円

ワイド 3,910円

さぁ、反省会の始まりです。

今に始まった事ではありませんが、とにかく人気薄は買えるのに人気が買えない。

注目度の高い宝塚記念という事もあって普段は競馬をしない人からも沢山連絡を頂き、本命は◎モズベッロで揺るぎなし、ほぼ間違いなく帯が取れるでしょうとかなり大きな事を言っていた事もあり、レース後はおめでとうの連絡ラッシュ。

ただ、帯どころか払い戻しは半帯にも届かず、ほぼ複勝で回収した数十万のみの回収と◎ワーザーの年のように泣くに泣けない結果となりました…。

う~ん…。こればかりは終わった後に考えても難しい。

クロノジェネシスはほぼやっつけ程度の△、キセキは迷わず消しだったので、この3連系はやはり取れない。

本来であればここで帯を取って気持ちよくブログ予想を引退というシナリオも頭にあったのですが、ちょっとこれでは引くに引けない(普通この印で外すならとっととやめてしまえという声しかないと思いますが)。

ただ、前半戦は狙ったレースは大振りしてもある程度当たっている年ですので、今週末も懲りずに大振りして一週遅れの帯を取れたらと思います。

なお、宝塚記念の件で沢山の連絡を頂いておりますが、さすがに元気がなく今のところ全く返信出来ていない状況ですので、これからボチボチ返していこうと思っております。

【ラジオNIKKEI賞はこの穴馬が激走する】

ラジオNIKKEI賞一週前追い切り

ベレヌス

血統はかなり地味ではあるが、キャロットクラブで募集された時からそれなりに期待していた一頭なので、前走人気薄で勝利した内容は本物だと思っている。

動きに関しては荒さがあって身体の使い方もまだまだ分かっていない感じもするが、負荷をかけられた分だけしっかりと伸びた点は評価出来る。ただ、頸と脚を出すタイミングは終始合わず、やや外へ流れ気味になっている点は割り引きが必要となるか。

それでもこじんまりとした馬体の割には動きが大きく見える点、馬体には比例しないトモと肩のつくりなどを見るとまだまだ上を目指せそうな馬と言えるので、当時評価した通り、お値段以上の実績を残せるだけの存在なのは間違いないとみる。

予想オッズ

1 キメラヴェリテ 4.5
2 パラスアテナ 4.9
3 ルリアン 5.1
4 パンサラッサ 5.3
5 サクラトゥジュール 8.9

最後にラジオNIKKEI賞の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

今週も現時点では宝塚記念と同じぐらい勝負したいレースが2レースほどありますので、一週遅れの帯にご期待下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第69回 ラジオNIKKEI賞(G3)>

隠れ穴馬が波乱の立役者になる

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人気馬の成績は、1人気[2.3.1.4]、2人気[4.1.0.5]、3人気[2.1.0.7]と上位人気馬が8勝しているが1人気で優勝したのはゼーヴィント、アンビシャスの2頭のみ。伏兵馬の好走は、15年マルターズアポジー(12人気3着)、13年カシノピカチュウ(14人気2着)、12年オペラダンシング(16人気3着)と二桁人気馬の3頭が馬券圏に入り波乱の立役者となっている。

平均配当は馬連6340円、3連複2万9160円、3連単17万7220円。馬連万馬券が1度、3連単10万馬券以上が4度も出ているように荒れるハンデ重賞である。

ステップレースでは、500万下組(3勝)、青葉賞組(2勝)、プリンシパルS組(2勝)、京都新聞組(1勝)、白百合S組(1勝)、1000万下組(1勝)。オープン組ではプリンシパルS・白百合S組が要注意。

ラジオNIKKEI賞は直近6年で4度的中のドル箱重賞!荒れるハンデ重賞だが今年も波乱の立役者と成り得る隠れ穴馬の存在をスクープ!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ラジオNIKKEI賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク