【レディスプレリュード2018予想】本命クイーンマンボ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は11日(木)の大井メイン、レディスプレリュードの予想を。アンジュデジール、クイーンマンボ、プリンシアコメータ、リエノテソーロ、ワンミリオンスなどが出走するダート1800mのJPN2レース。

今週は一口馬主関係の記事の作成がありますので、交流重賞の記事に関しては早めに投稿していきます。

秋華賞に関する記事はこちら

3点勝負買い目を無料公開

レディスプレリュード

本命はクイーンマンボ

去年のレディスプレリュードはホワイトフーガに8馬身差をつける圧勝。その後、約1年間勝ち星から遠ざかっているが、故障してしまって順調さを欠いた事も着順に大きく影響しており、その点を考えるとよく頑張っているといえるのでは。

前走のブリーダーズゴールドカップは3着とはいえ、少し物足りなさが残るレースとなってしまったが、少なからず不良馬場の中で57キロというハンデが響いたと思うので、今回の馬場でハンデが56キロになるのはプラスになるだろう。

何より平安ステークスで、サンライズソア、クインズサターン、ミツバ、グレイトパール、テイエムジンソクといった強力な牡馬を相手に2着に入線した実力の持ち主。距離もおそらくこのぐらいの方が合っているので、今回は前走からの変わり身に期待が持てるはず。

対抗は人気ブログランキングへ

近走はワンパンチ足りない競馬が続いているが、大井の1800m戦ならそろそろこの馬の出番があってもいいのでは。ここ2,3走のレースも大きく負けてはおらず、牡馬を相手にしても大崩れする事なく走っている点は素直に評価したい。特に2走前のレースでは厳しい展開の中で最後まで垂れる事なく粘っており、勝ち馬が勝ち馬なだけに非常に中身のあるレースだったと言える。

今回は相手は揃ったが、この舞台設定で牝馬同士の戦いであれば久々の好走がみられてよさそうで、復活があるとすればここではないだろうか。

▲にアンジュデジール

エルムステークスはさすがに上位との力差を感じたレースではあったが、牝馬という事を考えると検討した部類では。2走前はクイーンマンボ、3走前はプリンシアコメータに勝利しており、去年よりも力をつけての出走となる今回は、その去年以上の結果に期待が持てるのではないだろうか。こちらは本命馬と違って距離は延びた方がいいタイプなので、今回の距離延長は歓迎といえる。

☆にプリンシアコメータ

前走はラビットランには千切られてしまったが、重馬場適性の差が大きく関係した結果なので着差は気にする必要はないか。むしろ目標にされながらもしっかりと粘った点や、3着馬のクイーンマンボにつけた着差を評価すべきレースだろう。過去にはアンジュデジールを相手に1キロ重いハンデを背負って差のない競馬をした経験もあり、相手の能力を考えると本馬もそれなりに高い能力の持ち主と言えるので、ここは鞍上のアシストがあれば再び上位争いに加わってくるのでは。

◎クイーンマンボ
人気ブログランキングへ
▲アンジュデジール
☆プリンシアコメータ
△リエノテソーロ
△ブランシェクール

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第23回 秋華賞(G1)

好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

桜花賞、オークスを完勝したアーモンドアイにとって3冠が懸かる1戦だが、陣営が選択したのはブッツケでの参戦。桜花賞もシンザン記念からの臨戦で圧巻のパフォーマンスを見せただけに、死角らしい死角が見当たらぬとも言え、この馬が主役であることは事実。しかし、競馬に『絶対』が無い以上、蟻の一穴から崩れる可能性はゼロではない。

ただ、むしろ不安が残るのは春の上位馬たち。2歳女王ラッキーライラックはローズSを回避し、予定外のローテーションで本番へ。そして、オークス2着のリリーノーブル、同4着レッドサクヤ、同5着マウレアも戦線離脱し、オークスで人気の一角だったサトノワルキューレまでもが年内休養が決定している。しかし、この状況に「馬券的には面白くなってきたで」とほくそ笑むのが、事情通の某関係者だ。

「アーモンドアイは別格としても、ラッキーライラックも万全じゃないんやったら、他は横一線みたいなもんやろ。それでも2頭に人気が集中するんやったら、オイシイ馬券を狙えるチャンスがあるちゅうことや。○○○○○○○○○な、春とは馬が全然違うわ。『勝てる』とは言わんかったけど、コレは○○も楽しみにしとったで」

世間一般の興味、マスコミの取材はアーモンドアイへと集中するだけに、某関係者が狙う○○○○○○○○○だけでなく、他陣営に対するマークは薄くなるのが必定。そうなれば、あらゆる関係者からを確かな話を入手することができる当社シンクタンクの情報力が生きることになる。“1強ムード”の時ほど、ヒモが紛れて高配当決着になることは、GIのみならず平場戦でもよくあることをご存知の方は少なくないはずだ。

そこで、今年は重賞特捜部も自信を持って狙う【秋華賞・◎-穴1点馬券】を特別に無料公開する。馬券を購入される方にとって、知っておいて損はない情報となることは間違いない。是非とも競馬関係者が入手した生の情報をチェックして頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第23回 秋華賞(G1)

好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク