【レパードステークス2018枠順確定前】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の新潟メイン、レパードステークスに出走を予定しているアドマイヤビクター、アクトレス、グリム、グレートタイム、コマビショウ、ドンフォルティス、ビッグスモーキーの最終追い切りに関する記事を。

なお、本日も出先からの更新となりますので、画像なしに加えていつもよりも軽くの更新となりますのでご了承下さい。

小倉記念に関する記事はこちら

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 小倉記念(G3)

昨年の小倉記念でも◎サンマルティン○タツゴウゲキの大本線決着にて【3連単3万1040円】を含む完全的中を会員の皆様にお届け。この春も、宝塚記念では10番人気ワーザー、安田記念では9番人気モズアスコットを本命視し、サマー2000シリーズの函館記念でも5番人気エアアンセムから的中を掴み獲っている。

既に今年の小倉記念でも【激走穴情報馬】をマーク済み、万馬券決着は濃厚と睨んでおり、この馬が高配当のカギを握ることになるだろう。通常、こういった情報を無料公開することは極めて少ないのだが、今週は特別も特別、当社の実力を知って頂くべく、シンクタンクを初めてご利用する方に限り、小倉記念の【3連単勝負馬券】を無料公開させて頂く。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


ココをクリック!

レパードS最終追い切り

アドマイヤビクター

フラつく場面も多々見られ、頭の位置も安定せず高さも目立つ。脚捌きも多少重苦しく感じるが、そもそもフォームがゆったりとしているのでここは大きく割り引く必要はなさそう。軸がブレていて頭の位置が安定しない割には頸と脚を出すリズムはあっており、後脚をみても力強さを感じる。走れる状態ではある。

アクトレス

ストライドが大きく非常にリズム良く走れている。脚の回転はやや遅いが、ここは可動域の広さと比例しており、ダイナミックなフォームからしてまずマイナスになる事はない。軸は安定しているとは言えないが、頸の使い方をみても未完成ながらしっかりと走れており、最後の伸びもまずまずだったのでしっかりと力は出し切ってくるのでは。好調。

グリム

前を走る馬の影響もあってか、道中少し外に膨れてしまうが、脚の上がり方をみても特別悪い印象は受けない。強く追われている訳ではないので動きに派手さはないが、脚と頸のリズムは抜群で、最後の手応えを見てもまだまだ余裕がある点からして調子が悪い訳がない。軸に大きなブレもないので出来に関して不安はなさそう。

グレートタイム

かなり楽な長期となったが、全体的な動きとしては水準以上。ただ、ステッキを抜かれてからの反応はまずまずと言った感じも、そこから弾けない点は少々割引が必要か。最後までパートナーと馬体を併せる形となったが、相手が併せてくれたという感が強く、どちらの馬も強く追えばまた内容はガラッと変わったのでは。評価に困る調教ではあるが、負荷がかかっていない分のマイナスは必要か。

コマビショウ

かなり負荷をかけられた追い切り。これだけ追われると流石にしっかり走るので、どこまでフォームが安定しているかは判断出来ないが、追われた割には脚が上がっておらず、ついていくことが出来ない。ラストは何とかパートナーには先着したものの、手応えには全く余裕がない点や最後の反応、伸びからして褒めれるような調教内容ではなかった。

ドンフォルティス

ラチと調教パートナーを頼った感はあるが、一応真っ直ぐ走れている。手応えは終始楽で、最後までパートナーに併せる形となったが、追われればいつでも弾けるぐらい余裕も感じたので、これはこれで好感が持てる調教。ただ、気持ち線が細く、胸前の厚みなども感じられない点は気になった。それでも動きとしては合格点。

ビッグスモーキー

動きがとにかく大きく、ダイナミックで力強い。負荷も程よくかかっており、追われた分だけしっかりと伸びた。頸をみると多少硬さを感じるが、フォームは安定しており、リズムも抜群に良く見える。四肢の可動域、トモの張りとどちらも十分といえ、かなり意欲的な調教だった。まず好調。

最後にレパードSの追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

これは非常に良い動きにみえた。人気もそこそこだと思うので狙えるのでは。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 小倉記念(G3)>

自信のペナルティ付き!もし、この
小倉記念を3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

90年以降の優勝馬ではナイスネイチャ(重賞4勝)、イクノディクタス(重賞4勝)、ヒシナタリー(重賞4勝)、ロサード(重賞4勝)、メイショウカイドウ(重賞5勝)、ドリームジャーニー(重賞7勝・内GI3勝)、イタリアンレッド(重賞3勝)、サトノノブレス(重賞4勝)などがおりGI馬も輩出。また、ロサードは01年・03年に優勝、メイショウカイドウは04年・05年に連覇するなどリピーターの好走も目立つ。

2006年からはサマー2000シリーズの第3戦に指定され、シリーズチャンピオンの行方を占う意味でも重要な一戦となっている。昨年の優勝馬タツゴウゲキ、14年2着馬マーティンボロ、11年優勝馬イタリアンレッド、09年2着馬ホッコーパドゥシャがサマー2000シリーズのチャンピオンに輝いている。

昨年、小倉記念で初重賞制覇したタツゴウゲキは新潟記念も優勝しサマー2000シリーズのチャンピオンに輝いたが、直近3年の優勝馬は小倉記念が初重賞制覇だったように、調子が良い夏の上がり馬が勝ち上がっている。今年は果たして!?実は競馬セブンでは、人気の盲点となる激走穴馬の勝負駆け情報を独占入手!紙面上には載らない裏の極秘スクープのヤリ話!週末情報は必見です!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『小倉記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 小倉記念(G3)>

自信のペナルティ付き!もし、この
小倉記念を3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク