【栗東ステークス2020予想】本命マルカソレイユ

スポンサーリンク


こんにちは。

続いて日曜の京都メイン、栗東ステークスの予想を。サクセスエナジー、ファッショニスタ、アードラー、ダノンフェイス、ドライヴナイト、レピアーウィットなどが出走するダート1400mのリステッド競争。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

明日もおそらく先週ほど数は打たないと思いますが、東京メインの予想にはまだまだ時間がかかりそうなので、とりあえず京都メインの予想から更新しておく事にします。

なお、午後のレースで買いたいレースがあればいつものようにメインの記事(ヴィクトリアマイルの予想記事)、の方に追記する予定です。

ヴィクトリアマイル穴馬3頭

ヴィクトリアマイル(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

ヴィクトリアマイル(G1)を無料で見る

栗東ステークス

本命はマルカソレイユ

オープンに上がってからの2戦が共に内容のある競馬で、2走前のギャラクシーステークスは上位に入線したスマートダンディー、スマトアヴァロン、スズカコーズラインがその後のレースでも結果を残しているレベルの高い一戦となったが、直線で上手く馬群を捌いて勝ち馬から0.6秒差の5着。

前走の名鉄杯でも内で競馬をした馬が想像以上にしぶとかったが、直線に入った時にはその2,3着の馬を一気に飲み込むかと思うぐらいの勢いで伸びてきたので、クラス慣れが見込める今回はそろそろ馬券圏内が狙えそうなタイミングと言えるのでは。

相手は一気に強くなってしまうが、メンバーを見ると明らかに先行馬が少ない組み合わせ、更にハンデは裸同然の52キロとなれば付け入る隙は十分あると思うので、ある程度出す競馬を選択すれば粘り込みがあるとみた。

対抗はファッショニスタ

前走は案外な結果に終わったが、5.6.0.1と本来の持ち場である1400m戦での競馬ならさすがに前走のような事にはならないだろう。

これまで京都コースでは突き抜けた事はないが、ここまでの実績や他馬とのハンデ差を考えると負けられないぐらいの一戦と言えるので、後は鞍上がどこまで普通に乗れるかがカギとなる。

▲にサクセスエナジー

ローテ的にはピンパーのような気もするが、ハンデ59キロを背負って勝利した前走の天王山ステークスの内容が圧巻だったので、トップハンデでも58キロで競馬が出来るなら今回も前走に続いて引き続き警戒が必要な一頭と言える。

手の合う鞍上からの乗り替わりだけはマイナスも、前々で上手く流れに乗る事が出来れば簡単に垂れるような馬ではないだろう。

☆穴に人気ブログランキングへ

今の京都のダートの傾向を考えると本命にしてもいいぐらいの馬ではあるが、展開に大きく左右されるタイプなだけにあまり強気な印を打つ事は出来なかった。

ただ、近走も着順ほど大きくは負けていない馬で、戦ってきた相手のレベルも相当高い事を考えると今回の相手であれば十分狙える存在と言えるだろう。

◎マルカソレイユ
〇ファッショニスタ
▲サクセスエナジー
☆穴人気ブログランキングへ
△ダノンフェイス
△タマモカトレア
△ドリュウ
△メイショウアリソン
△ドライヴナイト

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第15回 ヴィクトリアマイル(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大半の古馬牝馬にとって、春の最大目標となるレースだが、あくまで“大半”であり、“全て”でないことは頭に入れておかねばならない。

今や牝馬が現役最強というケースが珍しくなくなったため、ヴィクトリアマイルを大目標としない、出走しないケースも増えた。現役最強レベルの馬がココを勝っても、確かにそう箔にならず、賞金面を考えても……ということもあるだろう。

また、3週後には同じ東京マイルの安田記念が控えており、今では香港など海外遠征という選択肢も当たり前となった。有力馬を多数抱える大手牧場にして見れば、“使い分け”しやすい状況にもある。

今年は海外遠征が難しい状況とは言え、ノームコア、ラヴズオンリーユー、ダノンファンタジーといったGI馬が名を連ねるだけでなく、アーモンドアイまでが参戦を表明することになった。

これは、大きな出来事であることは間違いない。

今年はドバイが中止になったが、去年はドバイから安田記念へ直行、3着とは言え致命的な不利を受けており、誰もが「まともであれば勝っていたのでは……」という内容だった。にも関わらず、今年は安田記念でなくココ、この選択が意味する思惑を的確にジャッジする必要がある。

「牝馬同士ならアーモンドアイの1強」

そう断ずる人間は少なくないだろう。

しかし、有馬記念を思い出して欲しい。単勝1倍台の圧倒的人気となりながら9着に大敗。初めて馬券圏外に沈んだ。5馬身差で圧勝したのは当社◎リスグラシューで、5万7860円的中をズバリ◎○大本線1点目的中で仕留めた。

当時も香港遠征を取り止めて急遽の参戦、しかも同じ牝馬のリスグラシューに負けたのは事実なのである。

つまり、「アーモンドアイで決まり!」と、短絡的に考えるのは早計ということだ。

過去を紐解いてみても、ウオッカがエイジアンウインズに敗れ、ブエナビスタも勝ちを逃し、2015年には2000万馬券も飛び出た、ひと筋縄ではいかぬレース。慎重にジャッジせねばならない。

そのために必要なのが、確かな本物の関係者情報。一般ファンでは入手できる代物ではないが、そこは名馬サクラスターオーを育てた平井雄二元調教師率いる、シンクタンクの重賞メイン特捜部にお任せいただきたい。

ヴィクトリアマイルを攻略すべく、情報収集からデータ分析まで、あらゆる手を尽くしてこのレース攻略に臨んでいる。

無観客競馬、取材規制で一般ファンには、なかなか情報が入りづらい状況を鑑みて、弊社シンクタンクは、特別に関係者情報の無料公開を行っている。

今週はヴィクトリアマイルの情報を、馬券が簡単に絞れる【情報注目馬5選】とともに公開する。ぜひとも活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第15回 ヴィクトリアマイル(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク