【ローズステークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、ローズステークスに出走を予定しているシャドウディーヴァ、シゲルピンクダイヤ、ビーチサンバ、ダノンファンタジー、メイショウショウブ、スイープセレリタスの最終追い切りに関する記事を。

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着
ダノンスマッシュ 1人気1着
モーベット 2人気8着
レザネフォール 4人気4着
ショウナンバッハ 14人気6着
プールヴィル 7人気13着
マテラスカイ 5人気7着

先週の追い切り注目馬は地味な人気の馬がある程度目立った動きをしていたので狙っていきましたがどちらもダメ。馬券の調子は非常に良いですが、どうもこちらの調子がイマイチ上がってきません。これ以上連敗する訳にはいかないので今週こそは面白そうな馬をみつけたいと思います。

ローズステークス最終追い切り

シャドウディーヴァ

頭が高く頸の可動域の狭さとフォームの硬さが目に付くが、リズムの乱れはなく脚捌きは非常に軽快なものだったので、ここに関しては多少の割り引きとしておく。追われてからの反応やスピード感などあまり動きが目立たないというのが素直な評価となるが、久々でも素軽い点や身体の使い方が上手い点など褒められるポイントがある事も事実ではあるので、良い意味で平凡な動きという評価がしっくりとくるか。

シゲルピンクダイヤ

先週の段階でほぼ馬は出来ていたが、今週も調教パートナーに馬体を併せてしっかりと負荷をかけてきた。追われてからの反応はかなり良くなっており、頭の高さや刺さる癖などが改善されている点にも好感が持てる追い切りだった。相手の動きがちょっと物足りないというのが正直なところではあるが、それでも一気に突き放して最後の最後までグイグイと伸びた点は素直に評価出来るもので、先週に続いて良い追い切りを消化出来たと言えるだろう。

ビーチサンバ

胸が広く脚が外へ流れており、脚捌きの鈍さとリズムの悪さが目に付く。馬体にもまだ余裕があって身体を持て余すような走りとしているが、一応ラスト1ハロンの動きに関しては素軽く軽快という評価をしておきたい。前脚の硬さと四肢の可動域の狭さを差し引いてもお釣りはくる計算になるが、絶好時の動きと比較すると多少劣って見えるので、あくまでも前哨戦としての仕上げと考えるべきだろう。

ダノンファンタジー

先週同様に前半から折り合いに苦労しており、今週は先週以上に行きっぷりが半端なく、結局直線に入っても全く気持ちをセーブする事が出来ずそのままエンジンをかけられてしまった。ただこれでも余力十分という感じで、直線で軽く追われただけですっと加速して一気に突き抜ける。

先週の追い切りで感じたこじんまりとした動きもかなり解消されており、可動域の広さと脚捌きをみても態勢は整ったと思っていいだろう。これはいきなりから動けそう。

メイショウショウブ

少し追われてフラつく場面はみられるが、脚の出し方やリズムに違和感は感じない。ただ、全体的に線が細く感じるので、案外前走を使ったのがマイナスになる可能性も考えられるが、素軽さとスピード感は抜群なので、これはこれでギリギリの仕上げとして捉えておきたい。最後のいきっぷりを見ると距離短縮で厚い印を打ちたくなる馬ではあるが、今回の距離ならまだ許容範囲内と言えるか。

スイープセレリタス

胸が広くフォームはぎこちないが、何故かこれでもしっかりとスピードに乗る事が出来ている。この厩舎にしてはしっかりと負荷もかけられており、ただ優等生を甘やかせて育ててきたという訳ではなさそう。一応最後の1ハロンだけで外の相手をまとめて面倒を見るが、調教パートナー2頭の動きが微妙だったという事も確かではあるだけに、先着出来たという事はあまり考えない方がいいのかもしれない。それ以上に動きの乱れを指摘しておく。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここはこの馬が文句なしでしょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第37回 ローズS(G2)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

無傷の4連勝で樫の女王に輝いたラヴズオンリーユーは秋華賞へ直行、桜花賞馬グランアレグリアはスプリンターズSへと路線を変更し、クラシックホース2頭が前哨戦には姿を表さずブッツケ本番へ。今年の春のGI戦線で、従来のローテーションを打破して結果を出して見せたノーザンファーム生産馬らしい選択とも言え、秋も外厩主導の“使い分け”が馬券攻略においても重要なファクターの1つとなるだろう。

クラシックホース2頭が不在ではあるものの、ローズSは最後の1冠に向けた王道ステップレースだけに、今年も2歳女王ダノンファンタジー、桜花賞2着馬シゲルピンクダイヤ、その他にもウィクトーリアやビーチサンバといった春の実績馬達が参戦を予定。夏の上がり馬達との対決もあり、本番を占う上で重要なレースであることは変わりない。

注目すべきは、外厩主導の“使い分け”の色が濃くなった近年、クラシック好走馬達が苦戦し始めていることだ。サトノワルキューレ、ファンディーナと1番人気がともに着外に敗れ、条件馬の台頭が目立つようになってきているのだ。実は、今年もオークス1~3着馬が不在。22万馬券決着となった去年と近い状況であることは、注目しておくべきであろう。

ハッキリと陣営が公言することはまずないが、前哨戦は「本番前の叩き台」の陣営もいれば、「本番では歯が立たないからココが勝負」の陣営もおり、条件馬であれば「何としても本番に出たいから3着狙いの競馬をしてもらう」など思惑は様々に存在する。世間に出る陣営のコメントは前向きなものばかりだが、実情はそう単純ではない。

そういった裏にある本音を聞き出しているのが、我々シンクタンクの情報ルート達だ。それができるのも、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一元騎手、元調教師など競馬界の大物OBが在籍し、今なお関係者達との密な繋がりをもっているから。サクラスターオーの平井雄二元調教師が『重賞メイン特捜部』の責任者を務めているから、シンクタンクは重賞の情報にも強いのだ。

既に、今週のローズSの裏ネタ、裏話は続々と入ってきている。そこで、今週はローズSの関係者情報と【情報注目馬5選】を特別に無料公開。ローズSの馬券はもちろん、秋のGIで馬券を獲りたいのであれば必見だ。月曜に行われるセントライト記念の5選も合わせて公開する。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第37回 ローズS(G2)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク