【マーチステークス2020予想】+六甲ステークス

スポンサーリンク


こんばんは。

続いて日曜の阪神メイン、六甲ステークスの予想を。アイスストーム、ウーリリ、サトノアーサー、サトノフェイバー、ランスオブプラーナなどが出走する芝1600mのリステッド競争。

急遽マーチステークスの予想をメインで更新する事にしましたので、阪神メインの予想は軽く。

六甲ステークス

人気ブログランキングへ

ローテは微妙ではあるが、この馬場ならそろそろ出番がありそうな気も。人気も地味なので軽く購入して事故を待ちたい。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

六甲ステークス

毎年非常に波乱の多いレースで、ハンデ差込みで考えるとまるで訳の分からないメンバー構成となった今年も例年通り大波乱があるとみて大振りしたい。

本命はナムラアラシ

もう気付けば7歳になるが、前走の仁川ステークスでは直線でロスのある競馬になりながらも上り37.1の脚を使ってしっかりと見せ場をつくっており、2走前のポルックスステークスでも勝ち馬には突き放されてしまったものの、ハンデ58キロを背負いながら豪快に追い込んできたので、近走のレース内容を見る限り能力の衰えはほぼ無いと思っていいだろう。

今年はスワーヴアラミス、ワイルドカードといった有力馬を筆頭に前々でレース運びをしたい馬がある程度揃っており、そこに人気薄が玉砕覚悟でガンガンやり合うような展開になれば先行馬総崩れというパターンは十分考えられるレースで、更に外からメイショウワザシ、リアンヴェリテといった馬が強引にハナを切る形になれば有力馬は自然と控える競馬になると思うので、いつも以上に位置取りが後ろになってしまえば本来の個々の持ち味が削がれてしまうという事も十分考えられるのでは…。

とは言ってもスワーヴアラミス、ワイルドカード辺りは番手からでも普通に競馬が出来る馬なので、ちょっとした展開面込みでの事故待つようなレースになってしまうと思うが、それでもどちらの馬も揉まれると嫌気がさすタイプなだけに、外から被されるような競馬になるのは明らかにマイナスだろう。

そうなると自然と後ろから脚を使ってくる馬に目が行くというのがいつもの自分の悪い考えではあるが、2年前のマーチステークスでも同じような負け方をしてここを使ってきたクインズサターンに本命を打って良い思いをしているので、ナムラアラシがここ2走で使った脚を今回も使う事が出来れば、直線で一気にまとめて面倒を見てしまうというシーンは想像出来ない事もないが。

どちらにしても順調に使われている点や極端な枠を引き当てる事が出来た点など、ここは必要最低限の買い材料は揃っているので、個人的に相性の悪すぎる鞍上を差し引いて考えてもお釣りがくる計算となった。

対抗は穴人気ブログランキングへ

今回は一気の相手強化でどうかも、立ち回りの上手さと上位馬とのハンデ差、そしてコース適性の高さを考えればここでも上位に食い込めるだけの存在と言えるのでは。

案外脚を溜める競馬も合うと思うので、先行する馬を見ながら競馬が出来そうな点もおそらくプラスに転ぶだろう。今回引き当てた枠もこの馬にとっては最高の枠と言える。

スワーヴアラミス

出負けしてちぐはぐな競馬になってしまった3走前の福島民友カップ以外は安定した結果を残しており、前走も勝ち馬に目標にされる展開になりながらも0.1秒差の2着と最低限の結果は残しているので、やはり秘める能力は重賞級と思っていいのでは。

その前走の勝ち馬であるロードレガリスも重賞に手が届くだけの能力がある馬だと思っているので、相手のレベルを考えれば今回の相手でもまず力は通用するだろう。

ただ、ハンデ57キロは明らかに見込まれた感じで、外から先行馬に絡まれるような展開になった時にどうかという不安もある事はあるだけに、ここまで人気になるならこのぐらいの印で様子を見るのが正解では。

メイショウワザシ

展開面に恵まれる事はないと思うが、どんな条件、相手関係であってもそれなりの着順は拾ってくる馬なので、こちらが想像した以上に前が楽な流れになればここも粘り込みがあるか。

◎ナムラアラシ
人気ブログランキングへ
▲スワーヴアラミス
☆メイショウワザシ
△コマビショウ
△テーオーフォース
△メイショウスミトモ
△ローズプリンスダム

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第50回 高松宮記念(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年のスプリンターズSの覇者タワーオブロンドンを筆頭に、グランアレグリア、ノームコア、ステルヴィオなどGI馬が多数名を連ねるだけでなく、スプリント戦線の主役を張ってきたダノンスマッシュ、アイラブテーラーやダイアトニックなど新興勢力も参戦と、今年は豪華な顔ぶれが揃うことになった。間違いなく見どころ十分の面白いレースになるだろう。

そうなると、必然的に馬券は簡単ではなくなる。まして注目度の高いGIになると、世の中に流れ出る情報も普段より格段に多い。しかし、その中で役に立つ情報はほんのひと握り。一般レベルで入手できる情報は、騎手や厩舎などトレセンで得られるものに限られ、マスコミのフィルターがかかったものとなる。そこに“本音”はほぼ存在しない。これを鵜呑みにしていては、的中が遠のくと言っても過言ではない。

しかも、今年は藤沢和厩舎はタワーオブロンドンにグランアレグリア、安田隆厩舎はダノンスマッシュとダイアトニックと、有力馬を2頭出しする厩舎が2つも存在する。そして、ドバイワールドカップデーと日程が重なるため、ルメール、川田ら有力馬の主戦騎手が不在で乗替りが起こる。当然、オーナーサイドの意向が関わっており、水面下では様々な思惑が蠢いている。こうした裏事情も、当然ながら表に出ることはない。

去年は449万馬券が飛び出たように、毎年、波乱傾向が強い高松宮記念。現役関係者は全て後輩にあたる元調教師、元騎手に、馬主やエージェントなど大物を情報ルートとして在籍している弊社シンクタンクが掴んでいる情報からすると、今年も波乱の可能性は「十分にある」とのこと。

現在、無観客で競馬が行われるような状況となってしまっているだけに、弊社シンクタンクとしても「競馬を盛り上げたい」との強い気持ちを持っている。その一環として、今週行われる高松宮記念の関係者情報及び【5頭の馬券候補】を特別に無料公開する。ぜひとも有効活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第50回 高松宮記念(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク