【佐賀記念2020予想】

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は11日の佐賀メイン、佐賀記念の予想を。テルペリオン、ラインカリーナ、ロードゴラッソなどが出走するダート2000mJpn3レース。

先週の雲取賞は中穴の◎ファルコンウィングと対抗馬のストーミーデイが馬券になったので最低限ではありますが何とか的中。

とはいってもまだ地方はほぼスタートラインに戻った程度なので、ここから一気に捲っていきます。

京都記念、共同通信杯の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

佐賀記念

本命はロードゴラッソ

どちらかといえば能力を疑い続けてきた馬ではあるが、正攻法の競馬で勝ちに行った前走のレース内容がそこそこ優秀で、先着を許してしまった馬の能力を考えると今回は明らかに相手関係には恵まれた。

馬場、コースを問わず毎回しっかりと力を出し切ってくるタイプで、どんな展開になってもラストは確実に脚を使ってくる良い意味でも悪い意味でも相手なりの馬なだけに、終わってみればここも地味な競馬で馬券圏内には突っ込んでくる可能性は高そうな気も。

ただ、何かに特化したようなタイプではないので、最後は先行馬や決め手のある馬などに足もとをすくわれてしまいそうな事を考えると馬券的には3連複辺りで攻めるのが無難か。

対抗はテルペリオン

血統的にも佐賀の2000mはぴったりの馬で、ゆったりと前でレース運びが出来れば巻き返しがありそうな一戦。今回は明らかに先行馬が少ない組み合わせとなっているので、展開の恩恵もそれなりに受ける事が出来るだろう。馬場が極端に悪化する事になれば評価を下げたが、天気を見る限り大丈夫そう。

▲にラインカリーナ

牡馬相手の中距離戦なので条件的には決して楽とは言えないが、今回の舞台設定への適性に関しては最上位クラスの馬だと思うので、少し嫌いたい気持ちはあったが一応の3番手とした。

グレイトパール

中央馬が手薄なレースなので、今回は地方馬の台頭があるか。白山大賞典でのテルペリオンとの着差を考えるとこの舞台設定なら逆転までありそうなので、2,3着候補として上位評価しておきたい。

◎ロードゴラッソ
〇ラインカリーナ
▲テルペリオン
☆グレイトパール
△ナムラカメタロー

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

メンバー的にあまり勝負したいレースではないが、その分印を絞って当たった時に大きく回収出来るように馬券を組み立てたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 共同通信杯(G3)>

クラシック登竜門に世代を代表する
素質馬が出走!!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人気馬の成績では、1人気[1.3.2.4]、2人気[2.2.1.5]、3人気[4.2.2.2]。1人気で優勝したのは14年イスラボニータ1頭のみと信頼度は低い。平均配当では、馬連2470円、3連複1万1630円、3連単8万1880円。上位人気馬が揃って馬券圏を外すことはなく、二桁人気馬の伏兵も18年のエイムアンドエンド(10人気3着)1頭のみが馬券圏に好走と、大波乱になるケースは少ない。

昨年の覇者ダノンキングリーは皐月賞3着・日本ダービー2着・毎日王冠1着とGI・重賞でも活躍。2着馬アドマイヤマーズもNHKマイルC1着・香港マイル1着とGI2勝の活躍。過去にも名馬を送り出しているクラシック登竜門。

今年は無傷の3連勝中マイラプソディ、ココロノトウダイ(3戦2勝)、サトノゴールド(2戦1勝)、ダーリントンホール(3戦1勝)、フィリオアレグロ(1戦1勝)などが参戦。競馬セブンでは、早くから「クラシック候補生」と言われていた陣営の勝負情報を入手済!クラシック路線での活躍が期待できる勝負馬とは!?週末情報はお見逃しのないようにご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『共同通信杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク