【サマーチャンピオン2020予想】本命メイショウテンスイ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は12日の佐賀メイン、サマーチャンピオンの予想を。コパノキッキング、ヤマニンアンプリメ、サヴィ、ヒラソールなどが出走するダート1400mのJpn3レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

10日に行われたクラスターカップは◎マテラスカイが勝利するも相手がどちらも△評価だった為、3連系は全て外れ。少し相手がズレる事を想定して馬券を組み立てましたが、終わってみればガチガチという結果でした。

気を取り直してサマーチャンピオンで一気に捲ります。

サマーチャンピオン

本命はメイショウテンスイ

クラスターカップに続いて交流重賞の割にはなかなか難しいレースとなったが、ここは3走前の端午ステークスなどを含めてこれまで何度か本命にした事のあるお気に入りの馬から馬券を組み立てる事に。

決して派手さがある馬ではないが、立ち回りが上手く、展開や馬場を問わずに最後はしっかりと脚を使ってくるタイプで、前走の大阪スポーツ杯でも直線でじりじりと脚を伸ばしサトノギャロスの追撃を凌いで勝利と、内容は地味ではあるが、古馬を相手にきっちり勝ち切ってきた事を評価したいレース。

敗れはしたが、天満橋ステークスや端午ステークスでも展開不向きの中をただ一頭先行してギリギリまで粘る強い競馬で結果を残しており、勝ち馬とのタイム差を含めて考えればほぼ勝ちに等しい内容と言えるのでは。

今回は重賞実績のある実力馬が相手となるのでこれまで以上に厳しい競馬になるとは思うが、ヤマニンアンプリメ、コパノキッキングのハンデ56キロ、58.5キロに対してこちらは肌か同然のハンデ53キロでの競馬。確かに実績ではここに入れば劣っているかもしれないが、秘める能力はまず重賞級の馬だと思うので、このハンデ差は字面通り明らかに恵まれたと思っていいのではないだろうか。

枠も揉まれる事のない外枠を引き当てる事が出来たので、後はスタートを決めて流れに乗れば最後はいつものようにじりじりと脚を伸ばして馬券圏内をきっちりと確保してくるとみた。

対抗は人気ブログランキングへ

本命馬同様に展開馬場不問でしっかりと脚を使える馬で、差し馬の割には器用さがある馬なだけに初の佐賀も問題なくこなしてくるのでは。まだまだ雑巾がけは必要なのかもしれないが、実績上位馬とのハンデ差がある今回は重賞でも十分出番はあると思うので、コーナーで上手く捲る事が出来れば勝ち負け争いに加わってこれる一頭と言えるだろう。

▲にコパノキッキング

待望の乗り替わりという事でここは本命まで考えはしたものの、前走の東京スプリントが完全に力負けと言える内容だったので、ハンデ58.5キロを背負う事になる今回もそれなりの印でお茶を濁す事に。ただ、この乗り替わりだけは相当なプラス材料になると思うので、これまでの実績からしてもここはあっさりと巻き返してくる事も頭に入れておいた方がいいかもしれない。

☆にヤマニンアンプリメ

これまで幾度となく本命を打ってきたお気に入りの馬ではあるが、枠順とハンデを割り引いて今回は4番手までの印となった。相手が揃っていた前走のレース内容もそれなりに評価出来るものなので、能力の高さとコース適性の差だけで上位に食い込んでくる事も十分考えられるが、嫌いたい材料もそれなりに揃っているだけに、ここは人気を集めるようなら少し嫌ってみるのが面白いのでは。

◎メイショウテンスイ
人気ブログランキングへ
▲コパノキッキング
☆ヤマニンアンプリメ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第55回 関屋記念(G3)>

GI連対馬プリモシーンは
本当に買っていいの!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去にはジャスタウェイ、ダノンシャーク、カンパニーが同レースで好走し、後にGI馬となっているように、GIへの登竜門でもある。17年は関屋記念・2着馬ウインガニオン(中京記念1着)がサマーマイルシリーズのチャンピオンに輝いた。

過去10年の傾向では、1人気[3.2.1.4]、2人気[1.2.0.7]、3人気[1.0.3.6]。二桁人気の好走は10年リザーブガード(10人気3着)の1頭のみと伏兵馬の好走は少ない。平均配当では馬連2960円・3連複1万0360円・3連単5万7170円。馬連では3桁配当なし。3連単10万馬券以上は3度。中波乱のレースと言えるだろう。

主なステップレース別での成績では中京記念【2.5.2.39】、1600万【2.1.1.8】、安田記念【1.1.0.6】、オープン【1.0.2.33】、NHKマイルC【1.0.1.4】、七夕賞【1.0.0.3】、エプソムC【0.2.1.10】。サマーマイルシリーズが開催されてからのステップレース別では中京記念組が主力となっている。また、中京記念組は上位入線組みよりも掲示板外に敗れた出走馬の好走が多い。

新潟芝1600Mの外回りコースは約659Mと直線長いコースで前半のペースが遅くなりやすく、展開次第では先行馬の活躍も目立つ。高速決着になる傾向で上がりも速くなる。過去10年の枠順別の成績(3着以内)では1枠[1.0.1]・2枠[1.1.1]・3枠[0.0.2]・4枠[0.2.1]・5枠[0.1.2]・6枠[0.2.1]・7枠[5.1.1]・8枠[3.3.1]。枠順では圧倒的に7枠・8枠の好走馬が多く外枠が有利な傾向。

今年は19年ヴィクトリアM2着馬プリモシーン、18年朝日杯FS(GI)2着馬クリノガウディー、17年ホープフルS(GI)2着馬ジャンダルムなどのGI連対馬や、20年ヴィクトリアM4着トロワゼトワル、前走の中京記念で重賞初制覇したメイケイダイハードなどが参戦。

競馬セブンでは、先日のクイーンS(G3)も11番人気レッドアネモスの激走情報を入手し【1万2270円的中】、アイビスSD(G3)も【5000円的中】など真夏の重賞競走も多数的中!今週の関屋記念にも人気薄激走穴馬が出走致しますので大きくご期待ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『関谷記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク