【札幌2歳ステークス2018予想オッズ】有力馬・ウィクトーリア馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の札幌メインに出走を予定している有力馬、ウィクトーリアの馬体診断の記事を。このレースにはもう1頭デビュー前から注目していた馬が登録しているので、その馬と2頭の馬体診断も考えましたが、そちらは訳あって見送ります。

新潟記念などに関する記事はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 新潟記念(G3)>

過去10年、人気馬の成績は1人気[1.2.0.7]、2人気[1.1.0.8]、3人気[0.0.2.8]と上位人気馬の優勝は2頭のみ。平均配当では馬連8750円、3連複3万2250円、3連単29万3990円と荒れるハンデ重賞である。

08年には16人気アルコセニューラ、13年には10人気コスモネモシンが優勝、二桁人気馬が7頭馬券圏に好走しており人気馬の凡走も目立つ。3連単では最低配当282倍~最高配当102万馬券と波乱が多い。

小倉記念では◎サトノクロニクルから馬連790円、3連複2880円、3連単1万0700円のパーフェクト的中!小倉記念組からの出走馬も各陣営の本音話を独占入手済!サマー2000シリーズ最終戦となる新潟記念も競馬セブンにお任せ下さい!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


3点勝負買い目を無料公開

札幌2歳ステークス馬体診断

ウィクトーリア

新馬戦のパドック

初戦は462キロでの出走。POGの記事でも注目馬として名前をあげた個人的に期待が大きい1頭。デビュー前に1度ノーザンファーム早来で馬を見た事があるが、その時に非常に皮膚が薄く、パーツの整った良い馬と感じた。上の兄弟が走っているので当然仔出しが良いと解釈も出来るが、それでも馬体の良さは目立っており、兄弟に負けず劣らずの好馬体、出来の良さだった。

当時から馬体重こそ大きく増えてはいないが、筋肉量はかなり増した印象で、牝馬という事もあって成長も非常に早い。今年はヴィクトワールピサに良い馬が集まっているが、その中でも本馬はトップクラスの馬だと思っている。

トモが小さく、骨格が細いのは母譲りではあるが、馬体の柔らかさ、そして弾力性は父のいいところをしっかりと引き継いでおり、気が少し強も内面が安定しているのは頭の良さ。

管と繋ぎに頼りない面がみられるが、歩様が特別硬い馬ではないので、負担は想像以上に大きくないのでは。その繋ぎの長さ、短さからするとスピードに優れているタイプといえ、全体的に各パーツを含めてすっきりした馬なので、この馬のスピードを活かすにはもってこいの馬体と言える。

初戦は1人気もで何故かオッズは地味だったが、能力通りであればあれぐらい走れる馬。今回も完成度の違いで他馬を圧倒する可能性は十分。

予想オッズ

ウィクトーリア 2.3
クラージュゲリエ 2.4
クリスタルバローズ 8.5
ラブミーファイン 10.8
ナイママ 11.6

1人気は新馬戦を圧勝したウィクトーリアも、レース内容、インパクトからクラージュゲリエも全く差はない。おそらく2強のようなオッズとなり、その他は少しオッズに差が出ると予想する。

最後に札幌2歳Sの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

初戦のレース内容は圧巻。もともと評価が非常に高かった馬ですが、その評価通りの能力を持った馬かもしれない。使い分けをした事は勿論、このレースを使ってくるという時点でヤリでしょう。

なお、今日はもう1つ記事を追加で更新します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 新潟記念(G3)

好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマー2000シリーズの最終戦ということもあり、例年であればチャンピオンを狙う馬たちが参戦してくるが、今年はメドウラーク(七夕賞)、エアアンセム(函館記念)、トリオンフ(小倉記念)、サングレーザー(札幌記念)と、シリーズの勝ち馬4頭が既に放牧に出てしまっており、しかもチャンピオンの資格となる13ポイント以上を獲得している馬は皆無という状況。出走予定馬を見ても、今年のサマー2000シリーズチャンピオンは「該当馬なし」となる可能性も高い。

しかも、今年は日本ダービーでも人気の一角となった3歳馬・ブラストワンピースが参戦予定。ココから菊花賞という異例のローテーションであり、復帰緒戦で古馬相手にどれだけ戦えるのかなど、注目が集まるのは間違いなく、これまでの走りを考えても、人気になるのは必至だろう。

しかし、ココが勝負かと言えば話は別。あくまで前哨戦は前哨戦、同クラブ馬主のシルクレーシングから有力馬・セダブリランテスも参戦することが、オーナーサイドにとってどんな思惑を持っているのかは、きちんと考慮せねばならない。更には、グリュイエール、メートルダール、レアリスタと、有力馬として名前が挙がっている馬の大半がノーザンファームの生産馬。競馬界に多大なる影響力を持つノーザンファームの意向は、馬券を考える上で決して見逃してはならぬ大きなポイントとなる。

こうした馬主サイド、生産者サイドの思惑というのは、トレセンで取材する一介の記者レベルでは入手できぬ情報、すなわち世間ではまず知り得ぬ情報となる。ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二など、競馬界の大物OBを筆頭に敏腕情報ルートたちが在籍する弊社シンクタンクでは、あらゆる関係者から話が聞ける強固なネットワークを構築済。騎手情報、厩舎情報は無論のこと、馬主情報や生産者情報、外厩情報なども入手できる。

今夏も、レパードSの【馬連2万馬券・3連複10万馬券的中】を筆頭に、札幌記念や中京記念、函館2歳Sでの万馬券的中など、その情報力は遺憾なく発揮されているのだ。今週の新潟記念でも、高配当の肝となる【激走穴馬】を既にマーク済み。この馬が馬券に絡めば、レパードSのような馬連万馬券決着になる可能性もゼロではないだろう。そこで、今週はシンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、新潟記念の【◎-穴・1点馬券】を無料公開させて頂く。シンクタンクがお届けする情報を、是非とも馬券検討にお役立て頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 新潟記念(G3)

好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク