【札幌記念2018予想】本命サングレーザー

スポンサーリンク


改めましておはようございます。

続いて日曜の札幌メイン、札幌記念の予想を。マルターズアポジー、サングレーザー、マカヒキ、クロコスミア、ゴーフォザサミット、ネオリアリズム、サクラアンプルール、スズカデヴィアス、ミッキースワロー、モズカッチャンなどかなり豪華なメンバーが揃った芝2000mのG2戦。

去年は◎サクラアンプルール△ナリタハリケーン▲ヤマカツエースで的中したレース。今年は去年以上の的中を、と言いたいところですが、ここはイレ込まず冷静に攻めます。

北九州記念、その他競馬予想に関する記事はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 札幌記念(G2)>

今年は一昨年昨年の覇者ネオリアリズムがモレイラ騎手とのコンビで参戦。他にもマカヒキ、モズカッチャンといったGIホースや、ミッキースワロー、サングレーザー、ゴーフォザサミットなどが出走するなど豪華メンバーが揃う。競馬セブンでは現地情報班から、とある陣営の勝負駆け情報を独占入手!あの騎手と厩舎サイドから勝利宣言が出されている確勝使いの勝負情報!紙面上には絶対に載らない裏ネタを競馬セブンは入手済!

競馬セブンでは、真夏の重賞競走も函館SS【3090円的中】、プロキオンS【馬連2750的中】、中京記念【2万5980円的中】、アイビスSD【1020円的中】、クイーンS【1610円的中】、小倉記念【1万0700円的中】や、春のGIグランプリレース宝塚記念【馬連9200円的中】などをお届け!今週の札幌記念にも強力情報馬が出走致しますので大きくご期待ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


3点勝負買い目を無料公開

札幌記念

本命はサングレーザー

能力が高い馬なのは間違いないが、今回に関してはそれ以上に2000mという距離が課題となるか。この距離は2歳時のホープフルステークスで経験しており、その時は勝ち馬レイデオロから0.5秒差の5着と大きく負けていない。距離を短縮して強さ、そして本来の能力を発揮した感は強いが、初勝利は1800m戦であげており、その時の2着馬は後のG1馬サトノアレス。

これまでのレースを振り返るとおそらく距離を短縮したからというよりも、単純に馬が本格化したという考えが正しく、もし距離がこの馬の活躍に関係していないとすればここも当然勝ち負けになるだけの器を持った馬。評価は割れるとは思うが、洋芝実績もあり、更に内枠、久々の競馬と買い材料は揃っただけに、この人気で買える今回は絶好の狙い目とみた。

対抗はミッキースワロー

セントライト記念で皐月賞馬アルアインを下した内容や、アメリカジョッキークラブカップでも決して楽とは言えない展開の中で2着まで追い上げた内容を考えると今回のメンバーの中に入っても能力は上位だろう。前走の大阪杯も大きく負けておらず、ここも前走ぐらい走ればまず勝ち負けになるか。

これまで大きく崩れたレースが極悪馬場だった菊花賞という点を考えると、馬場が渋った場合にどうかという不安はあったが、土曜の競馬をみる感じでは馬場は想像以上に悪くないだけに全く気にする必要はないだろう。福島で走れる器用さもあるので札幌コース替わりもマイナスになる事はない。

▲にサクラアンプルール

もうこの馬に関しては細かく説明する必要はないだろう。今回はハンデ、ローテと何もかもが買いたいという馬ではあるが、前走で本命に出来なかった分だけここは評価を下げた。当然心の中では不動の本命。

☆穴にスティッフェリオ

さすがに今回のメンバーでどうかも、近走のレース内容はなかなか優秀で、これまで戦った相手を考えても能力が全く足りないという事はなさそう。逃げ馬をみながら競馬が出来そうな点もプラスといえ、この人気で買えるのであれば洋芝適性の高さで上位に食い込んでくる可能性に賭けて上位評価しておきたい。少し先物買いという形にはなるが、当然それなりに期待も大きい。

穴で上位評価しておきたいのがスズカデヴィアス

前走の函館記念でもそれなりに期待はしたものの、さすがに直線に向いた時にあの位置取りでは厳しかった。ただ、それでも最後は大外から脚を伸ばし、勝ち馬エアアンセムから0.3秒差の競馬まで詰め寄った内容には見どころがあり、もう少し位置取りさえまともであれば馬券になった可能性は高かったのでは。

2走前の新潟大賞典では枠の恩恵を受けたとはいえ、前が残る展開を内からあっさりと差し切って勝利しており、この時の4着馬であるトリオンフの後の活躍を考えると見た目以上に中身の濃かった競馬で、3走前の小倉大賞典でも直線かなり厳しい位置から猛追して3着に入線。

これらのレース内容を考えるとある程度展開、馬場が味方すれば巻き返してくる可能性は十分で、ここはしっかりとハナを主張する馬が存在するだけに、前走以上に流れも向くだろう。

ここ3走はハンデ戦だったが、この馬が背負っていた斤量を考えると別定戦替わりはプラスといえ、今回引き当てた枠であればやる事は一つ。相手はかなり強くなるが、その分人気も地味なここは激走する可能性に賭けるのも悪くないだろう。

◎サングレーザー
〇ミッキースワロー
▲サクラアンプルール
☆穴人気ブログランキング※スティッフェリオ
△穴スズカデヴィアス
△モズカッチャン
△ゴーフォザサミット
△ネオリアリズム
△マルターズアポジー
△マイスタイル
△クロコスミア

☆穴はこちら→ 人気ブログランキングへ

先週の関屋記念同様に急遽本命を変更したレースになりますが、今週も上手く転ぶ事を祈ります。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 札幌記念(G2)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

札幌記念は、数年前から地元関係者を中心に「夏のGIに」との要望も出ているように、暑さを避けられる北海道で開催されることもあって、G3時代からGI馬も始動戦として選択するなど、ハイレベルなメンバーが揃うことで知られる1戦。今年も、一昨年のダービー馬マカヒキを筆頭に、ネオリアリズム、モズカッチャン、ディアドラなどGI馬が出走メンバーに名を連ねている。

秋のGI戦線に向けて注目かつ重要な1戦であることは確かだが、有力馬達の大半は先を見据えおり“ココが勝負”というわけではない。そこに伏兵馬が台頭する理由があり、事実、1番人気は現在6連敗中なのだ。その中にはモーリス、ゴールドシップ、ロゴタイプといった、GIを複数制している超一流馬たちが含まれていることも見逃せない。

今年もGI馬に人気や注目が集まることが濃厚な状況。そうなれば、我々シンクタンクがマークしている“ココが勝負”の激走穴馬・○○○○○○○○の馬券妙味が増すことになり、オイシイ万馬券を狙い撃ちやすい状況が整うことになる。

昨夏はキーンランドCで12番人気エポワスから11万馬券的中、今夏も先日のレパードSで◎グリムから10万馬券を的中させているように、夏競馬はシンクタンクにとって”特大万馬券も狙い撃ちやすい時期”。今週は、シンクタンクを初めてご利用頂く会員様限定で、特別に札幌記念の【3連単勝負馬券】を無料公開させて頂く。この絶好機を是非とも見逃さないで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 札幌記念(G2)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク