【札幌記念2018予想オッズ】注目馬、有力馬一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


ギリギリ間に合いました、おはようございます。

本日は日曜の札幌メイン、札幌記念に出走を予定しているサクラアンプルール、ネオリアリズムの一週前追い切りの記事と、いつものように先週の予想結果を。海外予想の結果を書いている関係もあっていつもよりコメントは軽くになります。

北九州記念、その他交流重賞の予想に関してはこちら

宮崎特別予想結果

1着▲ドミナートゥス
2着…レッドカイザー
3着…ロードアクシス

6着◎ミヤジユウダイ

本命馬が不可解な負け方。ここは買いたい馬が回避した時点で見送るべきでした。

STV賞予想結果

1着▲ハッピーグリン
2着…ユアスイスイ
3着…ニシノカブケ

6着◎シグナライズ

ここは見当違いの結果に。申し訳ございません。

エルムステークス予想結果

1着◎ハイランドピーク
2着〇ドリームキラリ
3着☆ミツバ

3連複 1,450円

配当は激安でしたが、馬券は◎~本線厚めに重ねる買い方で勝負したので、何とかプラスに。ボーナスの3連単は1,2着が逆だった為ハズレ。これを買わずに馬連を買うのが正解でした。

博多ステークス予想結果

1着…スズカディープ
2着…ケイホファヴァルト
3着〇サトノケンシロウ

5着◎メイズオブオナー

1点で勝負しましたが失敗。

関屋記念予想結果

1着◎プリモシーン
2着△ワントゥワン
3着▲エイシンティンクル

3連複 5,450円 3連単 22,570円

訳あって急遽本命を変更したレースですが、やはりというかこれが上手くハマりました。ただ、失敗したのが、前の日の夜にプリモシーン、ワントゥワンの追い込みで決まるんじゃ?という話をしていたにも関わらず、内枠の馬で買いたい馬が数頭いたので評価を上げず買ってしまった事。この馬をもう少し評価出来ていれば重ね買いした馬券も当たっていただけに詰めが甘かったです。

ジャックルマロワ賞予想結果

1着〇アルファセントーリ
2着△レコレトス
3着◎ウィズユー

3連単 6,080円

馬券は◎ウィズユーの勝ち負けに期待しての馬券がメインだったので、当たったのは◎○→◎○⇄印の重ね買いをしていないメイン馬券のみ。13800円購入して12160円の払い戻しという事でややマイナスという結果となってしまいました。

先週の重賞は本命馬がいつもよりも人気寄りだった事もありますが、◎ハイランドピーク、◎プリモシーン、◎ウィズユーと全て馬券になるも、どのレースも配当が安く弾けず。個人的には買い方や印の付け方に少し課題を残した週でもありましたので、その辺りをもう少し考えながら今週末に備えます。

今日は時間がないので軽くとなりましたが、先週の結果に関してはまた別の記事でゆっくりと触れる事にします。


3点勝負買い目を無料公開

札幌記念一週前追い切り

サクラアンプルール

前回は一週前追い切りは少し緩かったが、今回はかなり負荷をかけられる意欲的な追い切り。ただ、前走時と比べると頸が硬く、馬体全体をみても伸びに欠ける。可動域、脚捌きには大きな不安はないが、やはり硬さが影響してか、動きに関しては明らかに劣って見えてしまう。手応えにも大きな違いがあり、持ったままで楽に調教パートナーに先着した前走とは真逆で、今回はそこそこ強く追われており、フォームをみても動きにお釣り(余裕)が感じられない。

それでも最後までしっかりと脚を使い切れている点、そして強く追われているとはいえ、軸のブレやリズムの悪さを感じない点には好感が持て、動きからして出来が落ちているという事はまずないだろう。前走の一週前追い切りが85点なら今回は70点といった感じで、水準以上の動きである事は確か。

ネオリアリズム

入りから口向きが悪く、頭の高さが安定しない。直線に入っても軸のブレが目立ち、行きたがるような仕草がおさまる事もなく、徐々に外に膨れてしまう始末。ただ、追われてからの伸びは抜群で、前脚と頸のリズムも合っている。あれだけ前半でエネルギーを消費しながらも最後まで脚が残っている事、そして地面を蹴る力と乗った時のスピードを考えると久々とは思えない程動けている。

前半の行きたがる仕草やトモが少し緩く見える点は久々の影響と言えるが、それでも一週前追い切りとしては十分な内容だったと言える。

予想オッズ

モズカッチャン 4.1
サングレーザー 4.4
ミッキースワロー 5.2
サクラアンプルール 6.6
マカヒキ 7.9

人気を読むのも難しいレースではあるが、1人気はモズカッチャン、もしくはサングレーザー辺りになると予想する。ただ、その他のミッキースワロー、サクラアンプルールなどもそう大きな差はないか。

最後に札幌記念の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

かなりメンバーは揃いましたが、まずはこの馬に注目しています。今年大きく回収率を伸ばしている北海道。現時点では先週のエルムステークぐらい色があるレースなので、ここは函館スプリントステークス以来の勝負レースになるかもしれません。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 札幌記念(G2)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

札幌記念は、数年前から地元関係者を中心に「夏のGIに」との要望も出ているように、暑さを避けられる北海道で開催されることもあって、G3時代からGI馬も始動戦として選択するなど、ハイレベルなメンバーが揃うことで知られる1戦。今年も、一昨年のダービー馬マカヒキを筆頭に、ネオリアリズム、モズカッチャン、ディアドラなどGI馬が出走メンバーに名を連ねている。

秋のGI戦線に向けて注目かつ重要な1戦であることは確かだが、有力馬達の大半は先を見据えおり“ココが勝負”というわけではない。そこに伏兵馬が台頭する理由があり、事実、1番人気は現在6連敗中なのだ。その中にはモーリス、ゴールドシップ、ロゴタイプといった、GIを複数制している超一流馬たちが含まれていることも見逃せない。

今年もGI馬に人気や注目が集まることが濃厚な状況。そうなれば、我々シンクタンクがマークしている“ココが勝負”の激走穴馬・○○○○○○○○の馬券妙味が増すことになり、オイシイ万馬券を狙い撃ちやすい状況が整うことになる。

昨夏はキーンランドCで12番人気エポワスから11万馬券的中、今夏も先日のレパードSで◎グリムから10万馬券を的中させているように、夏競馬はシンクタンクにとって”特大万馬券も狙い撃ちやすい時期”。今週は、シンクタンクを初めてご利用頂く会員様限定で、特別に札幌記念の【3連単勝負馬券】を無料公開させて頂く。この絶好機を是非とも見逃さないで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 札幌記念(G2)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク