【札幌日刊スポーツ杯2019予想】+テレQ杯

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の札幌メイン、札幌日刊スポーツ杯の予想を。ディバインフォース、ドリームスピリット、バリングラ、ラクローチェなどが出走する芝2600m2勝クラス、ハンデ戦。

札幌は台風の影響をどこまで受けるかわからないので見送る予定でしたが、土曜は他に買いたいレースも見当たらないので、開催されると決めつけていつものようにまずは軽く購入して日曜に全力というパターンでいこうと思います。

まずは札幌の予想の前に小倉メインのテレQ杯の予想を軽く。

テレQ

人気ブログランキングへ

前走の大敗は道中の位置取りが悪くなった事が大きな敗因なので力を出し切っての結果ではない。何より1200mでも距離が長く感じるタイプなので、距離短縮となる今回は前走から大幅にパフォーマンスを上げてくる可能性が高く、少しでも前走の結果で人気が落ち着くようなら素直に買いでいいだろう。ここは単勝一本釣りを狙う。

札幌日刊スポーツ杯

本命はヒーリングマインド

これまでの競馬を見る感じでは距離を延ばしながら徐々に良さを引き出してきたようなタイプで、馬券に絡んだ未勝利戦と500万クラスは3戦共に距離延長、逆に距離を短縮した3戦は全て馬券に絡む事が出来ずと特徴がモロに成績に反映されている馬。

前走の白百合ステークスも展開が向かなかった事もあるが、そもそもこの馬には1800mという距離は明らかに短く、京都新聞杯からのローテもお世辞にも歓迎とは言えなかったので、ある意味大敗は当然だったのかもしれない。

今回は待望の距離延長に加え、力のいる馬場で強い競馬をしているので初の洋芝もおそらく問題なし。更に渋った馬場での好走実績もあるので、雨の影響を受けたとしてもマイナスになる事はないだろう。

コースを考えると脚質だけは気になるが、これといって強力な馬が存在しないここなら、長距離適性の差で楽々カバーしてくるとみた。

対抗は人気ブログランキングへ

前走は直線で外から差して来た馬に飲み込まれてしまったが、早めに動いた事が裏目に出てしまっただけで完全なる展開のアヤ。最後は大きく垂れる事なくギリギリまで粘れており、鞍上が大幅に強化される今回は巻き返し濃厚の一戦と言える。

馬券は本命対抗馬の組み合わせを中心に買いたいので相手は全て△評価でもよかったが、対抗馬に頼りすぎるのもどうかと思うので、ハンデに恵まれる3歳馬ディバインフォース、☆ラクローチェ2頭を相手本線として購入したい。

◎ヒーリングマインド
人気ブログランキングへ
▲ディバインフォース
☆ラクローチェ
△ドリームスピリット
△トロピカルストーム
△サトノシャーク

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第55回 札幌記念(G2)>

GI馬4頭参戦!
買ってはいけないGⅠ馬は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

夏競馬期間中において唯一のG2競走(JRA)となる札幌記念。GI戦線に向けての始動戦としてトップホースが出走するケースも多い札幌の名物重賞。

ここ10年の傾向では1人気[2.5.1.2]、2人気[3.0.2.5]、3人気[0.0.0.10]と1人気馬は7連単も優勝は2頭のみ。GI馬モーリス、ゴールドシップ、ブエナビスタなども2着に敗れている。上位人気馬以外での優勝馬では17年サクラアンプルール(6人気)、16年ネオリアリズム(5人気)、15年ディサイファ(5人気)、12年フミノイマージン(4人気)、09年ヤマニンキングリー(7人気)など5頭がいる。

ステップレース別では函館記念組(3勝)、宝塚記念組(2勝)、他では安田記念、エプソムC、オークス、中京記念、クイーンS組が各1勝を挙げている。主力は出走頭数が多い函館記念組(3.3.3)となる。

今年は豪華メンバーが揃う札幌記念。秋には凱旋門賞を予定しているフィエールマン、昨年のダービー馬ワグネリアンやブラストワンピース、ペルシアンナイトのGI馬4頭や昨年の覇者サングレーザーなどがスタンバイ。競馬セブンでは紙面上には絶対に載らない裏ネタを極秘入手済!今週の札幌記念も絶対にお見逃しの無いようご注意下さい。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『札幌記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク