【札幌日刊スポーツ杯+日本海ステークス2018予想】

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の札幌メイン、札幌日刊スポーツ杯と新潟メイン、日本海ステークスの予想を。今週から一口馬主レビュー記事を作成する関係でしばらく更新が軽くなりますのでご了承ください。

ではまず札幌メイン、札幌日刊スポーツ杯の予想から。オリエントワークス、アインザッツ、ララエクラテール、アルムフォルツァ、ブラックオニキス、ゴールドフラッグなどが出走する芝2600m1000万クラスのハンデ戦。

札幌記念、北九州記念に関する記事はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 札幌記念(G2)>

今年は一昨年昨年の覇者ネオリアリズムがモレイラ騎手とのコンビで参戦。他にもマカヒキ、モズカッチャンといったGIホースや、ミッキースワロー、サングレーザー、ゴーフォザサミットなどが出走するなど豪華メンバーが揃う。競馬セブンでは現地情報班から、とある陣営の勝負駆け情報を独占入手!あの騎手と厩舎サイドから勝利宣言が出されている確勝使いの勝負情報!紙面上には絶対に載らない裏ネタを競馬セブンは入手済!

競馬セブンでは、真夏の重賞競走も函館SS【3090円的中】、プロキオンS【馬連2750的中】、中京記念【2万5980円的中】、アイビスSD【1020円的中】、クイーンS【1610円的中】、小倉記念【1万0700円的中】や、春のGIグランプリレース宝塚記念【馬連9200円的中】などをお届け!今週の札幌記念にも強力情報馬が出走致しますので大きくご期待ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


3点勝負買い目を無料公開

札幌日刊スポーツ杯

本命は人気ブログランキングへ※ララエクラテール

近走は歯がゆい競馬が続いているが、前走は後方直線大外ぶん回しで最後は差を詰めており、展開、コースなどを含めて考えると普通に強い競馬。長い距離での実績も豊富で、仮に渋った馬場が残った場合でも問題はなく、他馬が嫌がる分だけプラスとなるだろう。

ハンデが軽くなるのも魅力といえ、今回の鞍上であれば前走のような極端な競馬は選択しない可能性が高いので、ここは相手関係からしてもチャンスとみる。

対抗はブラックオニキス

距離を延ばした前走でいきなり見せ場をつくったように、今回の距離での競馬がいい刺激になるようならここらで復活の好走がみられても。再び外枠を引いてしまった事は決して歓迎とは言えないが、馬場が渋った秋華賞、中山牝馬ステークスで大きく崩れなかったように、雨が残るようなら非常に怖さがある1頭と言える。

未勝利、クローバー賞と連勝し、続く札幌2歳ステークスでも2着に入線したように、洋芝適性も非常に高い馬なので、ある程度走る条件が揃った今回は人気を考えても狙い目だろう。

人気ブログランキングへ※ララエクラテール
○ブラックオニキス
▲アルムフォルツァ
☆アインザッツ

続いて新潟メイン、日本海ステークスの予想を。レジェンドセラー、グランドサッシュ、ポポカテペトル、ケイティクレバー、ルックトゥワイスなどが出走する芝2200mの1600万クラスのレース。


日本海ステークス

本命はルックトゥワイス

スパッと勝ち切れないのが非常にネックではあるが、デビュー以来上がりの脚は全て2位以内という終いは確実の馬。500万の春日山特別と1000万の青嵐賞を勝った時の内容が非常に優秀で、青嵐賞では後に長距離の重賞で好走するソールインパクト、ウインテンダネスを千切って勝利しており、秘める能力は間違いなくオープン級と言える。

今回は少頭数の割には相手が揃った印象も、この馬がこれまで戦ってきた相手やレース内容を考えるとまず格負けする事はない。

対抗は人気ブログランキングへ※ケイティクレバー

前走は大きな見せ場をつくる事が出来なかったが、ちぐはぐな競馬になり参考外と言えるレース。相手は揃いはしたが、この頭数であればこの馬本来の良さが活かせるような展開になる可能性が高く、このぐらいの距離が合っているのは間違いないので、今回は大きな変わり身に期待が持てるのでは。

▲にポポカテペトル

前走の目黒記念は馬券に絡むまであと一歩というところではあったが、2着のノーブルマーズが宝塚記念で3着に入線した事からして相手もなかなか強かった。位置取りなどを考えると多少上手く乗られた感はあるが、それでも外枠の影響も間違いなく着順に響いているので、内容的には素直に評価出来るものだろう。

◎ルックトゥワイス
人気ブログランキングへ※ケイティクレバー
▲ポポカテペトル
☆レジェンドセラー

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 札幌記念(G2)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

札幌記念は、数年前から地元関係者を中心に「夏のGIに」との要望も出ているように、暑さを避けられる北海道で開催されることもあって、G3時代からGI馬も始動戦として選択するなど、ハイレベルなメンバーが揃うことで知られる1戦。今年も、一昨年のダービー馬マカヒキを筆頭に、ネオリアリズム、モズカッチャン、ディアドラなどGI馬が出走メンバーに名を連ねている。

秋のGI戦線に向けて注目かつ重要な1戦であることは確かだが、有力馬達の大半は先を見据えおり“ココが勝負”というわけではない。そこに伏兵馬が台頭する理由があり、事実、1番人気は現在6連敗中なのだ。その中にはモーリス、ゴールドシップ、ロゴタイプといった、GIを複数制している超一流馬たちが含まれていることも見逃せない。

今年もGI馬に人気や注目が集まることが濃厚な状況。そうなれば、我々シンクタンクがマークしている“ココが勝負”の激走穴馬・○○○○○○○○の馬券妙味が増すことになり、オイシイ万馬券を狙い撃ちやすい状況が整うことになる。

昨夏はキーンランドCで12番人気エポワスから11万馬券的中、今夏も先日のレパードSで◎グリムから10万馬券を的中させているように、夏競馬はシンクタンクにとって”特大万馬券も狙い撃ちやすい時期”。今週は、シンクタンクを初めてご利用頂く会員様限定で、特別に札幌記念の【3連単勝負馬券】を無料公開させて頂く。この絶好機を是非とも見逃さないで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 札幌記念(G2)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク