【札幌日経オープン2019予想】+九州スポーツ杯

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の札幌メイン、札幌日経オープンの予想を。カフジプリンス、タイセイトレイル、カラビナ、ハッピーグリン、モンドインテロ、ロードヴァンドールなどが出走する芝2600mのリステッド競争。

今週も土曜はこれといって大きく勝負したいレースがないので、先週、先々週などに続いて軽く購入しながら様子見という感じで攻めていこうと思います。

まずは札幌日経オープンの予想の前に小倉メイン、九州スポーツ杯の予想を軽く。

九州スポーツ杯

サンキュー

全く人気はないと思うが、大穴があるとすれば異なる条件を使われているこの馬の大激走があった時では。意外と展開もハマりそうな感じがするので、今回は大敗覚悟で軽く買ってみたい。

人気を確認して☆予定だった馬があまりにも人気がなかったのでこちらの評価を上げる事にした。理想的な枠を引けたのでこの距離がいい刺激になれば突き抜けてきても驚けない。

札幌日経オープン

本命はカラビナ

前走のエプソムカップは9着に敗れているが、スローの前残りの展開が合わずの着順。同じく展開が向かず大敗したミッキースワローが次走のレースで即巻き返したように、本馬も展開ひとつで大きな変わりがあってもいいだろう。

これまでダイワキャグニーやパフォーマプロミスと差のない競馬をした実績を考えると重賞でも通用する能力がある馬なのは間違いないので、これらの馬と比較すると今回は相手にも恵まれたレースと言える。

2500m以上のレースでは非常に安定した成績を残しており、これまでのレースをみても本質はおそらくステイヤー。更に去年3着に入線した実績のあるコースでの競馬になればまず恥ずかしい競馬にはならないだろう。枠順もいいところを引き当てた。

対抗は人気ブログランキングへ

今回の相手でどこまでといった感じも、近走のレース内容を見る限りでは馬が完全に本格化した印象を受けるので、ここも力を出し切れば能力は通用するとみる。

最近崩れてしまったレースも前が壁になって追い出しが遅れる不利があってのものなので、着順、着差は参考外。脚質的に少頭数での競馬は大歓迎と言えるので、ここは勝ち負け争いに加わってくるだろう。

以下、前走ハイペースをただ1頭粘ったロードヴァンドール、ローテがどうかも距離適性高いタイセイトレイル、能力上位も乗り替わりはプラスとは言えないカフジプリンス、距離延長には疑問が残るも前走の内容が悪くなかったレノヴァールを買っておく。

◎カラビナ
人気ブログランキングへ
△ロードヴァンドール
△タイセイトレイル
△カフジプリンス
△レノヴァール

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第11回 レパードS(G3)>

3歳世代ダート界の
トップクラスが出走

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、ステップレース別ではJDD(大井)組[5.2.2.13]、ユニコーンS組[3.0.0.13]、1000万条件[2.5.3.39]と勝利馬が出ているのはこの3組のみ。中でも5勝を挙げているJDD組の活躍が目立つ。

過去10年の傾向では1人気が[5.1.3.1]と安定した成績を残しているが、二桁人気馬が5頭、馬券圏に入っており、昨年は10人気ヒラボクラターシュが2着し馬連2万3100円、3連複10万2870円、3連単67万1670円、一昨年も11人気ローズプリンスダム1着、12人気サルサディオーネ2着で馬連9万5320円、3連複4万2750円、3連単80万7250円と2年連続で大波乱となっている。1人気は馬券圏を外したのは1度のみと信頼はできるがヒモ荒れが多いレースと言える。

3歳ダート重賞のユニコーンS(G3)も◎ワイドファラオ(3人気)から馬連1270円、3連複5510円、3連単2万2120円パーフェクト的中!ワイドファラオに自信を持って◎にしたのは

・初ダート馬の適性を見抜けたこと
・人気馬の不安を感じていたこと
・馬場状況を正確に観察できていたこと

などが的中の要因は狙って獲った万馬券となったのです。

レパードSも競馬セブンの関係者情報では「人気馬の不安情報」や「人気薄激走馬の大駆け情報」を極秘入手!週末情報は絶対にお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『レパードS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク