【札幌日経オープン2020予想】本命ウインイクシード

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の札幌メイン、札幌日経オープンの予想を。ボスジラ、ヒュッゲ、ウラヌスチャーム、ナイママ、ポンデザールなどが出走する芝2600mのリステッド競争。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

先々週のしらかばステークス、先週のSTV賞、クイーンステークスと例年通り札幌が始まって以降、好調が続いておりますので、今週も得意の札幌で一撃を出せたらと思います。

ただ、日曜の重賞はどちらもダート戦。今週もここ2週のように土曜から結果を出したいところですが、今の流れ的に当てにいく予想はちょっと違う気がしますので、淡々といつものリズムで予想していきます。

佐渡ステークス

サトノダムゼル

馬場が不透明で相手が絞れないので、ここは本命馬の単勝一本釣りを狙う。

札幌日経オープン

本命はウインイクシード

先週の予想でも書いたように、基本的に北海道競馬は前走北海道で負けた馬を狙うのがセオリーではあるが、このレースに関しては該当する馬が不在という事なので(負けた馬は2頭いるがどちらの馬も買い条件揃わず)、本命は別路線から選択した。

前走の七夕賞では最後は勝ち馬には突き放されてしまったが、直線ではギリギリまで粘り見せ場をつくって掲示板を確保。更に当日は内が荒れていて外が伸びる馬場だったが、ただ一頭最内を通っての結果なので、通ったコースや展開を考えると5着でも明らかに負けて強しと言える内容だろう。

今回は一気の距離延長となるが、父マンハッタンカフェらしくこれまで2400m以上のレースで崩れたのはG2の日経賞のみという長距離を得意としている馬で、札幌を使われたのは2回だけにはなるが、1.0.1.0とどちらのレースでも馬券圏内をしっかりと確保しているので、コース替わりに関してもまずマイナスに転ぶ事はないだろう。

因みに母イクスキューズも現役時代に重賞のクイーンステークスを含めて札幌は1.1.1.0と得意としていたので、その血を引く本馬も今回のコースがツボという可能性も十分考えられる。後はハンデ57キロが課題となるが、前走を使われた上積みに期待が持てるここなら楽々突破してくるとみた。

対抗はヒュッゲ

過去の予想で秋の菊花賞路線で、と書いた事がある馬なので、狙いすましての参戦となる今回は人気でも無難に印を打っておく必要があるだろう。

洋芝への適性だけは未知ではあるが、裸同然のハンデ52キロでの競馬なら行き切ってしまえばまずバタッと止まる事はないのでは。ここはきっちりと結果を出して秋の重賞に乗せたい。

▲に穴人気ブログランキングへ

2走前のレースがなかなか見どころのある競馬で、あの競馬をみる限り直線の短い小回りコースなら大きな変わり身に期待が持てそう。

条件次第では今後は重賞でも一撃がありそうな馬と思っているので、相手ダウンのリステッド競争であれば十分出番はあるだろう。

☆にボスジラ

前走の目黒記念は厳しい外枠を引き当ててしまった事もあるが、道中の位置取りや直線で通ったコースを考えるとちょっと名手らしくない騎乗だった事も事実なので、上り35.2秒の脚を使って見せ場をつくってきた事を評価すべきレースと言えるか。

少し適性がズレているディープインパクト産駒なので、特殊な今回のコースもまず合うだろう。

◎ウインイクシード
〇ヒュッゲ
▲穴人気ブログランキングへ
☆ボスジラ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

今週の札幌もここ2週に続いて印を絞ってドカンを狙っていく。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第25回 エルムS(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

芝中心の中央競馬では、ダート重賞の数は圧倒的に少ない。交流重賞があるとは言え、出走枠が限られているため、潤沢に賞金を持つ一線級でなければ、なかなか思い通りレースを使えない現状となっている。

それ故、出走枠が多い中央のダート重賞は貴重な存在だ。勝たねばならぬオープン特別とは違い、2着でも賞金を加算できるのも大きい。

しかも、エルムSは小回り1700mで行われる唯一の重賞。この条件を得意とする馬にとっては、大きな目標になることは言うまでもない。

事実、近5年でハイランドピーク、ドリームキラリ、クリノスターオーと数々のリピーターが出ており、2015年3着のエイシンモアオバ―などは、このレースで4度も馬券に絡んでいる。

無論、単純にリピーターだけ買えばいいということではない。小回り1700mの番組は、札幌以外にも函館、小倉、福島とあり、それぞれコースによって差異はあるが、千直ほど特異な条件ではないからだ。

どの馬が“買い”なのか。そのジャッジを下すために必要なのは、各陣営の本音や裏事情をしっかりと掴み、時間をかけてじっくりとレースを分析すること。それを一介の記者が集めてくる建前コメントや、個人レベルのレース分析で的確に行うことは不可能と言えよう。

弊社シンクタンクには、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、調教師が名を連ね、競馬界の大物関係者が情報ルートとして多数所属しているため、常日頃から、あらゆる情報が必然的に集まってくることになる。そして、レースを分析するプロたちが、様々な角度から検討に検討を重ね、結論を出しているのだ。

今週はエルムSでシンクタンクが掴んでいる本物の関係者情報に、馬券候補が簡単に絞れる【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。まだシンクタンクの情報を知らない方は、この機会にぜひとも体感してもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第25回 エルムS(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク