【皐月賞2020予想】本命ヴェルトライゼンデ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、皐月賞の予想を。サリオス、コントレイル、サトノフラッグ、ダーリントンホール、マイラプソディ、レクセランスなどが出走する芝2000mのG1レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

土曜は馬場が不透明だった事もあって様子見程度で購入しましたが、アーリントンカップがド縦目決着で悶絶と逆噴射でのスタートとなりました(2着馬があそこまで人気がないとわかっていたらこっちを本命にしていました)。

ただ、日曜はがっつりと勝負したいので、先週の分もここで捲りたいと思います。

まずは阪神メインのアンタレスステークスの予想を軽く。

アンタレスステークス

人気ブログランキングへ

ワイルドカードの巻き返しを狙う予定だったが、この枠だとちょっと手が出し難いので、こちらを対抗にして対抗予定だった馬を本命にする事に。脚質的に不安がある馬や上がり馬が人気になるようなら当然この馬を上位に取りたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第80回 皐月賞(GI)>

去年の皐月賞も1点的中!

今年も確信の◎から大回収を狙う!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

皐月賞

本命はヴェルトライゼンデ

圧倒的人気に支持された前走のスプリングステークスではガロアクリークの決め手に屈する形となってしまったが、馬場が荒れている内を通っての結果なので、仮にガロアクリークと通ったコースが逆になっていればまた着差などは大きく変わっていた可能性が高かったのではないだろうか。

更に今回と同じコースで行われた2走前のホープフルステークスではコントレイルにぶっ千切られているが、この馬も直線ど真ん中から力強く伸びてきっちりと連を確保してきたので、今回は暮れからの成長と前走を使った上積み、そして相手との目標の違いを考えると逆転があっても驚けないのでは。

とにかく地味なタイプではあるが、父ドリームジャーニーから受け継いだトビの大きさやレースセンスの高さがウリの馬で、その特徴からすると広いコースよりもひとクセある中山向きというタイプなのは間違いないだけに、舞台設定を考えると次の日本ダービーよりも明らかに今回の皐月賞向き、という考えはホープフルステークスで本命を打ってから一ミリたりとも変わっていない。

無敗でここに駒を進めてきたコントレイルとサリオスはかなり強力ではあるが、この2頭の最大目標が次の日本ダービーとなれば仕上がりの差で付け入る隙は十分あると思うので、当初の予定通り、初志貫徹でヴェルトライゼンデに一冠目の印を託す事にした。

対抗はコントレイル

東京スポーツ杯でアルジャンナ、ラインベックを突き放して圧勝した後に今年の日本ダービーはこの馬で間違いないと思ったが、前走のホープフルステークスでヴェルトライゼンデを全く寄せ付けなかった内容からするとやはりその能力の高さは疑いようがない。

おそらくサリオスやサトノフラッグを相手にしても何の問題もなく勝ち切ってくるだけの力はある馬だと思うが、気になる点をあげるとすれば大舞台に滅法弱い鞍上と以前から指摘している左回り向きのタイプという点になるか。

更に中間の追い切りの動きや馬体からすると完全に次を考えてのつくりとなっているので、能力は抜けていてもここは全く隙がないという訳ではないのでは。当然能力の高さは認めているが、今回は取りこぼしも頭に入れつつの対抗までとしてみた。

▲にサトノフラッグ

当初はここまで印を上げる予定ではなかったが、中間の動きが素晴らしかった点に加え、当日の馬場が大きくこの馬に味方しそうな点を評価して3番手まで印を上げる事に。馬体を見ると皐月賞よりもダービーで買いたくなるタイプではあるが、能力を含めてこれといって大きく嫌う材料がない事も確かなので、案外一気の大物食いまであるかもしれない。

☆穴に人気ブログランキングへ

使って徐々にパフォーマンスを上げている点がいかにもこの父らしく、母方の血統を考えても今回のコースへの適性はまず高いはずなので、前走を使われた上積みを考えると今回はそろそろ走り頃と言えるのでは。

初戦で見せたパフォーマンスやコース形状を考えるとかなり強い競馬をしていた3走前の内容からしても力がある馬なのは間違いないので、近走の着順が嫌われて人気を落とすようなら上位評価して事故を狙うのが面白いのではないだろうか。

サリオス

先行馬が総崩れの展開の中を3番手から楽々押し切ってしまった前走の朝日杯フューチュリティステークスは見た目通りの強い競馬。ただ、走りのインパクトや積まれているエンジンの大きさでは今のところコントレイルに分があると思うので、今回は距離やコースを経験している強みも加味してあちらを上に取る事に。

更に前走で下した相手のレベルにも疑問が残ってしまうので、人気を考えると紐扱いで様子を見るのが正解と言えるのでは。

◎ヴェルトライゼンデ
〇コントレイル
▲サトノフラッグ
☆穴人気ブログランキングへ
△ダーリントンホール
△サリオス
△アメリカンシード

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

※久々にレース前にゆっくりとパドックをみれそうなので、パドックでの勝ち馬(単勝)予想を直前に追記予定です。

※上位人気勢の仕上がりに抜かりなしといった感じも、馬っぷりと大物感では劣っていてもヴェルトライゼンデ、ダーリントンホールも仕上がりだけなら大きな差は無し。

という事でこの2頭の単勝と頭固定、相手人気馬3頭の馬単を少し買ってみます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第80回 皐月賞(GI)>

コントレイル・サリオス無敗馬対決に
割って入る穴馬とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

3戦無敗でホープフルSを制したコントレイルはステップレースを使わず皐月賞に直行。朝日杯FSの覇者サリオスも3戦無敗で皐月賞へ直行と2歳王者対決が注目される。その他ではスプリングS優勝馬ヴェルトライゼンデ、デビュー戦こそ敗れたが前哨戦の弥生賞まで3連勝中で勢いに乗るサトノフラッグ、共同通信杯では見せ場なく敗れたマイラプソディなどが出走する。

過去10年の人気別の成績では、1人気[3.2.1.4]、3人気[1.3.0.6]、3人気[1.1.3.5]。上位人気は5勝のみと苦戦。平均配当では、馬連3500円、3連複2万7160円、3連単16万6620円。3連単100万馬券が1度、37万馬券が1度出ているように荒れるケースもある。

過去10年、1番人気で勝ったのは昨年のサートゥナーリア、ロゴタイプ、ヴィクトワールピサ3頭のみ。1番人気が凡走するケースも多く信頼度は高くない。

ステップレース別の成績では共同通信杯組4勝、スプリングS組3勝。優勝馬こそ1頭だが連対では弥生賞組が6連対。オープンの若葉Sも勝ち馬こそ出していないが3頭が連対。

過去10年の連対馬20頭中18頭は前走で連対(1着12頭)しており、連対を外していたのはサンリヴァル、エピファネイアの2頭のみ。前哨戦で凡走した馬は厳しい。

あの大波乱となった17年皐月賞は◎ペルシアンナイト(4人気)穴アルアイン(9人気)で馬連8710円ズバリ的中!今年は3戦無敗馬コントレイル、サリオス、レクセランスに3連勝中のサトノフラッグやマイラプソディなどの有力馬がスタンバイ!競馬セブンでは人気薄確実な激走情報馬の勝負駆け情報を極秘入手!皐月賞の馬券を買う前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『皐月賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク