【皐月賞2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、皐月賞に出走を予定しているクリスタルブラック、コントレイル、サリオス、サトノフラッグ、レクセランス、ブラックホール、マイラプソディの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着
ダノンファンタジー 1人気5着
ペールエール 6人気15着
レシステンシア 1人気2着

先週の追い切り注目馬は桜花賞のレシステンシアが1人気で2着。馬券共々ちょっと噛み合わない土日だったので、今週は先週の負けを一気に捲れるように頑張ります。

皐月賞最終追い切り

クリスタルブラック

線は細く感じてしまうが、非常に軽快なフットワークで馬に活気は感じられる。ただ、明らかに内面を意識しての追い切りとなっており、この内面が影響して強めに追えないというのが現状だと思うので、久々という事もあって当日はテンションが上がらないかどうかが課題となるのでは。

コントレイル

馬なりでの調整となった先週とは違い、今週はしっかりと負荷をかけてきた。余裕があった馬体もかなりすっきりとしており、トモや肩の筋肉もパンパンに張っている。身体全体使ったダイナミックなフォームとリズム良く軽快に走る姿は相変わらず素晴らしく、先週よりも脚を大きく前へ出せている点や飛節が良く伸びている点からしても前走のホープフルステークスの出来に近い状態まで持ってこれたと思っていいだろう。

去年よりも走りに力強さは増しており、身体がひとまわり大きくなってもこれだけ素軽さを感じられる点からするとやはり普通の馬ではない事は確かなので、最大目標は次だとしてもここを勝ち切るだけの力は十分ある馬と言えるのでは。

ただ、相変わらず走りに器用さは全く感じられないので、立ち回りが上手いタイプに足元をすくわれてしまう不安があるにはある。

サリオス

馬体と筋肉量の影響もあって動きに迫力はあるものの、頭の高さとフォームの硬さは2歳時の頃から何も変わっていない。それでも追われるとすぐに反応出来るようになった点や折り合いがつくようになった点など去年から成長を感じられる点もいくつかあるので、単純な早熟馬ではない事は確か。

一週前追い切りの時点で既に馬は出来ていたが、2週続けてびしっと追われる意欲的なメニューを組まれている点がいかにもという感じで、先週豪快なフットワークで他馬を圧倒した走りが全てを物語っているだろう。地面を蹴る力強さと脚の回転の速さも十分なので、今週の調教パートナーとの着差などは気にする必要はなさそう。

サトノフラッグ

先週もなかなか動いていたが、今週も終い重点とはいえ、ヒューイットソンを背に2頭併せで負荷をかけてきた。前半は少し力んでいるように見えたが、そのまま直線でも重心を低く保ちながらスッと加速し、力強い動きで一気に相手との差を詰めて余裕残しで併入。

トモや肩もかなり引き締まっており、使われて徐々に馬体が整いつつある点からすると非常に怖さがある一頭と言えるので、この動きや馬体通りであれば無敗馬2頭を相手にしても能力は引けを取らないのではないだろうか。ここに来ての成長力は半端ない。

レクセランス

頭の高さと頸差しのラインの硬さは気になるが、脚もとや胸前はすっきりとしていて馬体には最低限の柔軟性は感じられるので、ここに関してはこの馬の特徴のひとつなのかもしれない。動きに全く無駄がなく、手前の替え方も非常にスムーズに感じたので、この器用さや癖のなさは小回りコースでこそ活かされる事になるのでは。

明らかに相手にした馬の動きが悪かったので着差などは全くアテにはならないが、前走を使った上積みと去年からの馬体の成長はしっかりと感じられるので、今回の動きや馬体を見る限りでは穴としてマークしておく必要はあるか。

ブラックホール

これは先週の追い切りでも感じられた事ではあるが、追われた時の反応と伸びが悪い意味で比例していない。頸の可動域も狭く、脚をちょこちょこ出しながら走る姿はお世辞にも見栄えするとは言えない。よって走りに全くインパクトは感じられないが、この小さくせこく走る姿からするとトリッキーなコースは間違いなく合う馬だと思うので、今回の舞台設定を考えると案外なくはないと思うが…。

スパッと切れるタイプではないので素軽さがある割には伸びを欠くような走りに見えてしまうが、大きな癖を出す事なく最後まで集中して走れているので、この真面目さが意外と武器になる可能性も。

マイラプソディ

キビキビとした活気のある動きが目に付くが、脚が外へ流れている事もあって一応相手に先着はしたものの、追った割に伸びない印象を受ける。脚の回転の速さやスピード感は抜群も、何故か弾けないという謎の追い切り、動きとなっているので、ここはかなり評価に困ってしまうが、一応馬体全体を見ると馬はしっかりと出来ているので、もしかするとこの動きが底というオチなのかもしれない。

よって走りや馬体は決して悪くは感じないが、今回のメンバーの中に入ると動きは目立たないというのが最終的な答えとなる。

最後にこれは余談になるが、併せた相手は馬体に緩さがありながらも相当動いているので、どちらかと言えばこの馬が出走した時(レースを使う時)に厚い印を打ちたいというのが現時点での個人的な考えなので、このまま順調に調整が進めば楽しみな一頭と言える。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

相手はかなり強くなるが、この動きなら今回の相手でも十分やれるとみた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第80回 皐月賞(GI)>

コントレイル・サリオス無敗馬対決に
割って入る穴馬とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

3戦無敗でホープフルSを制したコントレイルはステップレースを使わず皐月賞に直行。朝日杯FSの覇者サリオスも3戦無敗で皐月賞へ直行と2歳王者対決が注目される。その他ではスプリングS優勝馬ヴェルトライゼンデ、デビュー戦こそ敗れたが前哨戦の弥生賞まで3連勝中で勢いに乗るサトノフラッグ、共同通信杯では見せ場なく敗れたマイラプソディなどが出走する。

過去10年の人気別の成績では、1人気[3.2.1.4]、3人気[1.3.0.6]、3人気[1.1.3.5]。上位人気は5勝のみと苦戦。平均配当では、馬連3500円、3連複2万7160円、3連単16万6620円。3連単100万馬券が1度、37万馬券が1度出ているように荒れるケースもある。

過去10年、1番人気で勝ったのは昨年のサートゥナーリア、ロゴタイプ、ヴィクトワールピサ3頭のみ。1番人気が凡走するケースも多く信頼度は高くない。

ステップレース別の成績では共同通信杯組4勝、スプリングS組3勝。優勝馬こそ1頭だが連対では弥生賞組が6連対。オープンの若葉Sも勝ち馬こそ出していないが3頭が連対。

過去10年の連対馬20頭中18頭は前走で連対(1着12頭)しており、連対を外していたのはサンリヴァル、エピファネイアの2頭のみ。前哨戦で凡走した馬は厳しい。

あの大波乱となった17年皐月賞は◎ペルシアンナイト(4人気)穴アルアイン(9人気)で馬連8710円ズバリ的中!今年は3戦無敗馬コントレイル、サリオス、レクセランスに3連勝中のサトノフラッグやマイラプソディなどの有力馬がスタンバイ!競馬セブンでは人気薄確実な激走情報馬の勝負駆け情報を極秘入手!皐月賞の馬券を買う前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『皐月賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク