【皐月賞2021予想】アンタレスステークス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、皐月賞の予想を。ダノンザキッド、エフフォーリア、ヴィクティファルス、タイトルホルダー、ステラヴェローチェ、ラーゴムなどが出走する芝2000mのG1レース。

なお、こちらの皐月賞の予想や日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【皐月賞2021予想他】4月18日勝負レース

普段G1はブロブで公開していますが、今回は訳アリのnote公開。

なお、土曜の勝負レースは2レースどちらも軸は無難に走ってくると思いましたので、後は相手がド本線でがっつりと噛むかどうか、という感じでしたが、痛恨の相手抜けをくらうハメに。

ただ、結局条件問わず今週も最後の最後に仕事をしたのは中山でした。

下総ステークス予想結果

1着…タイガーインディ
2着◎ゲンパチルシファー
3着△ダンツキャッスル

本命馬はこの人気でも無難に走ってくると思いましたが、痛恨の相手抜け。

何となく中穴~中穴~という組み合わせで決まりそうなレースだったので噛めば3連複でもそれなりの配当にありつけると思っていましたが…。

アーリントンカップ予想結果

1着◎ホウオウアマゾン
2着…リッケンバッカー
3着△レイモンドバローズ

まさかの1人気でしたね(今年重賞で1人気に本命を打ったのは初)。軸はほぼ迷いなしだったので下総ステークス同様に痛恨の相手抜けをくらってしまいました。

中山グランドジャンプ予想結果

1着〇メイショウダッサイ
2着◎ケンホファヴァルト
3着△タガノエスプレッソ

馬連 1,400円

3連単 4,810円

中山は中山でも今週は障害というオチでした。オジュウチョウサンが飛んでくれたこともあってこの頭数でも案外な配当、回収に。

もともと障害レースはかなり得意だったので、今回もなかなかいい予想が出来たとは思いましたが、想像以上に綺麗にはまりましたね(特に馬連。それでもここを勝負レースに指定する勇気はありませんでした)。

ただ、全体的に今週の土曜はいつものように流れ、読みは悪くないが噛まないという結果となってしまったので、日曜はこの噛まなかった分まで噛ませてドカンと一撃を出します。

【皐月賞2021予想他】4月18日勝負レース

中央の勝負レースは30戦19勝

土曜に続いて日曜も面白そうなレースがありますので、いつも以上に多めの更新となりそうですが、目玉はやはり得意の中山で行われる重賞、皐月賞になるでしょう。

毎週、毎週万馬券を当ててお世話になった春の中山開催もこれがラスト。

当然最後の最後までお世話になるつもりですので、この皐月賞だけは何としても仕留め、そして土日共に結局中山でした、というオチで〆てやります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪杯の穴モズベッロに続き桜花賞もファインルージュで的中!

混戦模様の皐月賞もとっておきの勝負情報を入手済み!

【皐月賞注目穴馬】

中山記念注目馬5選

ケイデンスコール5人気→2着
バビット
ヒシイグアス1人気→1着
クラージュゲリエ
ウインイクシード7人気→3着

フェブラリーS注目馬5選

カフェファラオ1人気→1着
アルクトス
ワンダーリーデル8人気→3着
ソリストサンダー
レッドルゼル

フィリーズレビュー馬注目馬5選

シゲルピンクルビー8人気→1着
エルカスティージョ
オパールムーン
ララクリスティーヌ
ヨカヨカ3人気→2着

中山牝馬S注目馬5選

ロザムール5人気→2着
ドナアトランテ
リアアメリア
サトノダムゼル
ランブリングアレー7人気→1着

【皐月賞注目穴馬】

アンタレスステークス

モズアトラクション

久々の好走となった前走の仁川ステークスでは直線豪快なカニ歩きをする大きなロスがありながらも、勝ち馬であるマイネルユキツバキと0.1秒差の競馬3着なら負けて強しと言える内容で、この時タイム差無しの競馬に持ち込んだロードレガリスの能力を物差しにすると、長期休養明けでの競馬にしてはかなり走っている部類に入るだろう。

その前走の内容、着順だけで完全に復調したとは言い切れないが、少なくともまだ終わった馬ではないという事は確かなので、今回も展開ひとつで上位に食い込んでこれるだけの存在と言えるのでは。

当日はゴリゴリの不良馬場でレースが行われる事はないにしろ、前日のまとまった雨の影響でパンパンの良馬場でレースが行われる可能性はかなり低いと思うので、脚抜きの良い馬場になれば過去のエルムステークスのように直線で本馬の末脚が炸裂する事になるとみた。

アナザートゥルース

過去のアンタレスステークスで1,2着と好走している馬で、去年よりも1キロ軽いハンデ57キロで競馬が出来る今回は3年連続の好走にも期待が持てそう。

雨の影響が残っても全く問題ないタイプで、近走のレース内容を見ても全く衰えた様子は感じられないだけに、この条件、相手なら大崩れする姿はあまり想像出来ない。

人気ブログランキングへ

今回はあくまでも挑戦者という立場ではあるが、コース、馬場、脚質とほぼ買い材料が揃っている馬で、ここに雨の影響が残る事になれば更に怖さが増す一頭になる。

2,3走前のレース内容、そして相手にした馬のレベルなどを考えてもここで力が劣っているとも思えないので、終わってみればアッサリだったというパターンも十分あり得る話だろう。

ここまで買い材料が揃えば本命にしてもよかったが、迷った時は人気薄、という持論を貫き、今回は強めの3番手としてみた。

ヒストリーメイカー

みやこステークス、東京大賞典の内容を考えると得意の阪神なら負けられないぐらいの存在ではあるが、どうしても取りこぼしが多くなってしまうタイプなので、見せ場をつくっての掲示板止まりも頭に入れて今回は4番手までの印とした。

ただ、スパッと勝ち切ってくるタイプではないが、良くも悪く相手なりのタイプでもあるので、ここもいつものこの馬らしい着順は拾ってくるのでは。

◎モズアトラクション
〇アナザートゥルース
人気ブログランキングへ
☆ヒストリーメイカー
△ロードブレス
△ナムラカメタロウ
△レピアーウィット
△グリム
△ダノンスプレンダー
△メイショウカズサ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

皐月賞の予想や日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【皐月賞2021予想他】4月18日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第81回 皐月賞(GI)>

エフフォーリア・ダノンザキッドを
脅かす穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

春GI戦線 高松宮記念 大阪杯 2戦2勝!
2000年以降の主な勝ち馬ではエアシャカール(2冠馬)、ネオユニヴァース(2冠馬)、ディープインパクト(3冠馬)、メイショウサムソン(2冠馬)、オルフェーヴル(3冠馬)、ゴールドシップ(2冠馬)、ドゥラメンテ(2冠馬)、コントレイル(3冠馬)など3冠馬が3頭、2冠馬が5頭出ている。

過去10年の人気別の成績では、1人気[3.2.1.4]、2人気[1.3.0.6]、3人気[1.2.3.4]。上位人気は5勝のみと苦戦。平均配当では、馬連3440円、3連複2万6930円、3連単16万5730円。馬連3桁配当は5度あり順当に決まるケースも多いが3連単100万馬券が1度、37万馬券が1度出ているように荒れるケースもある。

過去10年、1番人気で勝ったのは昨年のコントレイル、19年サートゥナーリア、13年ロゴタイプ頭のみ。1番人気が凡走するケースも多く信頼度は高くない。2桁人気の伏兵馬は17年ダンビュライト(12番人気3着)が馬券圏に好走した1頭のみで人気薄の激走は多くない。

ステップレース別の成績では共同通信杯組が4勝、スプリングS組が3勝。優勝馬は出ていないが連対では弥生賞組が5連対。オープンの若葉Sも勝ち馬こそ出していないが3頭が連対。

今年は3戦無敗で共同通信の勝ち馬エフフォーリア、ホープフルSを勝った2歳王者ダノンザキッド、新馬戦・京成杯を2連勝中のグラティアス、ここまで4戦3勝のディープモンスアーなどがスタンバイ!競馬セブンでは人気薄確実な激走情報馬の勝負駆け情報を極秘入手!皐月賞の馬券を買う前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『皐月賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第81回 皐月賞(GI)>

エフフォーリア・ダノンザキッドを
脅かす穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク