【関屋記念2020予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の新潟メイン、関屋記念に出走を予定しているアストラエンブレム、エントシャイデン、クリノガウディー、プリモシーン、メイケイダイハードの最終追い切りに関する記事を。

なお、本日門別で行われるブリーダーズゴールドカップの予想は既に更新済みです。

【ブリーダーズゴールドカップ2020予想】

2020年追い切り注目馬後半

タイセイアベニール 2人気4着
サクラトゥジュール 4人気6着
ミッキーワイルド 7人気13着
マイネスサーパス 4人気11着
ベストアプローチ 4人気10着
ミッキーブリランテ 7人気5着
ゴールドクイーン 4人気16着
カリビアンゴールド 5人気5着
穴レッドアネモス 11人気1着
アナザートゥルース 5人気3着
ミヤジコクオウ 2人気2着

先週の追い切り注目馬はどちらのレースもしっかりと馬券に絡んで上手くいきました。馬券はエルムステークスでベタにアナザートゥルースに本命を打っていれば、という結果でしたが、レパードステークスの本命馬に関してはそれなりに自信ありだったので、とりあえず最低限の結果を出せて良かったです。

関屋記念最終追い切り

アストラエンブレム

頸差しのラインに硬さは残っているが、フォームは大きく動きも素軽い。途中少し癖を出すが、重心のブレなどは一切なくしっかりとスピードに乗って最後まで集中して駆け抜けた。

年齢的に前走からの大きな上積みなどは感じられないが、良くも悪くも普段通りの動き、馬体となっているので、この馬なりに力は出せる出来に持ってこれたと思っていいのでは。珍しく可動域も広く感じる点にも好感が持てた。

エントシャイデン

全体的に馬体をふっくらと見せている点には好感が持てるが、前走時と比較するとやや動きが重く脚捌きにも鈍さが感じられる。追われた反応もイマイチで、最後までスッと加速出来なかった点は当然マイナスになるが、この馬は追い切りではいつもこんな感じなので極端に割り引く必要はないだろう。

それでも特別目立った動き、馬体ではなかった事は確かではあるので、良くても前走ぐらいの出来での出走となるか。

クリノガウディー

重心が安定せずフォームも大きく乱れるが、脚はしっかりと前へ出せていて動きも大きくパワフルではあった。ただ、内面の荒さからすると距離を縮めたタイミングが狙い目かも、と思ってしまうだけに、それなりに票を集めるようならちょっと嫌ってみたい気も…。

馬体の張りは申し分ないが、動きと馬体がつり合っていないというのが現状なので、内面をつくるにはもう少し時間がかかるか。

プリモシーン

相変わらず内面はギリギリも、最後まで大きな癖を出す事もなく真っ直ぐ走り切れた点は評価しておきたい。可動域が狭い事もあって全体的な動きはこじんまりとして見えるも、これでも馬体以上に身体を大きく使って走れているので、この馬の過去の動きとの比較になると決して悪い印象は受けない。

もう少し負荷をかけて欲しかったが、おそらく内面を考慮しての追い切りだったと思うので、馬なりでも最後はしっかりと加速出来ていた事を評価しておきたい追い切りと言えるか。

メイケイダイハード

前走はあっと驚く激走ではあったが、その前走で激走した事で疲れが出たのか馬体が緩く動きにも鈍さが残っている。頸と脚を出すタイミングも合わず、結局最後までスピードに乗る事が出来なかった点も割り引いて考える必要があるので、今回は期待よりも不安が先行する動き、出来と言えるか。

予想オッズ

1 プリモシーン 2.8
2 サトノアーサー 5.3
3 クリノガウディー 5.6
4 グルーヴィット 6.3
5 アンドラステ 7.4

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第55回 関屋記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年まで、サマーマイルシリーズは第1戦が中京記念、第2戦が関屋記念と、左回りのマイル戦が続いていた。

しかし、過去10年で中京記念で1~3着だった馬が、関屋記念で馬券になったのは2017年のウインガニオン(1着→2着)しかおらず、ほぼ直結していない。

ハンデ戦から別定戦になることで、中京記念で賞金加算した馬は前走よりも重い斤量を背負おうことになるし、中2週とローテーションも楽ではない。

何より、同じ左回りでも直線に坂のある中京と平坦の新潟ではコース形態が違うから、求められる適性が違うのだ。

ただし、今年は去年までと状況が違う。まず、今年の中京記念は、右回りの阪神で行われたという点だ。阪神も直線に坂があるとは言え、「左回りではないから」と避ける陣営が出てくるのは当然だろう。

そして、今年からサマーマイルシリーズが拡充されたこともポイントになる。第1戦に米子Sが追加されたことにより、無理のないローテーションが組めるし、全て参戦することでポイントを稼ぐという考え方もできる。去年よりも陣営も思惑は複雑化している。

いつもと違う状況では、例年までのデータや考え方をしていては、なかなか馬券的中を掴むことは困難。しかも、世の中に出回っている情報の大半は、人員不足のマスコミが何とか入手してきた表向きのコメントなのだから、夏競馬で高配当決着が多発するのは当たり前だ。

夏競馬において、毎年シンクタンクが高配当、万馬券的中を掴み、“馬券天国”として儲けていただいているのは、情報不足の世間を尻目に、本物の関係者情報を不変で入手しているからに他ならない。

本物の関係者情報とは何なのか?まだ体感をされていない方々のために、弊社シンクタンクは情報の無料公開を行っている。今週は特別に関屋記念の情報と、馬券候補となる情報注目馬5選を無料で公開する。この機会に、ぜひとも本物を知っていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第55回 関屋記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク