【セントライト記念+仲秋ステークス2018予想】

スポンサーリンク


おはようございます。

土日の予想は全くいいところなし。昨日は久々に阪神競馬場で観戦し、現地で購入した夙川特別、能勢特別を的中させた時はメインまでノンストップと思いましたが、両メインで大外れしてしまい大きなプラスから一気にマイナスへ…。今日は何としても結果を、と思いますが、イレ込んで馬券が当たる訳でもないので、いつものように淡々と作業のように購入していきます。

では本日は月曜の中山メイン、セントライト記念の予想と阪神メイン、仲秋ステークスの予想を。まずは重賞のセントライト記念の予想から。

オウケンムーン、ギベオン、ケイティクレバー、コズミックフォース、ゼーゲン、タニノフランケル、ダブルフラット、ブレステイキング、レイエンダなどが出走する芝2200mのG2レース。菊花賞トライアルとだけあって今年もそれなりにメンバーは揃いました。

セントライト記念

本命は好馬体グレイル

過去に馬体診断で何度も触れている馬で、その時にも書いた事ではあるが、少し馬体がふわっと、ぼんやりとしているので、基本的に数を使われてからというタイプ。

ただ、これも以前から言っているように、パワー、スタミナ寄りの馬体、そしてフットワークなので、前走の東京コースから中山コース替わりは大幅なプラス材料となる。

前走の日本ダービーではこれといって大きな見せ場をつくる事は出来なかったが、レース中にアクシデントがあり参考外。2走前の皐月賞では直線で少しロスがありながらも、最後は外から上がり最速の脚を使い6着まで追い上げており、相手が最後はあまり強く追っていないとはいえ、ダービーを勝ったワグネリアンに先着した事は事実で、やはりパワーを必要とするコース、馬場であればそれなりにやれる馬。

今回は実績の割には人気は地味なので、これなら休み明け一発目から狙って損はないだろう。

対抗はジェネラーレウーノ

東京コースが全くダメという訳ではないが、現状はやはり成績が示す通り中山向きの馬。その中山ではダービー馬ワグネリアン、そして3着馬のコズミックフォースに先着しており、外枠から先行して勝ち切った京成杯の内容も非常に優秀だった。

当然今回のコース替わりは大幅なプラスで、距離が2200mになるのも悪くないだろう。ここは前走からの巻き返しに期待が持てる。

▲にレイエンダ

骨折して休んでいた期間があったが、現在3連勝中と最も勢いのある馬で、カリビアンゴールド、ドミナートゥスといった馬を相手に戦ってきた事を考えるとその連勝の中身も濃い。

どのレースも着差は大きくないが、時計は非常に優秀。更に手応えにはまだまだ余裕があり、この連勝の内容からすると能力はオープンは勿論、重賞でもまず足りる。前走を勝つ前からここを次の目標として馬をつくってきた経緯があるだけに下手な競馬にはならないか。

☆穴に人気ブログランキングへ

メンバーがメンバーなので印の打ち方を迷うが、2勝目をあげた時の内容、そして次のレース内容からすると今回の中山2200mというコースは非常に合いそうな感じがするこの馬を4番手としたい。

前走も負けたとはいえ、自分の形であればそれなりのレベルの馬が相手でもやれる事を証明出来たレースなので、ここも展開に恵まれるという事はないと思うが、2.3走前のような事にならなければ上位に食い込んで来る可能性は十分考えられる。

◎グレイル
〇ジェネラーレウーノ
▲レイエンダ
☆穴人気ブログランキングへ
△ダブルフラット
△ゼーゲン
△オウケンムーン
△ブレステイキング

続いて阪神メイン、仲秋ステークスの予想を。トラスト、ヤマカツグレース、レインボーフラッグ、テラノヴァなどが出走する芝1400mの準オープン、ハンデ戦。

3点勝負買い目を無料公開

仲秋ステークス

人気ブログランキングへ

1400m向きのレッドアンシェルが58キロでの競馬ならここは付け入る隙がある。前走もそれなりに走る条件が揃っていたが、今回もこの条件であれば恥ずかしい競馬にはならないだろう。

秘める能力は間違いなくオープン級なのでここもあっさり突破があっても。

人気ブログランキングへ
〇レインボーフラッグ
▲レッドアンシェル

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第64回 オールカマー(G2)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

天皇賞・秋、ジャパンカップ、ジャパンカップといった秋の王道路線を目指す馬たちが徐々に動き始めるのが9月。中山芝2200mの条件で行われる前哨戦がオールカマーだ。今年は17年ダービー馬・レイデオロを始め、皐月賞馬・アルアイン、グランプリホース・ゴールドアクターといったGI馬たちが、このレースで秋の始動戦を迎える。

ただ、実力通りに決まるとは限らないのが前哨戦。GI馬たちは本番に向けて賞金的にも余裕があるだけに「8分くらいのデキ」で出走することも珍しくなく「GIじゃ足りないからココで勝っておきたい」といった思惑を持って出走する陣営も。また、賞金的にボーダーラインにいる馬であれば「GI戦線へ向けて、最悪でも賞金加算はしなきゃアカン」と前哨戦でメイチ勝負を掛けてくる馬もいる。

しかし、こういった本音を表に出しても、陣営にとってはマイナスしかならない。そのため、ほとんどの新聞やマスコミ報道では、当たり障りないコメントばかりが並ぶことになるのだ。一方、業界最高峰とも言われる情報網をトレセン内外に持つ当社シンクタンクは、各陣営の勝負度合いから馬の仕上がり具合などあらゆる情報を入手し、どの馬が“買い”なのかを的確にジャッジすることが可能だ。

実際に当社は、昨年のオールカマーも、重賞特捜部が入手した内部情報から◎○▲の大本線3頭で【3連単2万0150円的中】をお届けしている。注目馬が集結する一戦とあって、今年も早くから有力情報を多数舞い込んでいる状況だが、今週は特別にオールカマーの【3連単勝負馬券】の情報を特別無料公開。今年も万馬券を仕留めたい方は、是非とも当社の情報を見て有効活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第64回 オールカマー(G2)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク