【セントライト記念2019予想】+JRAアニバーサリーステークス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は16日の中山メイン、セントライト記念の予想を。ニシノデイジー、リオンリオン、メイショウテンゲン、ランフォザローゼス、サトノルークス、ザダルなどが出走する芝2200mのG2レース、と言いたいところですが、大人の事情でこちらの予想は本命馬のみの公開となります(特に深い意味はございません。ただただ時間がない事を大人の事情という言葉で片付けようとしているだけです)。

では軽くにはなってしまいますが、セントライト記念予想から軽くいきます。

セントライト記念

人気ブログランキングへ

馬場が不透明な点が本当にここの予想を難しくさせた。馬券は馬場、展開、コース不問のこの馬から購入したい。じわじわと時間をかけて力をつけてきた点がいかにもこのレース向きという感じで、血統面からも今回のコースはまず合う印象を受ける。ここで権利を取る事が出来れば本番でも案外やれそうなタイプなので、何とか最低限の結果は残してもらいたい。

では続いて阪神メイン、JRAアニバーサリーSの予想を。

JRAアニバーサリーS

本命はミッキーブリランテ

前走の長岡ステークスでは先行馬が残る展開の中を逃げて粘り切れていないが、スタートで少し躓く場面があった事に加え、道中掛かり気味に追走した事で無駄に体力を消耗してしまった事がそのまま着順に繋がった感じで、決して力負けという訳ではないだろう。

アーリントンカップでは勝ち馬から0.1秒差、シンザン記念では0.2秒差の競馬とここまでの実績を考えると3勝クラスでは能力は上位と言える存在で、前走の競馬や血統を見る限りマイル以上の距離で勝利した実績があるとはいえ、現状距離は1400mがベストの馬ではないだろか。

よって今回の距離短縮が大幅なプラスになる可能性が高く、これといって強力な馬もいないここなら能力通りであればまず勝ち負けになる。おそらくかなりの人気を集める事になると思うが、土曜の競馬に続いてこの手のタイプには逆らわない事にする。

対抗は穴人気ブログランキングへ

前走は可もなく不可もなくといった感じではあるが、上位に入線した馬との着差や相手の能力を考えるとこの距離なら案外やれそう。どちらかといえばセコイ競馬に持ち込みたいタイプなので枠はもう少し内が欲しかったが、頭数が揃わなかった事は追い風になると思うので、馬券になるとすればこのタイミングでは。

▲にチトニア

先行する馬を外からあっと言う間に差し切った前走の内容が非常に優秀で、2着馬につけた着差や時計などどこを取っても高く評価出来るものだった。更にここ2走で下した相手もなかなか骨っぽく、仕上がりさえまともであればこのクラスでも能力は十分通用する馬と言えるだろう。

ただ、これまでの競馬をみるとどちらかといえば左回りの方が合いそうなタイプなので、突き抜けるならこの条件ではない気もするが…。

☆にムーンチャイム

好騎乗あっての結果ではあるが、前の馬をラスト1ハロンで一瞬にして交わした前走の脚をここでも使う事が出来ればもう一度があっても。これまで1400m戦ではほとんど崩れていない馬なので、今回の条件を考えるとこれ以上評価は落とす事は出来ない。

◎ミッキーブリランテ
○穴人気ブログランキングへ
▲チトニア
☆ムーンチャイム

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

馬券は馬単、3連単ともに本命馬の頭固定で勝負する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第73回 セントライト記念(G3)>

ダービー組で馬券になるのは?
上がり馬に出番は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

1995年に菊花賞トライアルに指定。3着までの馬に菊花賞の優先出走権が与えられる。過去10年の勝ち馬にはディーマジェスティ、キタサンブラック、イスラボニータ、フェノーメノ、ナカヤマフェスタなどのGI馬がいる。

過去10年、上位人気馬の成績では、1人気[3.2.1.4]、2人気[2.2.1.5]、3人気[1.2.2.5]と上位人気馬が6勝(連対率6割)。二桁人気馬では、15年ジュンツバサ(10人気3着)、14年タガノグランパ(10人気3着)、12年スカイディグニティ(14人気2着)の3頭が馬券圏に好走しているが、上位人気馬が揃って馬券圏を外したのは15年の1度のみで波乱が多いトライアルレースではない。

ステップレース別では(3着以内)、ダービー組[7-4-4]と過去10年で7勝しており圧倒的な成績を残している。他では1000万条件[1-5-1]、ラジオNIKKEI賞[1-1-2]、500万条件[1-0-2]となっており条件戦組から2頭が勝ち上がっている。

今年は3戦無敗のザダル、青葉賞の勝ち馬リオンリオン、重賞2勝馬ニシノデイジー、3連勝中の上がり馬オセアグレイトや弥生賞の勝ち馬メイショウテンゲン、サトノルークスなどが参戦。また、藤沢和雄厩舎は青葉賞2着ランフォザローゼス、ルヴォルグ、サトノフォース、レッドサイオンの4頭出し。ダービー組みで馬券になるのは!?また、夏の上がり馬に出番はあるのか!?競馬セブンでは各陣営の本音話を入手済!週末の情報はお見逃しのないようご注意ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『セントライト記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク