【セントライト記念2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は16日の中山メイン、セントライト記念にエングレーバー、サトノラディウス、ザダル、タガノディアマンテ、リオンリオンの一週前追い切りに関する記事を。

予想オッズ

1 リオンリオン 3.4
2 ルヴォルグ 4.0
3 ニシノデイジー 5.2
4 ランフォザローゼス 6.1
5 ザダル 7.2

1人気はダービー大敗も青葉賞の内容が鮮やかだったリオンリオン。右回りがどうかも行き切ってしまえば先週の京成杯オータムハンデのように止まらない可能性も十分考えられるので、脚質込みでここは票を集めてきそう。

良血馬ルヴォルグ、早い段階から重賞で活躍しているニシノデイジー辺りもそう差のない人気になると思うが、一度使われているランフォザローゼス、ダービーをスキップして秋に備えてきたザダルも10倍を切るオッズになるのではないだろうか。

セントライト記念一週前追い切り

エングレーバー

美しいフォームと軽い脚捌き、そしてリズミカルな走りが目に付いていた追い切り。最後まで一定のリズムを刻みながら安定した走りを披露しており、息遣いをみても出来はなかなか良さそうな印象を受ける。

ただ、良くも悪くもマルティンスタークといった感じで脚の出し方に硬さがある点はやや気になるポイントになるか。

サトノラディウス

まずぱっと見でわかるように胸が広く脚の回転が非常に鈍く感じる。強めに追われてもその後の反応や伸びはイマイチで、馬なりの調教パートナーに食らいつくのがやっとという感じの物足りなさが残る追い切りとなった。

馬体も明らかに太く、トモの緩さを見てもまだまだ完成途上という印象を受けるので、このひと追いである程度馬体が引き締まれば、という感じか。

ザダル

全体的に線が細く、動きもややこじんまりとしている印象を受けるが、脚の回転や可動域は特に問題はなさそう。ただ、追われた時にもたつく点やフォームが乱れた点など、この辺りを見るといかにも休み明けという感じがするので、最低でも中身が出来ない事にはちょっと手を出し辛い馬ではある事は確か。最終追い切りの変わり身に期待したい。

タガノディアマンテ

前半は相変わらずの気の悪さをみせるが、直線では何とか気持ちをセーブしている。フォームが沈まない点や発汗も気になるが、調教パートナーを捉えてからは一気に内面にスイッチが入ってその後は相手との着差を広げるだけの追い切り。

身体の使い方も上手く、可動域の広さや地面を蹴る力強さなどを見ると久々でもそれなりにやれそうな印象を受けるので、休み明けでも力を出せる出来にはあると思っていいのでは。ただ、調教パートナーがこちらの追い出しを待つような仕草を見せていたので、相手につけた着差は鵜呑みにしない方が良さそう。

リオンリオン

頭が高く、頸の可動域も狭く感じるが、この馬はいつもこんな走りをするので、ここに関しては大きくは割り引かない事にする。

馬体以上に身体が大きく感じる点はプラスになるが、追われた時の反応の鈍さや最後伸びそうで伸びなかった点を考えるといかにも休み明けという感じではあるので、最終追い切りでこの辺りが改善されない事にはちょっと手は出せないか。

最後にセントライト記念の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

なかなか難しい一戦となりそうですが、当たれば大きそうなレースなので、ここは色を出していこうと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第73回 セントライト記念(G3)>

ダービー組で馬券になるのは?
上がり馬に出番は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

1995年に菊花賞トライアルに指定。3着までの馬に菊花賞の優先出走権が与えられる。過去10年の勝ち馬にはディーマジェスティ、キタサンブラック、イスラボニータ、フェノーメノ、ナカヤマフェスタなどのGI馬がいる。

過去10年、上位人気馬の成績では、1人気[3.2.1.4]、2人気[2.2.1.5]、3人気[1.2.2.5]と上位人気馬が6勝(連対率6割)。二桁人気馬では、15年ジュンツバサ(10人気3着)、14年タガノグランパ(10人気3着)、12年スカイディグニティ(14人気2着)の3頭が馬券圏に好走しているが、上位人気馬が揃って馬券圏を外したのは15年の1度のみで波乱が多いトライアルレースではない。

ステップレース別では(3着以内)、ダービー組[7-4-4]と過去10年で7勝しており圧倒的な成績を残している。他では1000万条件[1-5-1]、ラジオNIKKEI賞[1-1-2]、500万条件[1-0-2]となっており条件戦組から2頭が勝ち上がっている。

今年は3戦無敗のザダル、青葉賞の勝ち馬リオンリオン、重賞2勝馬ニシノデイジー、3連勝中の上がり馬オセアグレイトや弥生賞の勝ち馬メイショウテンゲン、サトノルークスなどが参戦。また、藤沢和雄厩舎は青葉賞2着ランフォザローゼス、ルヴォルグ、サトノフォース、レッドサイオンの4頭出し。ダービー組みで馬券になるのは!?また、夏の上がり馬に出番はあるのか!?競馬セブンでは各陣営の本音話を入手済!週末の情報はお見逃しのないようご注意ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『セントライト記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク