【セントライト記念2020予想】本命サトノフラッグ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は月曜の中山メイン、セントライト記念の予想を。ガロアクリーク、ヴァルコス、バビット、フィリオアレグロ、ラインハイトなどが出走する芝2200mのG2レース。

なお、本日中京で行われるローズステークスの予想は既に更新済みです。

【ローズステークス2020予想】

土曜の競馬は単勝2本のみでしたが、中京メインは軸をミス、中山メインは超不完全燃焼の競馬と結果が出ず。今週の勝負は地方込みでの重賞となりますので、日曜から結果を残して余裕を持って地方に向かいたいところ。

セントライト記念

本命はサトノフラッグ

前走の日本ダービーでは厳しい外枠を引き当てた事に加え、道中の位置取りも悪くさすがに出番なし。更に直線では上手く進路が確保出来ずに追い出しがワンテンポ遅れてしまうちぐはぐな内容となってしまったが、それでも追い出されてからはジリジリと脚を使いながら前との差を詰めて3着馬であるヴェルトライゼンデとは0.4秒差の競馬なら負けて強しの内容。

さすがに勝ち馬コントレイルや2着馬のサリオスにはぶっちぎられてしまったが、枠順や位置取り、そして直線で追い出しが遅れてしまった事が影響しての着差と言えるので、まともであればもう少し相手との着差が縮まるのは間違いないだろう。

ただ、皐月賞の内容を見るとコントレイル、サリオスとの力差はそれなりに大きいと思うので、この2頭に割って入るには条件や展開の助けが必要になるが、今回は幸いにもこの2頭が不在となる前哨戦。

これまでG1以外のレースで相手にしてきた馬のレベルがお世辞にも高いとは言えないだけに、どちらかといえば人気先行タイプである事は否めないが、弥生賞勝ちを含め、得意としている中山コースでの競馬となる今回であれば適性の高さで上位に食い込んでくる可能性は高いのではないだろうか。

当初はもう少し穴っぽいところから手広く流す予定だったが、どの馬もイマイチパッとしないというのが最終的な答えとなってしまったので、ここはあえて振り回さずにシンプルに印を打つ事にした。

対抗はガロアクリーク

スプリングステークスでは日本ダービーで3着に入線したヴェルトライゼンデを差し切って勝利。

その後も皐月賞でコントレイル、サリオスに次いでの3着なら弱い馬の訳がなく、明らかに距離が長かった前走の日本ダービーでもしっかりと見せ場をつくっていただけに、これまで相手にしてきた馬のレベルの高さを考えると今回は相手に恵まれた印象すら受けてしまう。

ただ、成長力のない血統に加え、2200mという距離に関してもこの馬には少し長い気がするので、能力はあたま一つリードしていても何かに足もとをすくわれてしまう可能性はそれなりに高そうな気もするが

ヴァルコス

今回のトリッキーなコースへの対応がカギとなるが、決して不器用なタイプとは思わないので、乗り慣れた鞍上が上手くエスコートすればここも自然と結果はついてくるか。

前走の日本ダービーは少し負け過ぎの印象も、このぐらいの相手であれば青葉賞ぐらい走ってしまえば力は足りるだろう。

穴に人気ブログランキングへ

2着馬との着差は大きくなかったものの、3着以下を大きく突き放して勝利した1勝クラスの内容がなかなか強烈だった馬。

その後、ラストの手応えにまだ余裕があった事を考えるとクラスが上がっても能力は通用する馬と書いた事があったが、実際に勝ち星を重ねてしっかりとここに駒を進めてきたので、その見解に狂いはなかったと言える。

春はまだ馬体が未完成だった事もあって大舞台での出走は叶わなかったが、姉と同じようにこのぐらいの時期から徐々に馬体に身が入ってくるタイプだと思うので、相手大幅強化となる今回も人気以上に怖さがある一頭。

◎サトノフラッグ
〇ガロアクリーク
▲ヴァルコス
☆穴人気ブログランキングへ
△ラインハイト
△バビット
△ダノンファスト
△フィリオアレグロ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第74回 セントライト記念(G3)>

ダービー組で馬券になるのは?
上がり馬に出番は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

1995年に菊花賞トライアルに指定。3着までの馬に菊花賞の優先出走権が与えられる。過去10年の勝ち馬にはディーマジェスティ、キタサンブラック、イスラボニータ、フェノーメノ、ナカヤマフェスタなどのGI馬がいる。

過去10年、上位人気馬の成績では、1人気[3.2.1.4]、2人気[2.2.1.5]、3人気[1.2.2.5]と上位人気馬が6勝(連対率6割)。二桁人気馬では、15年ジュンツバサ(10人気3着)、14年タガノグランパ(10人気3着)、12年スカイディグニティ(14人気2着)の3頭が馬券圏に好走しているが、上位人気馬が揃って馬券圏を外したのは15年の1度のみで波乱が多いトライアルレースではない。

ステップレース別では(3着以内)、ダービー組[7-4-4]と過去10年で7勝しており圧倒的な成績を残している。他では1000万条件[1-5-1]、ラジオNIKKEI賞[1-1-2]、500万条件[1-0-2]となっており条件戦組から2頭が勝ち上がっている。

今年は日本ダービー組みからヴァルコス、ガロアクリーク、サトノフラッグ、青葉賞以来の出走となるフィリオアレグロ、ラジオNIKKEI賞の勝ち馬バビットなどが参戦。今年のダービー組みで馬券になるのは!?また、夏の上がり馬に出番はあるのか!?競馬セブンでは各陣営の本音話を入手済!週末の情報はお見逃しのないようご注意ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『セントライト記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

 

スポンサーリンク