【セントウルステークス2019予想】+京成杯オータムハンデ

スポンサーリンク


おはようございます。

秋競馬一発目となった土曜の紫苑ステークスは☆パッシングスルー◎フェアリーポルカ〇カレンブーケドールで無難に的中。本命馬の単勝や頭の3連単が欲しかったというのが本音ではありますが、無双した夏競馬の好調はしっかりと維持出来ている感じなので、秋もこのまま突っ走りたいと思います。

ただ、日曜のレースも他の記事を更新する兼ね合いもあって軽くの更新となってしまいますので、今週だけは手抜き更新をお許し頂けたらと思います。

では、本日は日曜の阪神メイン、セントウルステークスの予想を。ミスターメロディ、タワーオブロンドン、ダイメイプリンセス、アンヴァル、マテラスカイなどが出走する芝1200mのG2レース。

とりあえず今週のプラス収支は確定しているので、日曜は気楽に攻めていこうと思います。

まずは阪神の予想の前に中山メイン、京成杯オータムハンデの予想を。

京成杯オータムハンデ

プロディガルサン

条件が揃っていた前走が案外な結果に終わったのでここで本命を打つのはちょっと違う気もするが、力負けというよりも極端なペースに泣いた事が大きな敗因のひとつなので、前走の結果で人気が落ちそうな今回は狙う価値は十分ある馬だろう。枠はもう少し外が欲しかったが、スムーズなら巻き返し濃厚とみた。

相手は前走本命を打ったクリノガウディー、同レース覇者のグルーヴィット、調教動いたプールヴィル辺りを本線に手広く流して事故を狙う。

◎プロディガルサン
〇クリノガウディー
▲グルーヴィット
☆プールヴィル

続いて阪神メイン、セントウルステークスの予想を。

セントウルステークス

イベリス

想像以上に人気になっている点は気になるが、馬券は条件揃ったこの馬から組み立てたい。これまで敗因がはっきりとしている前走以外は大きく崩れる事なく走っている馬で、母方の血統を考えてもこのレースへの適性はそれなりに高いのではないだろうか。

相手はこちらも条件揃ったタワーオブロンドン、枠とハンデは気になるが力は出せる出来に仕上がっているミスターメロディの2頭が本線。3着にペイシャフェリシタやラブカンプーといった穴馬を連れてきてくれる事を願って3連系を購入したいが、馬連、馬単辺りを本線として購入したいレース。

◎イベリス
〇タワーオブロンドン
▲ミスターメロディ
☆穴ペイシャフェリシタ
△穴ラブカンプー

来週からは通常通りの更新になると思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第64回 京成杯AH(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマーマイルシリーズは僅かに3戦しかないため、最終戦の時点で勝たねばチャンピオンになれない馬が大半となる。今年は関屋記念を制し、去年の勝ち馬でもあるミッキーグローリーが参戦しないため、ココを勝たずともチャンピオンになれる可能性があるのは、中京記念を制したグルーヴィットのみとなる。

中京記念は、グルーヴィットから的中をお伝えしているように勝負度合いは高かったのだが、今度は右回りの芝かつ小回りは初めてと未知数な舞台に替わる。果たしてこれまで同様のパフォーマンスを発揮することができるのか、そもそも勝負気配があるのかは、馬券攻略においてひとつのカギになると言えよう。その他にも、どの陣営が本気でチャンピオンを狙っているのか、サマーシリーズは関係なく参戦してくる馬も多数いるだけに、その取捨は一筋縄ではいかない。

しかも、中山マイル戦は枠順の有利不利が大きく、開幕週の馬場でハンデ戦となれば、紛れが生じやすくなるのは必定。にも関わらず、各新聞紙の記者達は枠順確定前に印を打つのだから、その情報がいかにアテにできないかは一目瞭然。新聞の情報をアテにして馬券を買うなど、ホボ運任せに等しいと言っていい。

こんなレースだからこそ、競馬界の大物OBなど大物関係者が情報ルートとして在籍し、騎手、厩舎、馬主、生産者などから確かな情報を聞くことができるシンクタンクの情報力がより生きることになる。もちろん、新聞などの一般マスコミとは違い、枠順が決まった後の関係者の声などもお伝えできる。

今週は一般に難解と思われる京成杯AHの関係者情報と【情報注目馬選】を特別に無料公開する。同週に行われるセントウルS、紫苑Sも含めて、馬券を買うのであれば、ぜひとも情報を見て頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第64回 京成杯AH(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク