【シンザン記念2020予想】本命ヒシタイザン

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、シンザン記念の予想を。ルーツドール、タガノビューティー、ヒシタイザン、ヴァルナなどが出走する芝1600mのG3レース。

土曜の予想はかすりもしませんでしたが、日曜も大外れ覚悟で振り回します。

なお、本来であれば中山のレースにも手を出したいところですが競馬はまだ明日もありますので今日は無理はしません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

第54回 シンザン記念(G3)

最強の関西情報社チェックメイトは有馬記念も勝負の関西馬情報で特大万券的中をズバリお届け!

有馬記念(G1)

馬連◎○:2990円的中
3連複:1万0750円的中
3連単:5万7860円的中

シンザン記念は今年も人気薄大ヤリ関西馬が波乱の主役となる!?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

シンザン記念

本命はヒシタイザン

ルーツドールはさて置き、その他のメンバーを見ると馬券はどこからでも入れそうなメンバー構成。それなら当然大外れ覚悟で振り回すのが正解か。

前走の京都2歳ステークスは馬券に絡んだ馬には大きく突き放されてしまい6着に敗れてしまったが、相手関係に加えてこの馬には2000mという距離は少し長い印象を受けたので、着差などはあまり気にする必要はないだろう。

実際にマイルで行われた3走前の未勝利戦の勝ち方がとにかく強く、決して相手関係に恵まれていた訳でもないだけにそれなりに価値の高い一戦だったと言える。

更にタフな馬場を経験出来ているという点も大きな強みといえ、ある程度時計のかかる今の京都の馬場はこの馬に間違いなく合うと思うので、距離短縮と馬場の恩恵を大きく受ける事が出来そうな今回は重賞でも激走がありそうなタイミングと言えるだろう。

対抗はルーツドール

馬場の違いはあったにせよ、新馬戦の勝ち時計はアルテミスステークスの勝ち時計よりも1秒も速い1333。同じ日に行われた3勝クラスのユートピアステークスの勝ち時計が1331だったので、単純にこの2レースのタイムと比較するとここでは力が一枚も二枚も抜けている印象を受ける。

今回は初戦が緩すぎる競馬だった事に加えて、経験値の浅さや牡馬が相手など条件は想像以上に楽ではないと思うが、正直ここは相手があまりにも弱すぎるので、時計通りであればぶっちぎってきても驚けない存在と言える。

タガノビューティー

前走の朝日杯は直線で外から差を詰める見せ場たっぷりの競馬だったが、ここまで人気になってしまうと馬券的にはちょっと狙い難い。それでも前走で相手にした馬のレベルを考えるとここではお釣りが来る計算になるので、ある程度差しが決まる展開になれば確実に脚は使ってくるか。

穴に人気ブログランキングへ

以前スピードよりもパワーを求められるような馬場になれば、と書いた事があるように、この馬のタイプ的に今の京都の馬場は歓迎と言えるので、ここは大幅な変わり身があっても良さそうな気も。想像以上に人気はないが、この条件なら普通に買いたい一頭と言える。

◎ヒシタイザン
〇ルーツドール
▲タガノビューティー
☆穴人気ブログランキングへ
△プリンスリターン

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 シンザン記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の勝ち馬から2012年はジェンティルドンナ、2018年はアーモンドアイと2頭の3冠牝馬が出ているだけでなく、2014年の勝ち馬ミッキーアイル、2011年2着馬のオルフェーヴル、2016年2着馬ジュエラー、2017年3着馬ペルシアンナイトなど、後のGI馬を多数輩出。関係者の間では、古くから“出世レース”として知られるレースだ。

しかし、これだけの名馬を輩出していながら、過去10年で万馬券決着とならなかったのは僅かに1度であり、10万馬券が5度も出ている事実も見落としてはならない。去年は11万馬券、ジェンティルドンナが勝った年も29万馬券、アーモンドアイが勝った年ですら2万馬券決着となっている。

では、波乱決着になるのはなぜか?

それは、年明け直後の3歳戦は、2歳戦同様にキャリアの浅い馬が多く、一般ファンが馬券を買うための判断材料となるデータが少ないことが多分に影響している。この時期の3歳戦は、2歳戦同様に“情報が命”であり、馬券的中の大きなカギを握る。

情報とひと括りに言っても、スポーツ紙や専門紙など、誰でも見ることができる表に出ている情報ではない。騎手、厩舎、馬主、エージェント、外厩などなど、トレセン内外の関係者から聞き出した“本音”、すなわち本物の関係者情報こそが必要となるのだ。

弊社シンクタンクでは、牧場時代や育成段階といった、デビュー前から「コレは物が違う!」「早熟だから早めに稼いでおきたい」「周りの評価は高いみたいだけど、そんなに走る馬じゃないよ」など、表には出せないような関係者の本音や評価をしっかりと聞き出している。それができるのも、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師の大物OBを筆頭に、大物関係者たちが情報ルートして在籍しているからに他ならない。

競馬ファンの方々に本物の関係者情報の存在を知っていただくべく、今回は特別にシンザン記念とフェアリーSの馬券候補が一気に絞れる【情報注目馬5選】を無料公開。馬券を買うのであれば、ぜひとも参考にしてもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 シンザン記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク