【シンザン記念2020予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、シンザン記念に出走を予定しているサンクテュエールの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。公式で動画があがっていないので軽くの更新となりますが、最終追い切りはしっかりと更新出来るかと思います。

京都金杯予想結果

1着◎サウンドキアラ
2着…ダイアトニック
3着△ボンセルヴィーソ

単勝 550円

ここは脚質で嫌ったダイアトニックに走られてしまい本線の馬券はハズレ。更に昨日の記事で書いたように△ボンセルヴィーソとのワイドを購入したつもりが、間違えて馬連を重ね買いしてしまう痛恨のミスまでついてくる始末。馬連があれば最高のお年玉になりましたが、それは来週以降に持ち越しという事でしょう。

中山金杯予想結果

1着〇トリオンフ
2着△ウインイクシード
3着…テリトーリアル

7着◎クレッシェンドラヴ

稀にみる〇ソ騎乗でした。脚が脚だったのでまともな競馬が出来ていればド本線馬券まであったかもしれませんがこれが競馬。

万葉ステークス予想結果

1着…タガノディアマンテ
2着…タイセイモナーク
3着◎レノヴァール

印を絞っていたので相手抜けも考慮しての馬券で勝負しましたが、そもそも相手が来ず。想像以上に本命馬の人気が地味だったのでここはものにしたかったです。

続いて本題のシンザン記念の一週前追い切りを。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

第54回 シンザン記念(G3)

最強の関西情報社チェックメイトは有馬記念も勝負の関西馬情報で特大万券的中をズバリお届け!

有馬記念(G1)

馬連◎○:2990円的中
3連複:1万0750円的中
3連単:5万7860円的中

シンザン記念は今年も人気薄大ヤリ関西馬が波乱の主役となる!?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

シンザン記念一週前追い切り

サンクテュエール

先週とは違ったメニューを組んできた点がどうでるかわからないが、長めに負荷をかけてくる意欲的な追い切りではあった。ただ、牝馬らしい俊敏さや柔らかさに大きく欠けてしまうような走りで、ゴトゴトとした母の血が大きく反映されたような走りとなっているので、今回のコースでこの馬の良さが活きるかどうかは少し怪しいところ。直線での相手との手応えの差も歴然で、馬体を含めて余裕を感じられない点はマイナスになるか。

予想オッズ

1 ルーツドール 2.3
2 サンクテュエール 3.6
3 タガノビューティー 5.9
4 プリンスリターン 8.4
5 オーマイダーリン 9.5

色々な意味で酷いメンバーとなりましたが、前走が圧巻の内容だったルーツドールの名前があるのがせめてもの救いか。G1でそれなりの着順を拾った牡馬が相手なので楽な戦いにはならないと思うが、ここをあっさりとクリアするようなら桜花賞が非常に楽しみになる。

最後にシンザン記念の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 シンザン記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の勝ち馬から2012年はジェンティルドンナ、2018年はアーモンドアイと2頭の3冠牝馬が出ているだけでなく、2014年の勝ち馬ミッキーアイル、2011年2着馬のオルフェーヴル、2016年2着馬ジュエラー、2017年3着馬ペルシアンナイトなど、後のGI馬を多数輩出。関係者の間では、古くから“出世レース”として知られるレースだ。

しかし、これだけの名馬を輩出していながら、過去10年で万馬券決着とならなかったのは僅かに1度であり、10万馬券が5度も出ている事実も見落としてはならない。去年は11万馬券、ジェンティルドンナが勝った年も29万馬券、アーモンドアイが勝った年ですら2万馬券決着となっている。

では、波乱決着になるのはなぜか?

それは、年明け直後の3歳戦は、2歳戦同様にキャリアの浅い馬が多く、一般ファンが馬券を買うための判断材料となるデータが少ないことが多分に影響している。この時期の3歳戦は、2歳戦同様に“情報が命”であり、馬券的中の大きなカギを握る。

情報とひと括りに言っても、スポーツ紙や専門紙など、誰でも見ることができる表に出ている情報ではない。騎手、厩舎、馬主、エージェント、外厩などなど、トレセン内外の関係者から聞き出した“本音”、すなわち本物の関係者情報こそが必要となるのだ。

弊社シンクタンクでは、牧場時代や育成段階といった、デビュー前から「コレは物が違う!」「早熟だから早めに稼いでおきたい」「周りの評価は高いみたいだけど、そんなに走る馬じゃないよ」など、表には出せないような関係者の本音や評価をしっかりと聞き出している。それができるのも、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師の大物OBを筆頭に、大物関係者たちが情報ルートして在籍しているからに他ならない。

競馬ファンの方々に本物の関係者情報の存在を知っていただくべく、今回は特別にシンザン記念とフェアリーSの馬券候補が一気に絞れる【情報注目馬5選】を無料公開。馬券を買うのであれば、ぜひとも参考にしてもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 シンザン記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク