【ポルックスステークス2021予想】本命ダノンスプレンダー

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、ポルックスステークスの予想を。ヒラボクラターシュ、サンデーウィザード、ミヤジコクオウ、エイコーン、ハギノアトラスなどが出走するダート1800mのオープンクラスのレース。

なお、シンザン記念の予想など日曜の勝負レースはいつものようにnote内で公開しています。

シンザン記念2021予想他】1月10日勝負レース

土曜は中京最終は読み通りでしたが、勝負レースで本命にした馬がどちらも好走するも、痛恨の相手抜け。

淀短距離ステークス予想結果

1着△トゥラヴェスーラ
2着◎ラナンフレグ
3着…アンヴァル

ニューイヤーステークス予想結果

1着…ミッキーブリランテ
2着▽アルーシャ
3着◎ミラアイトーン

中京最終予想結果

1着◎イバル

勝負レースはどちらのレースも消す要素のない馬に走られてしまい万事休す。淀短距離は組み合わせ的に馬連以外は取れなかった可能性が高いですが、ニューイヤーステークスは◎以外はかなり混戦だった事もあり、本線をアルーシャまで広げたところまでは良かったですが…。

恥じらいなく点数を広げる事を選択していれば3連単は無理でも3連複は確実に取れていたレースでした。ここは大反省。

5日の勝負レースも数は当たるも勝負した割には、という結果でしたが、今回もそのしょっぱい流れを引っ張る結果に。

それでも土曜の本命馬3頭を含め、○穴エントシャイデン、◎レオンドーロ、◎レイホーロマンス、◎カヌメラビーチと読みは全くズレていないので、土曜よりも色がある日曜、月曜は何としてもガッツリと噛み合う馬券を炸裂させてやろうと思っております。

シンザン記念2021予想他】1月10日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

お年玉レースシンザン記念!

有馬記念も◎クロノジェネシス穴サラキアで的中!

シンザン記念も自信の◎!

【シンザン記念注目穴馬】

阪神JF注目馬5選

ソダシ1人気→1着
サトノレイナス2人気→2着
シゲルピンクルビー
ユーバーレーベン6人気→3着
メイケイエール

カペラステークス注目馬5選

スズカコーズライン
ダンシングプリンス2人気→3着
テーオージーニアス
レッドルゼル1人気→2着
ジャスティン4人気→1着

天皇賞秋注目馬5選

ダノンキングリー
フィエールマン5人気→2着
クロノジェネシス2人気→3着
アーモンドアイ1人気→1着
スカーレットカラー

秋華賞情報注目馬5選

リアアメリア
ウインマイティー
ソフトフルート9人気→3着
デアリングタクト1人気→1着
パラスアテナ

【シンザン記念注目穴馬】

ポルックスステークス

ダノンスプレンダー

ここまで崩れたレースは2走前のシリウスステークスのみという堅実タイプで、そのシリウスステークスでもゲートで躓いてしまい後方からの競馬になった事が敗因とまともに競馬が出来ていれば、という内容でもあったので、結果的に展開は向きはしたがちぐはぐな競馬になりながらも4着まで追い上げてきた内容は素直に評価出来るだろう。

前走のカノープスステークスでも展開が向かない中でしっかりと見せ場をつくっていたので、あの内容を見る限りオープンでは力が上位、更にここの結果次第では今後は重賞路線でも、というぐらいの存在なので、乗り役がまともに乗りさえすれば圧勝まであってもいい。

人気ブログランキングへ

前走は見せ場なく大敗しているが、ゲートが上手く決まらずちぐはぐな競馬になった事が敗因なので、使われた上積みを考えると今回は巻き返し濃厚な一戦か。負荷がかかる競馬を好むタイプでもあるので、今回引き当てた枠順もプラスになる可能性が高そう。

ハギノアトラス

どちらかといえば小回り、もしくは左回りで買いたい馬ではあるが、前走の内容が想像以上に優秀だったので、叩き2走目の今回は案外前走以上があるかもしれない。

☆穴サンデーウィザード

少し買い難いタイプではあるが、ハイレベルな一戦となった前走で見せ場をつくっているので、展開向けば上位に食い込んでこれるだけの脚は持っている。

◎ダノンスプレンダー
人気ブログランキングへ
▲ハギノアトラス
☆穴サンデーウィザード
△アシャカトブ
△エイコーン
△ヒラボクラターシュ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

シンザン記念の予想など日曜の勝負レースはいつものようにnote内で公開しています。

シンザン記念2021予想他】1月10日勝負レース

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第55回 シンザン記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年ターフを去ったアーモンドアイを始め、過去10年で勝ち馬からジェンティルドンナ、ミッキーアイル、好走馬の中からオルフェーヴル、ジュエラー、ペルシアンナイトといったGI馬を多数輩出。

さらに遡っても活躍した馬が数多く出ており、古くから“出世レース”となっているシンザン記念。

今年の3歳クラシック路線、その先々も含めて注目しておかねばならぬレースとなる。

そうなれば、やはり存在感を発揮するのが競馬界を席巻するノーザンFである。

過去10年でノーザンF生産馬が4頭勝っているが、その内3頭が後のGI馬。この事実を見れば、期待馬を送り込んでいることがわかるだろう。

ともすれば、『馬券は堅い決着となる』と思いたくなるが、事実とは全く異なる。万馬券決着は当たり前で、去年、一昨年と10万馬券が続いているが、10万馬券超えが6回とかなり高い確率で波乱となっているのだ。1番人気も僅かに1勝しかしていない。

波乱決着になる理由は1つ。明け3歳の競馬は“情報が命”の2歳戦の延長線上、キャリアが浅い馬たちのレースでは一般ファンが入手できる情報は少なく、的確なジャッジができずに苦しんでいるからに他ならない。

的中を掴むためには騎手、厩舎、馬主、エージェント、牧場、外厩などなど、トレセン内外の関係者から聞き出した“本音”、すなわち『本物の関係者情報』が必要となる。

弊社シンクタンクではデビュー前、入厩前の育成、生産段階から「コレがウチの1番馬」「◯◯◯◯◯◯が人気みたいだけど、育成時代の併せ馬じゃ負けたことがなかったんですよ」など、“ココだけ”の話を入手している。だから的確にジャッジすることができるのだ。

今週はシンクタンクの情報力を知ってもらうべく、シンザン記念の馬券候補となる【情報馬5選】を特別に無料公開する。ぜひとも参考にしていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第55回 シンザン記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク