【京成杯オータムハンデ+紫苑ステークス2018出走馬】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の紫苑ステークスと日曜の京成杯オータムハンデの最終追い切りに関する記事を。

まずは紫苑ステークスに出走を予定しているオハナ、パイオニアバイオ、ハーレムライン、マウレア、ランドネの最終追い切りの記事からいきます。

セントウルステークスに関する記事はこちら

紫苑ステークス最終追い切り

オハナ

フォームは乱れないが、マイペースすぎる影響もあって悪い意味で動きが軽すぎる。後は全体的に線が細い点も気になってしまう。

ただ、軽めの追い切りとなったが、調教パートナーには楽に先着したように調子は悪い感じはしないので、この馬なりには力は出せる状態か。それでも強く推せるポイントは見当たらず。

パイオニアバイオ

脚はよく上がっているが、動きの割には馬が前へ進んでいかない。脚と頸とのリズムは可もなく不可もなくといった感じではあるが、特別何か感じられるような動きではなかった。もさっとしているのは久々の影響かもしれないので、休み明けの分は割り引いて考えたい。

ハーレムライン

頭の位置が安定せず、フォームは乱れる。それでも重心は安定しており、多少癖がある程度で考えたい。脚とのリズムも少しバラバラではあるが、最後まで一生懸命に走りきった点は評価しておきたい。

マウレア

頭の位置、フォームは安定していて、気分よく走れている。脚捌きも軽く、スピードをしっかりと感じられる走り。回転が速い割には力強さもあり、馬体をみてもしっかりと仕上がっている印象を受ける。まず力は出せる出来とみた。

ランドネ

とにかく動きが大きく力強い。その割には走りは軽く、俊敏さがある走りで、脚の回転、上がり方をみても隙はない。フォームも美しく安定しており、手応え以上に豪快な走りを披露した。

最後まで脚をしっかり使った割には余裕もあり、追えば追うほど伸びるという表現が相応しいだろう。これだけ動いて調子が悪い訳がない。

続いて京成杯オータムハンデに出走を予定しているゴールドサーベラス、ショウナンアンセム、ストーミーシー、ミッキーグローリー、ヤングマンパワー、ロジクライの最終追い切りの記事を。


3点勝負買い目を無料公開

京成杯オータムハンデ最終追い切り

ゴールドサーベラス

下を気にしていてフォームは乱れるが、それでもしっかりと立て直して走りきる。ややスピードに欠けるような走りではあるが、リズムは悪くなく、脚もしっかりと上がっている。可動域、トモの張りとどちらも水準以上。

ショウナンアンセム

フォームこそ乱れないが、終始舌を出しており、走りをみても全く集中出来ていない。こちらもややスピードに欠けるような走りで、かといってパワフルさも感じられない、中途半端な走り。馬体はしっかりと出来てはいるが、ピーク時の動きと比べると物足りなさが残る。

ストーミーシー

手応え以上に馬が大きく、リズム良く走れている。追われてからの反応が抜群で、最後は調教パートナーに並んでからあっさりと交わしたように、乗ってからのスピードもなかなかのもの。

地面を捉える脚にも力強さがあり、可動域、馬体の張りとどこを取っても大きな減点がない。久々でも割り引く必要はないとみる。

ミッキーグローリー

少し走り方(前脚の上げ方)に癖があるが、いつもの事なので減点材料とはならない。フォームは美しく、とにかく追われてもブレない。頸とのリズムも合っており、ぐいぐいと前へ出て行く姿勢には好感が持てる。

馬体の張りも良く、四肢の可動域も問題なし。手応え以上に強く、大きく動いた点を考慮して考えると馬は出来たとみていい。

ヤングマンパワー

やや頭は高く、頸を使えていない走りは気になるが、硬さがある訳ではない。とにかく追われてからの反応が抜群で、一瞬でスイッチが入り、パートナーをあっという間に置き去りにする。脚も良く上がっており、動きも非常に軽い。

ただ、その割には馬体は緩く、トモの張り、ひばらのラインをみてもかなり余裕を感じてしまう。馬体全体に脂肪がついてしまっているので、ここは減点が必要となるが、ハードに追われた事で多少は絞れるのでは。動きとしては合格点も、馬体は評価出来ない。

ロジクライ

身体全体が硬く、脚も思ったほど上がらない。それでもフォームは乱れず、しっかりと集中して走れているので、多少の減点でよさそう。

ただ、前走時と比べると今回は明らかに身体を使えて走れていないので、もしかすると前走のダメージがあるのかもしれない。動きとしては合格ラインではあるが、前走との比較となれば劣る印象。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第63回 京成杯AH(G3)>

自信のペナルティ付き!もし、この
京成杯AHを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年は11人気ガリバルディ(2着)、15年には13人気フランジェリコ(1着)、11人気エキストラエンド(2着)、09年は14人気アップドラフト(2着)、08年は10人気レッツゴーキリシマなどの二桁人気馬が馬券圏に好走しておりように波乱の多いハンデ重賞。3連単では222万馬券が出ている。

マイルCSを目標に秋緒戦の始動戦として出走する馬、賞金加算が最大目標で勝負を懸けて来る陣営の隠し玉、サマーマイルシリーズ優勝を目指す勝負馬など、各陣営では使い方がそれぞれだが、陣営の本気度が分かれば荒れるハンデ重賞も狙って獲れる!競馬セブンでは各陣営の本音話を独占スクープ!お見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『京成杯AH・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第63回 京成杯AH(G3)>

自信のペナルティ付き!もし、この
京成杯AHを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク