【白富士ステークス2018予想】本命スズカデヴィアス

スポンサーリンク


おはようございます。

なかなかブログを更新する時間が取れない為に金曜の記事が追いつきませんでした。今週も土日の予想の記事をしっかりと更新出来るか怪しいので、かなり早いですが時間が取れたので週末の競馬予想の記事を更新していきます。

まずは土曜の東京メイン、白富士ステークスの予想を。スズカデヴィアス、テオドール、プラチナムバレット、マイネルサージュ、マイネルハニー、リアファル、レーヴミストラルなどが出走予定。

【PR:中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

▼競馬素人の方でも月間42万円の利益を出せた指数予想を無料提供▼

今週の勝負レースは「根岸ステークス」です!

是非情報指数をご覧になってみてください!

登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓ 無料登録 ↓

今週から指数情報、無料予想を受け取る

白富士ステークス

本命はスズカデヴィアス

前走の京都金杯は見せ場なく11着に敗れているが、この馬にはマイルという距離は明らかに短く、更に何故か直線ではあまり追われていない事から全くの参考外レース。2走前の中日新聞杯では着順こそ9着も後に日経新春杯で2着に入線するロードヴァンドール、愛知杯で3着に入線するマキシマムドパリから0.3秒差だった事からして少頭数のオープン特別のここなら巻き返し濃厚では。

これまで2000m戦では安定して走っており、去年の白富士ステークスではサクラアンプルールを下しての勝利。その後もヤマカツエースやゼーヴィント、ウインブライトなどと差のない競馬をしている得意の距離での競馬なら勝ち負けまで期待出来るだろう。去年から休みなく使われ続けている点と枠順だけは引っ掛かるが、相手関係と人気のバランスを考えると今回のメンバーでは1番買いたい馬。

なお、今週から東京開催となるが、いつもの開幕週とは違ってDコースでの開催。それを考えると対抗馬はまず外せないのでここは2頭軸で絞って購入する。

◎スズカデヴィアス
人気ブログランキングへ※マイネルハニー
▲リアファル
☆テオドール

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

推奨馬券

◎~馬連、◎〇→◎〇⇔印の3連単が大本線。〇▲☆の縦目も一応買っておく。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第32回 根岸S(G3)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

GI・フェブラリーSの前哨戦として、ココから本番に向かう馬は多いものの、この組で本番も勝利したのは、過去10年でモーニン(16年)とテスタマッタ(12年)の2頭しかいない。関係者からは「1400mと1600mは別物」との声もあるように、フェブラリーSを本気で狙う馬の多くは、暮れのチャンピオンズCや東京大賞典からの直行、東海Sや川崎記念など、マイルより長い距離のレースから本番へ臨むことがほとんどだ。

では、ココに参戦する陣営の意図とはどこにあるのか。1つは「ココは本番前に使うだけ」と完全に叩き台とするパターン。もう1つは「フェブラリーSに出すためには賞金加算しておかないといけない」「本番では用なしだからココがメイチや」と勝負であるパターンだ。

しかし、レースに臨む各陣営にとっては、わざわざ”叩き台”と公言して馬主を不快にする理由もなければ、強気な発言を連発して他陣営からのマークをキツくする必要はない。そのため、叩き台だとしても勝負だとしても、世間には当たり障りのないコメントが出ることになる。

当社は、昨年の重賞競走でも、12番人気馬◎エポワスから【3連単11万4130円】の特大万馬券的中をお伝えしたが、今年も愛知杯にて【3連単12万1160円的中】とイキナリ特大万馬券的中お届け。名馬・サクラスターオーで2冠を制した平井雄二元調教師が率いる【重賞・メイン特捜部】の下に、関係者の確かな“本音”が集まってくるからこそ、重賞でもこれだけの特大万馬券的中を必然的にお伝えできるのだ。

今週は、その【重賞・メイン特捜部】の情報力を体感して頂くため、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、根岸Sの【3連単勝負馬券】を特別に無料公開させて頂く。皆様には、このチャンスを是非とも活用してもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第32回 根岸S(G3)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク