【アルデバランステークス2019予想】本命カゼノコ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の京都メイン、アルデバランステークスの予想を。アングライフェン、オールマンリバー、テルペリオン、トップディーヴォ、ナムラアラシ、ピオネロ、モズアトラクションなどが出走するダート1900mのオープンクラスのレース。

まずはメインの予想の前に京都10レース、エルフィンステークスの予想を軽く。芝1400mの春菜賞は枠順が微妙、メインの節分ステークスは頭数が少なすぎるという事で、ブログではこちらのレースを挙げておきます。

エルフィンステークス

人気ブログランキングへ

前走は案外な結果に終わったが、京都替わりならこの馬を買いたい。

今週末の重賞に関する記事はこちらから。

【東京新聞杯2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

【きさらぎ賞2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【東京新聞杯2019予想考察】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

アルデバランステークス

本命はカゼノコ

もう1年以上馬券に絡む事が出来ていない馬ではあるが近走のレース内容は決して悪いものではなく、追い切りの動きからしてもそろそろ一発があっても良さそうな雰囲気が漂っている1頭で、前走の東海ステークスも前が残る展開の中で最後方直線大外ぶん回しでラストは差を詰めており、上位に入線した3頭以外との着差はそこまで大きいものではなかった。

ブリンカー効果があってか2走前のベテルギウスステークス、3走前の福島民友カップでもラストはしっかりと見せ場をつくっており、久々の京都(2.1.1.1)での競馬に加え、待望の乗り替わりとなる今回は更なる前進に期待が持てるのではないだろうか。1頭勢いのある馬はいるが、それ以外はどの馬もイマイチパッとしないメンバー構成となったここは久々のチャンス到来とみる。中間に雨が降った事もプラスになるだろう。

前々で競馬をする馬を買いたくなるのは当然ではあるが、こんな時こそ逆を狙ってみたくなる。

対抗はテルペリオン

まだまだ不透明な部分はあるが、勢いがあるだけにクラスが上がってもいきなりから通用する可能性は十分考えられるのでここは無難に印をつけておく。先行力がある点も魅力で、極端な展開にならない限りはまず粘り込んでくるとみる。

▲に人気ブログランキングへ

適性距離に戻った前走でいきなり見せ場をつくったように、持ち場での競馬であれば能力はオープンでも足りる馬。今回のコース替わりもおそらくマイナスになる事はなく、使われた上積みを考えると更なる前進に期待が持てそうで、乗り馴れた鞍上へ乗り替わるここは上位争いに加わってくるのでは。

☆にアングライフェン

レベルが高かった2走前の師走ステークスで5着。先着を許した相手がテーオーエナジー、チュウワウィザード、クインズサターン、クイーンマンボとなかなかの顔ぶれで、当然その時から相手が一気に楽になる今回はそれ相応の印は必要だろう。

◎カゼノコ
〇テルペリオン
人気ブログランキングへ
☆アングライフェン

▲はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第69回 東京新聞杯(G3)

元調教師率いる重賞特捜部が
「この激走穴馬情報で狙い撃つ!」
と豪語!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

海外遠征が増えてレース選択が多種多様となった昨今だが、マイル路線を歩む古馬の大半が、春の大目標には安田記念を見据えている。そこまでにいくつか前哨戦はあるが、安田記念の前に同じ東京マイルで行われる古馬重賞は、この東京新聞杯しかない。そのため、この時期の重賞にも関わらず、安田記念を見据えて一線級の馬たちが出走してくるケースも珍しくないのだ。

また、安田記念は昨年のスワーヴリチャードのように中距離路線からの参戦も増えてきている。出走するための賞金ボーダーが高くなることも多く「この時期にちゃんと賞金を加算しておいて、ローテーションを楽にしたい」と考えている陣営は、ココを本気で狙いに来るわけだ。

しかし、陣営側からすると『ココが勝負』と公言して他からのマークをキツくする必要は無く、世間一般の目に触れるようなマスコミに、わざわざその意志を伝えることはホボないと言っていい。加えて、大手馬主グループは”外厩仕上げ”が主流となっており、ココから情報を得る術がないマスコミは、今や出走各馬の本当の状態を把握できないことすら日常的になってきている背景がある。

創設時から”表には出ない関係者情報”を重視してきた当社シンクタンクは、元JRA騎手・元JRA調教師を始めとした確かな情報力や情報網を持つ人物たちを情報ルートとして揃え、トレセン内の情報はもとより、マスコミの目が届かないトレセン外の情報も入手している。ココが大きな“情報格差”となるのは言うまでもないだろう。

今週はシンクタンクの情報力を実感して頂くべく、元調教師率いる重賞特捜部が自信を持ってお届けする東京新聞杯の【3連単勝負馬券】を、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り特別無料公開させて頂く。この機会に、是非ともシンクタンクの情報力を体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第69回 東京新聞杯(G3)

元調教師率いる重賞特捜部が
「この激走穴馬情報で狙い撃つ!」
と豪語!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク